「おかしなおかしな大追跡」昔々、ニューシネマ最盛期の頃サンフランシスコに四つの赤の格子鞄がやって来ました・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「おかしなおかしな大追跡 (What's up, Doc?)」(1972)です。

f:id:wedplain:20201116132123j:plain

IMDb

監督があの「殺人者はライフルを持っている!」「ラストショー」で名を上げたピーター・ボクダノヴィッチ。当時、フォード・コッポラ、ウィリアム・フリードキンと共に若手の実力派の一人でした。が、プレイメイトのドロシー・ストラットンに絡むスキャンダルで作品の質が落ち始めて、往年の名声今いずこというより三人の中で、一番早く萎んでしまい残念です。

この作品は、私は未見ですがハワード・ホークス監督「赤ちゃん教育 Bring Up Baby (1938)」を上手くアレンジしたスクリューボールコメディです。結構、笑わせてくれます。

 

お話は、サンフランシスコに四人の男女がやって来る。一人は政府の機密文書を、宝石を持って旅をしている夫人、石器時代の音楽を学会で認めてもらおうと石を入れているハワード(ライアン・オニール)、そして百科辞典を入れて放浪の旅をしているジュディ(バーブラ・ストライサンド)。

この四人が同じホテルに宿泊して、カバンを取り違え、ジュディが色々と掻きまわすことで物語は、あらぬ方向に進み大騒動、大追跡になるのだが・・・

そのラストのあのセリフ "つまらないセリフだ" も決まったクールなコメディ映画です。

 

その昔、劇場で鑑賞した時は面白かったという記憶はありませんでした。私、バーブラ・ストライサンドが苦手で、そりゃ、歌は上手いのですが、あのお鼻が・・・

 

で、今回再見したら、彼女が歌う、タイトルロールに流れるコール・ポーターの「貴方が最高」からご機嫌で、加えて彼女のあのお鼻が気にならなくて、まるでバッグスバニーの兎チャンのようで、素晴らしいの一言・・・

 

ボグダノビッチ監督は、このコメディ路線で進むべきだったのでしょう。シリアスはともかく、ミュージカル路線はあまり成功しなかった・・・

ホント、もう少しと言わず、もっともっと活躍して欲しかったと思います。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。       八点鍾

 

追記 

このボグダノビッチ監督は、あのジョン・フォード監督の研究者でもあります。ジョン・フォード監督を研究するのであれば、ボグダノビッチ監督の著作又はリンゼイ・アンダーソン監督の著作を読んでください。「もしも・・」「孤独の報酬」「オー!ラッキーマン」のリンゼイ・アンダーソン監督も負けず劣らぬジョン・フォード監督の研究者です。

f:id:wedplain:20201116132210j:plain

f:id:wedplain:20201116132238j:plain

f:id:wedplain:20201116132259j:plain

f:id:wedplain:20201116132329j:plain

f:id:wedplain:20201116132351j:plain

f:id:wedplain:20201116132414j:plain

f:id:wedplain:20201116132435j:plain

 

www.youtube.com