ラブロマンス

「裸足のイサドラ」トゥシューズを履かない創作舞踊家、自由恋愛、時代の先駆者そして緋色のブガッティタイプ35・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「裸足のイサドラ」(1968)です。 IMDb この作品は、「熱い賭け」のカレル・ライス監督作品ですが、なかなか鑑賞することが出来なくて、もう諦めかけていましたが、最近DVDを…

「ストリート・オブ・ファイアー」今宵ノワール風ロックミュージック映画を(ロックンロールの寓話)・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ストリート・オブ・ファイアー」(1984)です。 あの「ザ・ドライバー(1978)」「ロング・ライダーズ(1980)」「48時間(1982)」で注目を浴びたウォルター・ヒル監督作品です。…

「うず潮」J・P・ラプノー監督長編第三作ラブロマンスコメディですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「うず潮」(1975)です。 IMDb 日本ではあまり評価されていないラプノー監督ですが、調べてみると寡作の監督より脚本家で活躍しているのですね。不勉強でした。「城の生活(19…

「天使の涙」POPでハチャメチャなユニークな映画、カーウァイ監督のこの世界観好きです・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「天使の涙」(1995)です。 映画は、殺し屋、そのエージェント、安宿管理人、その息子モウ(金城 武)、金髪女(カレン・モク)、失恋娘6名が複雑に絡み合い、物語が進みます。 …

「イルマーレ」2006年2月14日には好いことが起きるような気がする・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「イルマーレ」(2006)です。 この作品は、2006年韓国映画「시월애 (時越愛)」のリブート映画です。但し、私はこの作品は未見です。 対して、ハリウッド版「イルマーレ」(イ…

「愛人/ラマン」マルグリッド・デュラス自伝映画、貧困の為崩壊した家庭、母の悲しみを必ず小説にしてやる・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「愛人/ラマン」(1992)です。 デュラス「愛人 ラマン」は、確か時間軸を壊した小説で、色々なエピソードが乱脈に登場するものだったと記憶しています。脚本は監督J・J・アノ…

「世界一キライなあなたに」英国版「最強の二人」ですが、ラストがやはり・・・

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「世界一キライなあなたに」(2016)です。 この作品は、ラブロマンス映画ですが、テーマがかなり重いのですが主演エミリア・クラークの持ち前の明るいキャラであまり暗くなっていない…

「さよならをもう一度」ブラームスはお好きですか? ファセル・ベガが好きなんですけど・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「さよならをもう一度」(1961)です。 イングリッド・バーグマン、イヴ・モンタン、アンソニー・パーキンス共演、フランソワーズ・サガン原作「ブラームスはお好き」、名匠ア…

「ファントム・スレッド」この映画クチュールミステリーと呼んでいいのでしょうか・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ファントム・スレッド」(2017)です。 IMDb 個人的には、この監督ポール・トーマス・アンダーソン、苦手です。ポルノ業界の内幕映画「ブギーナイツ」はまだしも、石油ビジ…

「トランス」ゴヤの名画「魔女たちの飛翔」を廻るの異色フィルムノワールですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「トランス」(2013)です。 IMDb 映画は、ロンドンの競売所でゴヤの名画「魔女たちの飛翔」(約40億円の価値がある絵画)が奪われます。競売人サイモン(ジェームズ・マカヴォイ…

「カリブの熱い夜」あのノワールスリラー「過去を逃れて」のリブートですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「カリブの熱い夜」(1984)です。 IMDb 1947年に製作されたジャック・ターナー監督の「過去を逃れて」のリブート作品で、ファム・ファタール物と言って良いでしょう。 ブロー…

「ひきしお」マルコ・フェレーリ監督の特異なラブロマンスですが・・・

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ひきしお」(1972)です。 IMDb マルコ・フェレーリ監督は個性の強い方ですが、同時代に活躍したパゾリーニ監督程ではありませんが、なかなかの監督だと思います。次作「最後の晩餐…

「地球で最後のふたり」自殺願望のケンジとタイ女性のただ何となく何となく、そしてウ〇コに救われる話・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「地球で最後のふたり」(2003)です。 IMDb タイのペンエーグ・ナッタナルアーン監督作品です。タイ、バンコクを舞台に、日本人ケンジ(浅野忠信)とタイ女性ノイ(シニター・ブ…

