レタントンローヤル館

主に映画のお話

ラブロマンス

「パリ 13区」パリに住む人達のラブロマンス物と思って見たら…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「パリ 13区」(2022)です。 何も考えずに時間が空いたので映画館に入って見た作品です。個人的には2006年頃見た「パリ、ジュテーム」のようなオムニバス・ラブロマンスかな…

「アネット」"太陽は知っている"と"ダンサー・イン・ザ・ダーク"を足して2で割ったような作品…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「アネット」(2021)です。 コメディアンと言うよりパフォーマーのヘンリー(アダム・ドライバー)は、オペラ界のスター歌手アン(マリオン・コティヤール)と一緒になり、やがて…

「ベルファスト」ジム・シェリダンが描くような映画ではなく、ノスタルジー映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ベルファスト」(2021)です。 映画は、ケネス・ブラナー監督の半自伝映画で、北アイルランド問題で揺れるベルファストに住んでいるブラナー一家が、祖父の死を機会にイング…

「風立ちぬ」伊吹おろし吹きすさぶ各務原の大空に舞う九試単座戦闘機…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画はあの「風立ちぬ」(2013)です。 宮崎監督って軍事オタクですね。その昔、「宮崎駿の雑想ノート」と言う漫画でポルシェティーガーVK4501(P)がクルクス戦に登場させた漫画があ…

「高校教師」カルチヤー・ギャップに慄く映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「高校教師」(1972)です。 この作品、無精髭を生やしたダニエレ(アラン・ドロン)が北イタリア、リミニの街に臨時高校教員として赴任してくる。教室で美しい女子生徒バニーナ…

「ヒューゴの不思議な発明」お子様映画だと思って見たら、メリエス万歳、映画万歳という映画で…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ヒューゴの不思議な発明」(2011)です。 1930年パリ。孤児のカブレはモンパルナス駅の大時計保全室に隠れ住んでいた。父が残してくれたからくり人形の修理を夢見て。駅には…

「欲望のバージニア」ムーンシャイン(密造酒)を巡る連邦政府と無法者の戦いを描いた映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「欲望のバージニア」(2012)です。 ここしばらく、戦争、ロシア関係の映画が多くなってしまい、今回は久々にこのブログが扱うべくサスペンススリラー映画を選択しました。当…

「レッズ」異色の力作 高らかに鳴り響くインターナショナル! ある米国人から見たロシア革命…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「レッズ」(1981)です。 ウォーレン・ベイティが製作、監督、脚本を手掛けた作品で81年アカデミー監督賞を得ています。それ以外に助演女優賞(モーリン・ステイプルトン)、撮…

「彼女たちの時間」幼馴染のナタリーとルイーズの関係は? LGBTの映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「彼女たちの時間」(2001)です。 映画は、幼馴染のナタリー(E・ベアール)とルイーズ(パスカル・ブシェール)は大の仲良し。二人とも舞台女優になるのを夢見ている。が、些細…

「ザ・マウンテン 決死のサバイバル21日間」サバイバル作品と思って見たら…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ザ・マウンテン 決死のサバイバル21日間」(2017)です。 この作品は、日本未公開でビデオスルーと聞いています。元々この映画を知ったのは、ベトナム滞在時に、有料配信サ…

「ジョアンナ」ポップでキュート、サイケな"ジョアンナ"の華麗なる冒険という音楽映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ジョアンナ」(1968)です。 カルトな映画です。知っている人は少ないでしょう。監督は新鋭マイケル・サーン、この作品は成功しましたが、次作「マイラ」で失敗し、約20年度…

「シェフと素顔と、おいしい時間」深夜ホテルの厨房でおいしい時間、面白いラブロマンスですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「シェフと素顔と、おいしい時間」(2003)です。 パリ、シャルル・ドゴール空港。航空管制官のストと悪天候の為、旅客機のフライトスケジュールはメチャクチャ。夫の暴力から…

「ゴッド・ディーバ」フランス映画が最も苦手とするジャンルですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ゴッド・ディーバ」(2004)です。 映画は、2095年のNY、人間のみならずミュータント、異星人と混沌と生活している時代。空にはピラミッドが浮かび、街では連続殺人事件が起…

「アメリカン・スナイパー」すべては9・11テロから始まった…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「アメリカン・スナイパー」(2014)です。 クリント・イーストウッド監督作品です。うーん、素晴らしい作品です。私がこんなこと言うのも失礼な話ですが、彼がこんなに成長す…

「フレンチ・ディスパッチ」この映画は知的前衛と言った方が…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「フレンチ・ディスパッチ」(2021)です。正式には「フレンチ・デイスパッチ ザ リバティ、カンザス・イブニング・サン別冊」と言う題名です。多分、これは「博士の異常な愛…

