「ストリート・オブ・ファイアー」今宵ノワール風ロックミュージック映画を(ロックンロールの寓話)・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ストリート・オブ・ファイアー」(1984)です。

 

f:id:wedplain:20201017091210j:plain

あの「ザ・ドライバー(1978)」「ロング・ライダーズ(1980)」「48時間(1982)」で注目を浴びたウォルター・ヒル監督作品です。が、この作品少し前述の作品と違います。MTV風ロックミュージック映画なのです。音楽はあのライ・クーダーです。

 

ダイアン・レインが歌うナンバー「ノーフェア・ファスト」「今夜は青春」がとても素晴らしく、まあ誰もが聞いたことがあると思いますが。男臭いアクション映画を得意とするウォルター・ヒル監督にこんな芸当が出来るとは思いませんでした。

 

 

映画は、リッチモンドで凱旋コンサートをしていたロック歌手エレン・エイム(ダイアン・レイン)がギャング団ボンバーズのレイヴァン(ウィリアム・デフォー)に拉致される。

元カレのコーディ(マイケル・パレ: スリーピングアイのロバート・ミッチャムの雰囲気を出している)とマッコィ(エイミー・マディガン)と呼ばれる兵隊くずれで彼女を助け出すお話でなんということはありません。

 

でも、各場面場面をワイプでテンポ良く繋いで、ミュージックシーンを挟み、ヒル監督の得意のアクションで小刻み良くというか、小股が切れ上がった映画に仕上がっています。

 

特に、コーディとレイヴァンの大型ハンマーを使った死闘シーンは、音響効果も良く中々の迫力、嬉しくなります。

 

そして、美しいエイムとの別れ。真紅のマーキュリーコンバーティブルを運転するマッコィに拾われ、アメ車独特OHVの響きと共にリッチモンドに別れを告げる。ホント、OHVの響きはアメリカンノワールの味わいですね。

 

ブログ作成にDVD版を鑑賞しています。     八点鍾

 

追記 当時、このタイプの映画が沢山出て来るものと思いましたが、ほとんど出てこなくて、が暫くするとTVシリーズ「マイアミ・バイス」が上手く利用していて、さすがマン監督だなと思いましたが。

f:id:wedplain:20201017091258j:plain

f:id:wedplain:20201017091326j:plain

f:id:wedplain:20201017091350j:plain

f:id:wedplain:20201017091415j:plain

f:id:wedplain:20201017091440j:plain

f:id:wedplain:20201017091813j:plain

f:id:wedplain:20201017091835j:plain

f:id:wedplain:20201017091900j:plain

f:id:wedplain:20201017091928j:plain

f:id:wedplain:20201017092005j:plain

f:id:wedplain:20201017092036j:plain

f:id:wedplain:20201017092108j:plain

 

www.youtube.com