「バトル・オブ・ブリテン(空軍大戦略)」大英帝国の試練 2  英本土上空での史上初の航空決戦・・・

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「バトル・オブ・ブリテン(空軍大戦略)」(1969)です。

バトル・オブ・ブリテン

 

1940年5月26日から6月4日に実施されたダイナモ作戦は成功だったが、ドイツ軍は諦めることはなく、アシカ作戦(英本土上陸)の準備を始めるのだった。が、大陸国であるドイツは、海軍はあるものの上陸作戦を実施したことがなく、且つRAF(英空軍)制空権化での上陸作戦は無謀ともいえるものだった。

最低条件として、RAFは叩き潰す必要があった。こうして始まったのが、バトル・オブ・ブリテン(英国の戦い)だった。

 

映画は、フランスに派遣されたホーカーハリケーンがルフトヴァッフェ(ドイツ空軍)Bf 109Eのロッテ戦法による急襲を受け、RAF派遣軍基地は壊滅。ダンケルク撤退をBBCがフランスの戦いは終わり、英国の戦いが始まると告げる。

パ・ド・カレーにあるルフトヴァッフェ第二航空艦隊基地に航空査察総監が訪れる。迎えたケッセルリング元帥、総監は航空基地を視察し、アドラーアンクリフ作戦を控えて準備断端であることを総統に伝えると。

 英国では、IFF(敵味方識別)を含んだレーダー監視防空指揮システムの構築がほぼ終わろうとした。両国はこんな状態で8月13日(アドラーターク:鷲の日)を迎えようとしていた。

 

アドラーターク当日は、ドーバーにあるレーダーサイトがスツーカによる急降下攻撃により開始された。ルフトヴァッフェはロンドン南東部のRAF飛行場奇襲に成功する。力押しで攻撃しているルフトヴァッフェに対してRAFはじりじりと追い詰められていくが、ルフトヴァッフェのロンドン誤爆により、RAFのベルリン空襲を受け、総統からの命令で攻撃対象をロンドンにしてしまうとい致命的なミスを誘発し、ロンドンは史上初の大型都市攻撃を受けることになるが、RAFには救われたことになった。が、パイロット、整備員等連日の出撃、整備で皆クタクタ。

そんな中、ゲーリングは第二航空艦隊基地を訪れ、ケッセルリング元帥の尻を叩きに来て、9月15日、ルフトヴァッフェ乾坤一擲の大攻撃を計画するのだが・・・

 

監督はガイ・ハミルトン(007/ゴールドフィンガー)。丁寧に纏めていますが、もう二匙程欲しい処。ですが、この映画を救ったのは、撮影監督フレディ・ヤング(アラビアのロレンス)を始めとする撮影スタッフ。

当時の大戦機を飛行させてドックファイトを撮影するという離れ業をやってのけて、その空撮シーンは素晴らしいの一言。このシーンを見るだけでもこの映画の価値はあります。

 

俳優陣はローレンス・オリヴィエ、ラルフ・リチャードソン、マイケル・ケイン、クリストファー・プラマー、スザンナ・ヨーク等オールスター。特にスキッパー少佐を演じたロバート・ショウが儲け役。

 

英国はなんとかバトル・オブ・ブリテンに勝利する。ドイツ第三帝国の次なる野望は対ソ戦であった。やがて、大日本帝国海軍が真珠湾奇襲攻撃を行い、米国はドイツに宣戦布告を行い、英国は盟邦米国と共に枢軸軍と戦うことになるが英国の試練は続くのであった。 

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。       八点鍾