「スパイ・バウンド」フランス製エスピオナージスリラーですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「スパイ・バウンド」(2004)です。

 

この作品は、1985年ニュージーランド、オークランドでフランスの対外治安機関DGSEによるグリーンピース活動船虹の戦士号が爆破された事件をベースにしたスパイ・アクションです。監督は、独特なグロいセンスを持つフレデリック・シェンデルフェール。但し、その独特なグロさは殆どありませんが。

ジョルジュ(ヴァンサン・カッセル)とリサ(モニカ・ベルッチ)と夫婦を装って、モロッコ、カサブランカに入国する。目的は武器密輸船アニタ・ハンス号を爆破する為に。

が、作戦準備中にCIAを名乗る男から中止する要請されるが、実行する。作戦は成功し、二人は欧州に戻るが、リサは麻薬密輸で警察に拘束され、先に戻った仲間も殺されて・・・・

 

007シリーズのような派手さはありませんが、又ル・カレ映画のような落ち着いたエスピオナージスリラーでもなく、商売的には難しいところだと思います。ただ、この手の映画が好きな人は、楽しめる一編になっています。

何せ後半ヴァンサン・カッセルは格好いいし、結構見せ場がありますが、モニカ・ベルッチはもう少し見せ場が欲しいと思います。

 

この監督、独特の映像センスがあり、例えば、モニカとヴァンサンが、夕陽のカサブランカの海を泳ぐシーン、もっともっとプラスの方向に成長して欲しいと思いますが、それは、本格的なフィルムノワール次作 「裏切りの闇で眠れ」の紹介時にしたいと思います。

 

ブログ作成にDVD版を鑑賞しています。                 八点鍾

 

f:id:wedplain:20200520090249j:plain

f:id:wedplain:20200520090323j:plain

f:id:wedplain:20200520090416j:plain

 

f:id:wedplain:20200520090656j:plain

f:id:wedplain:20200520090728j:plain

f:id:wedplain:20200520090758p:plain