レタントンローヤル館

主に映画のお話

「ソング・トゥ・ソング」やはり今年度の締めはテレンス・マリックで・・・

 レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ソング・トゥ・ソング」(2017)です。

 

f:id:wedplain:20201229080319j:plain

巨匠テレンス・マリック監督作品です。あの動くカメラで心象風景、人物を捉え、それを独特のリズムでモンタージュするあの監督です。そう、エイゼンシュタイン監督のモンタージュセオリーとは、少しばかり違うアプローチで映画を作り上げる、勝手にマリックモンタージュとここでは呼びたいと思います。

 

もし、あなたがマリックモンタージュがお好きであれば、この映画鑑賞してください。衰えてはいません。冴えています。でも、興味がなければやめた方が良いかもしれません。

 

この作品の予告編を見て、ひょっとしたらこの作品、マリック監督のミュージカルかもと思いましたが、確かに前半そんな感じはしますが、中盤から何時もの通りの人生、父親、母親、友人、恋人、宗教等々と色々なテーマがじわりとスクリーンに滲み出て、いつものマリックスタイルになります。

 

お話は、マイケル・ファスベンダー扮する音楽界の大物クックと新人BV(ライアン・ゴズリング)、彼らの間を行ったり来たりする作詞家、ギター演奏者フェイ(ルーニー・マラー)、クックと付き合い自殺するロンダ(ナタリー・ポートマン)等がいつものマリック作品の様に描かれます。いつもは暗く思い、ルーニー・マラーがとても素晴らしく又かわいらしく見えます。

 

少し前紹介した「ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢」に似ていますが、味わいは全く別物で、そりゃ私はこの作品の方が好きですね。

 この作品、観客を選ぶと思いますが、あのマリックモンタージュがたまらない人は劇場に行って、彼のマジックに酔いしれてください。

 

私も「シン・レッド・ライン」「ツリー・オブ・ライフ」「トゥ・ザ・ワンダー」「聖杯たちの騎士」等で彼のマジックに嵌りました。本当に素晴らしいと思います。

                                 八点鍾

f:id:wedplain:20201229080357j:plain

f:id:wedplain:20201229081055j:plain

f:id:wedplain:20201229081219j:plain

f:id:wedplain:20201229081235j:plain




f:id:wedplain:20201229081139j:plain

www.imdb.com

www.imdb.com

 

追記

どれか一本見て頂いて、自分と波長が合うか感じて欲しいと思います。