番外編「ホリディ」キャメロン・ディアス&ケイト・ウィンスレット共演のラブ・コメディ

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ホリデイ」(2006)です。

 

珍しくケイト・ウインスレットラブ・コメディに挑戦といった方が良い映画です。

お話は、英国の新聞社に努めているアイリス(ケイト・ウィンスレット)はジャスパーに逃げられ、LAで予告編製作会社のCEOをしているアマンダ(キャメロン・ディアス)も同様にイーサンに裏切られ、心の傷をいやすためクリスマス休暇中のみ互いの自宅を交換、民泊するサイトで知り合います。

アイリスはLAへ、そしてアマンダは英国へ出発することになります。そこで新しい出会いがあるのか・・・・

 

まあ、古い映画なので、結末は言わずもがなですが、嫌みのないキャスティングと上手い演技のウィンスレットとジャック・ブラックが絡みがなかなかで、又ホンも丁寧に仕上がっているので、とても楽しいラブロマンスコメディに仕上がっています。

エンディングもほんと、昔のまんまのハリウッドスタイルですが、見ていてほっこりとします。監督はナンシー・マイヤーズ。

 

ウィンスレットはこの映画で、間口を広げてコテコテの社会派問題作だけでなくコメディ映画もやれることを知らしめましたが、この作品以後、出演作はありません。

当の本人は、あまりラブコメディに興味がないように思われます。     八点鍾

 

f:id:wedplain:20191225165255j:plain

IMDb

f:id:wedplain:20191225165325j:plain

失恋から自殺未遂、結構笑わせてくれます。

f:id:wedplain:20191225165439j:plain

サンタ・アナが取り持つ出会い

f:id:wedplain:20191225165523j:plain

f:id:wedplain:20191225165547j:plain

f:id:wedplain:20191225165616j:plain

あのイーライ・ウォラックが共演

f:id:wedplain:20191225165730j:plain