「シャーロック・ホームズの冒険」ビリー・ワイルダー監督作品 Unter Dem Schloss(城の下に)・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「シャーロック・ホームズの冒険」(1970)です。 まず、お断りしておきますが、私はシャーロッキアン(ホームズの熱烈なるファン)ではありません。この作品は、シャーロックホ…

「フォーカス」"パニック・ボタン"と言う言葉ご存知でしょうか?・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「フォーカス」(2015)です。 ウィル・スミスとマーゴット・ロビーが主演するコンゲーム映画です。名作「スティング」「黄金の指」以来の職人芸犯罪映画になるでしょうか。 …

「ジョンとメリー」ゴダール作品「ウィークエンド」ご覧になったことあります?・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお越し頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ジョンとメリー」(1969)です。監督は「ブリット」(1968)のピーター・イェーツ。 ところで、皆さんは、ゴダール監督「ウィークエンド」(1967)をご覧になったことありますか…

「プロヴァンスの贈りもの」巨匠リドリー・スコット監督のラブロマンス映画・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「プロヴァンスの贈りもの」(2006)です。ちょっと重い映画が続きましたので 、明るい映画と言うことで取り上げてみました。 「エイリアン」「ブレードランナー」「グラディ…

「セレンディピティ」幸せな偶然とは・・・ところで"暴力脱獄"って好き?

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「セレンディピティ」(2001)です。 "ボーイ・ミーツ・ガール"の定石通りの良く出来たラブロマンス物です。でも、それだけでは面白くありません。そのスパイスが"セレンディ…

「ONCE ダブリンの街角で」低予算、短期間という条件で制作されたラブロマンスの佳品・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ONCE ダブリンの街角で」(2007)です。 スケッチ風に撮られた作品ですが、丁寧に作られた佳品です。DVDについていたメイキングでは、製作予算12万ユーロ、撮影日数17日、隠…

「ローマ、愛の部屋」ちょっと小粋で特異なラブロマンス、加えてスペイン映画ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ローマ、愛の部屋」(2010)です。この映画は劇場公開されなくて、ビデオスルーされたと聞いています。 この作品は、「アデル、ブルーは熱い色」と同種の映画です。LGBTをテ…

「ノルウェイの森」作家村上春樹氏の大ベストセラーの映画化ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ノルウェイの森」(2010)です。 まず、最初にお断りしておきますが、私は村上春樹氏の作品を一つも読んだことがありません。何か敷居が高そうで・・・ ですから、このブロ…

「プロヴァンスの恋 (屋根の上の軽騎兵) 」コレラ・パンデミックの中のプロヴァンス冒険譚・・・

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「プロヴァンスの恋(屋根の上の軽騎兵)」(1995)です。 監督はジャン=ポール・ラプノーで、寡作の監督なので知らない人の方が多いかもしれません。でも、どちらかと言えば洒落っ気の…

「愛を弾く女」いかにもフランス映画らしい題名ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「愛を弾く女」(1992)です。クロード・ソーテ監督作品です。寡作の映画監督なのであまりご存知ないかもしれません。 日本では、「墓場なき野郎ども」「すぎ去りし日・・・」…

「マイブルーベリーナイツ」ウォン・カーウェイとノラ・ジョーンズの素敵な冒険・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「マイブルーベリーナイツ」(2007)です。 この作品は独特な映像美を持つウォン・カーウェイ作品です。彼の場合、クリストファー・ドイルが撮影を担当する場合が多いのですが…

番外編「アデル、ブルーは熱い色」レア・セドゥのはにかんだ微笑みが・・・

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「アデル、ブルーは熱い色」です。 この映画、フランス映画です。その昔、日本ではフランス映画は良く上映されていました。現在では、ハリウッド映画に押されて形勢が不利になりつつ…

番外編 「フィフティ・シェイズ・フリード」あの『フィフティ・シェイズ』シリーズ最終編

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「フィフティ・シェイズ・フリード」です。 その昔、ヒチコック監督は、ルイ・マル監督「恋人たち」を見るために映画館で列をなしている人達に「夜行っていることを映画館で見ても退…