「マーフィの戦い」俺の戦争は終わっていない、南米、オリノコ川での私戦を戦うタフなマーフィですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「マーフイの戦い」(1971)です。

f:id:wedplain:20200901104628j:plain

IMDb

監督があの「ブリット」のピーター・イェーツで、ピーター・オトゥール主演なのでちょっと変わった戦争映画です。簡単に言えば、この作品、あの「アフリカの女王」リブート作品といっても良いと思います。

 

「アフリカの女王」では、第一次大戦のアフリカで、ハンフリー・ボガートとキャサリン・ヘップバーンの二人が、アフリカの女王という小型蒸気船に自作魚雷を取り付けて、ドイツ砲艦ルイーゼ王妃を撃沈する映画です。

 

この作品も、第二次大戦末期、南米オリノコ川でUボートに撃沈された英商船マウント・カイル号の生き残り、マーフィが壊れた水上機グラマンJ2ダックを修理し、手製の世界最大のモロトフカクテル(火炎瓶)を搭載し、そのUボートを撃沈しようとするストーリです。

 

前述したように監督がピーター・イェーツなので、J2ダックを離水シーンが大変迫力あり、又ピーター・オトゥールが主演なので軍人なのか軍属なのか良く判らなく、又いつもののらりくらりとした演技で、私は嫌いじゃありませんが・・・

 

でも、この映画で一番好きなのは、水上機グラマンJ2ダックの修理シーンです。SPレコードの音楽をバックに古い旋盤で部品を作り、布張り機体なので、裂けたところに厚めの布を当て縫い付ける。石油会社の留守番従業員ルイ(フィリップ・ノワレ)と冗談言いながら淡々と。

 

世界最大のモロトフカクテルを搭載して、離水シーンを見送るヘイドン女医(シアン・フィリップス:当時オトゥールの実際の妻)はこう思ったに違いありません。

「ほんと男って馬鹿。馬鹿につける薬はないというけど、その通りね」

 

マーフィはモロトフカクテルをUボートに落として命中させるが、撃沈は出来なくJ2ダックは破損してしまう。すると、今度はルイのクレーン船を操船してUボートにぶつけ、沈没させようと。

 

もう、執念の鬼と化して。戦争は終わったのに・・・

「俺の戦争は終わっていない、水の中で眠っている仲間に申し訳ない」と呟きながら・・・

 

大変良く出来た映画です。良いシーンが多いので、個人的にはあの「ブリッド」より愛着があります。最後にUボートは米パラオ級潜水艦ですが、ⅦC型に見えるように若干改造されています。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。     八点鍾

 

f:id:wedplain:20200901104821j:plain

f:id:wedplain:20200901104856j:plain

f:id:wedplain:20200901104923j:plain

f:id:wedplain:20200901104955j:plain

f:id:wedplain:20200901105025j:plain

f:id:wedplain:20200901105051j:plain

f:id:wedplain:20200901105125j:plain

f:id:wedplain:20200901105152j:plain

f:id:wedplain:20200901105220j:plain

f:id:wedplain:20200901105249j:plain

あるモデラーのサイトより この映画、結構人気があるようです

f:id:wedplain:20200901105413j:plain

f:id:wedplain:20200901105438j:plain