「リトル・チルドレン」ケイト・ウィンスレットのニンフォマニアの濃密な演技が…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「リトル・チルドレン」(2007)です。 映画は、大都会の郊外に住む"サバービアン"、欲望剝き出しの大人になり切れない人たちを描いています。 サラ(ケイト・ウィンスレット)…

「ハウス・オブ・グッチ」グローバル化が遅れた老舗ブランド「グッチ」帝国の終焉と言っていい映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ハウス・オブ・グッチ」(2021)です。 映画は、家族経営をしているイタリア老舗ブランド会社グッチの創業者一族の一人ロドルフォ・グッチ(ジェレミー・アイアンズ)の息子マ…

「エンドレス・ラブ」名匠フランコ・ゼフィレッリのラブロマンス映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「エンドレス・ラブ」(1981)です。 若い二人、17歳のデヴィッドと15歳のジェイド(ブルック・シールズ)のラブロマンス映画です。若すぎる二人は余りにも愛しすぎて、当然の如…

「ハンガーゲーム FINAL: レボリューション」再び私戦を戦うカットニスは首都キャピトルで雌雄を決するのだが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ハンガーゲーム FINAL: レボリューション」(2015)です。 シリーズ最終譚です。ピーターは救出チームによって助けられたがスノー大統領の命によって洗脳され、カットニスを…

「ハンガーゲーム FINAL:レジスタンス」ジャンヌダルクになったカットニスはプロパガンダ戦へ…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ハンガーゲーム FINAL:レジスタンス」(2014)です。 この第三話から物語は内戦勃発へと。カットニスは、オールスター大会でラスト、渾身の力を振り絞ってハンガーゲーム会…

「ハンガーゲーム 2」カットニスをジャンヌ・ダルクにするためには…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ハンガーゲーム 2」(2013)です。 映画は、カットニスとピーターが第12地区に戻ったところから始まります。二人は各地区を凱旋しますが、各地区の治安は悪くなっており独裁…

「ハンガーゲーム」重いテーマを扱ったヤングアダルト小説の映画化ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ハンガーゲーム」(2012)です。 映画は、近未来、独裁国家パネムの"刈入れの日"から始まります。それは、過去に起きた反乱で反乱防止を目的に12地区から12~18歳までの男女1…

「きみがぼくを見つけた日」時空を超えたラブロマンス映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「きみがぼくを見つけた日」(2009)です。 映画は、6歳のヘンリーが自動車事故で母を失うところから始まります。その時、彼は未来から来たという成人したヘンリー(エリック・…

「愛を読むひと」ケイト・ウィンスレットが素晴らしい演技を披露、涙腺を刺激するとても良い映画ですが…

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「愛を読むひと」(2008)です。 映画は、1957年、西ドイツ、ノイシュタット。15歳のマイケルは突然の吐き気で、フラフラしていた処、ハンナ(ケイト・ウィンスレット)という女性に助け…

「ゴーン・ガール」何とも言えない世界を描き出した戦慄を覚える映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ゴーン・ガール」(2014)です。 映画は、結婚五年目の朝、ニック(ベン・アフレック)はいつものように所有する酒場「 ザ・バー」に顔を出し、自宅に戻ると何者か争った様な…

「ロスト・イン・トランスレーション」不思議な国日本のシャーロットの冒険、という映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ロスト・イン・トランスレーション」(2003)です。 女性監督ソフィア・コッポラ第二作目になります。そう、父親はあの巨匠フランシス・F・コッポラです。 映画は、大学哲学…

「イヴォンヌの香り」パトリス・ルコント監督のラブロマンス映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「イヴォンヌの香り」(1994)です。 1958年の夏、ヴィクトール(イポリット・ジラルド)はアルジェリア戦争徴兵忌避の為レマン湖畔の避暑地の小さなホテルに暮らしていた。ある…

「お嬢さん」柔らかな鈴の音がチンリチンリ、チリーンと…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「お嬢さん」(2016)です。 監督が「オールド・ボーイ」のパク・チャヌク、でも米国で製作した「イノセント・ガーデン」が彼らしさが出ていなかったのであまり期待せずに見ま…

「魅せられて」トスカーナの陽光の中で、ルーシーは秘めたる想いを…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「魅せられて」(1996)です。 イタリアの巨匠と言っていいでしょう、あの「暗殺のオペラ」「暗殺の森」「1900」「ラストエンペラー」のベルナルド・ベルトリッチ監督作品です…

「ダメージ」さざ波が立たないほど静かな家庭に起きた悲劇の映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ダメージ」(1992)です。 監督がヌーヴェル・ヴァーグと言っていいのか大御所ルイ・マルなので、そりゃもうとても良く出来た愛欲映画になっています。こってりとした演出で…