「天使の涙」POPでハチャメチャなユニークな映画、カーウァイ監督のこの世界観好きです・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「天使の涙」(1995)です。

f:id:wedplain:20201011075454j:plain


 

映画は、殺し屋、そのエージェント、安宿管理人、その息子モウ(金城 武)、金髪女(カレン・モク)、失恋娘6名が複雑に絡み合い、物語が進みます。

 

エージェントは、殺し屋の為に部屋、下調べを行い、速やかに標的をあの世に送る。エージェントは安宿に泊まっており、そこに管理人と住んでいるモウは、悪くなったパイ缶を食べて声を出せない。自閉症で、夜閉店した商店を無断で開けて商売をする変な男、金髪女は深夜殺し屋と出会い、街でエージェントとすれ違い、殺し屋との関係に気付く。

 

殺し屋は、足を洗い店を持とうとして、日本人店長斎藤から色々アドバイスを貰うが、最後の仕事で命を落とすのだった。モウは、管理人の父を失くして、又深夜の仕事に戻る。ある時、食堂でヤクザに襲われボコボコに、そこにいた失恋女に家に送ってくれと頼まれ・・・

 

以前、このブログでも紹介した「マイ・ブルーベリ・ナイツ」のウォン・カーウァイ監督作品です。彼の作品の中でも軽いタッチのラブロマンスの作品ですが、主人公が複数いて、何れも個性豊かで、その人生模様が明るく交差する面白い映画です。

 

主人公の一人は、二丁のベレッタ92Fを愛用する殺し屋で、迫力ある殺しのシーンはあのペキンパーというか、ジョン・ウーを彷彿させます。撮影監督クリストファー・ドイルの個性的な絵作りも決まっています。香港って素晴らしい処なんだ。ああ、こんな世界で生活してみたい・・・

齊秦『思慕的人』も涙が出て来るぐらいバッチリ決まっています。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。      八点鍾

 

追記  最後は、ディビッド・フィンチャー監督最新作「マンク破戒僧」の予告編です。市民ケーンの制作秘話のようです。

 

f:id:wedplain:20201011075543j:plain

f:id:wedplain:20201011075611j:plain

f:id:wedplain:20201011075636j:plain

f:id:wedplain:20201011075708p:plain

f:id:wedplain:20201011075734j:plain

f:id:wedplain:20201011075753j:plain

f:id:wedplain:20201011075839j:plain

f:id:wedplain:20201011075908j:plain

f:id:wedplain:20201011075930j:plain

www.youtube.com

www.imdb.com