「バリー・シール/アメリカをはめた男」突撃飛行機野郎みたいな映画ですが、娯楽映画ですから・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「バリー・シール/アメリカをはめた男」(2017)です。

 

f:id:wedplain:20200810145947j:plain

トム・クルーズ主演の映画ですが、MIシリーズとは違いますので、なかなか面白いノワールスリラーになっています。但し、前半はコメディ色が強いですが。

 

航空会社TWAのパイロット、バリー・シール(トム・クルーズ)はキューバ産の葉巻を友人に売って小遣い稼ぎをしていたが、ある時CIAにリクルートされ、中南米の国々の秘密偵察飛行を実施するようになる。

コロンビアでカルテルに頼まれて、麻薬を米国に運ぶようになってから、裏金がゴッソリと入ってくるようになる。又、CIAは中南米に武器を運ぶように依頼してくる。

やがて、ニカラグアのコントラゲリラを米国に運ぶ事もやってのけるが、カルテルの依頼から麻薬の運送作業を手広く行うことから、警察当局に目を付けられ、拘束されるのだが・・・

 

MIシリーズはほぼマンネリ状態ですが、クルーズの体当たり演技で興行収益は落ちるどころか益々増益らしいですが、ただこのシリーズ、新作程足が地についていない感じで、今後は・・・ 

そういう意味でこういう作品が浮上したのだと思います。テンポ、特に前半は一気呵成に見せてくれますが、カルテルがどうやってバリーの存在を知ったのか辺りが丁寧に描いていないので、その辺りがちょっとね。

 

でも、CIAのペーパーカンパニーで働き新しい双発レシプロ機を操縦し、突撃飛行機野郎そのもので低空偵察飛行もヘロイン密輸も武器密輸もゲリラ輸送も何でも屋のバリー・シールはとても面白い。特に、メキシコ湾に立ち並ぶ石油掘削リグの間を低空飛行するショットはほんと感動的です。監督はダグ・リーマン(「オール・ユー・ニード・イズ・キル」)。

 

私は彼のジャック・リーチャーシリーズを買いますが、今後も単発でこういう良く出来た作品を製作して欲しいと思います。

ラストも娯楽作品だから、もっと明るいラストが良かったと思います。例えば、マニラ湾で偽装自殺して、ホーチミンとカンボジア国境を行ったり来たりして、明るくマネーロンダリングしているとか、パーペチャル・トラベラーで節税しながら明るくニュージーランドで暮らしているとか。やはり、映画も人生も明るくいかないとね。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。        八点鍾

 

f:id:wedplain:20200810150440j:plain

IMDb

f:id:wedplain:20200810150527j:plain

f:id:wedplain:20200810150551j:plain

f:id:wedplain:20200810150617j:plain

f:id:wedplain:20200810150642j:plain

f:id:wedplain:20200810150710j:plain