2021-03-18から1日間の記事一覧

「フューリー」帝國の終焉、カセリーヌパスから還って来た男の従軍記…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「フューリー」(2014)です。 新鋭デビッド・エアー監督の戦争映画です。でも、従来のハリウッド映画と比較して描写がリアルなのが売りだろうと思います。例えば、同じ欧州戦…