「96時間」リーアム・ニーソン演じる世界最強親父がアルバニアマフィアと対決する映画ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「96時間」(2008)です。

f:id:wedplain:20210209095930j:plain

この作品は、パリ旅行に出かけた娘がアルバニアマフィアの人身売買組織に拉致され、元CIA特殊工作員ブライアンが、鬼神如くというか世界最強親父と言う感じで犯罪組織に戦いを挑み、娘を助け出すという作品です。

ブライアンをあのリーアム・ニーソンが演じます。とても良く身体が動き、強いのなんのって、この映画を見る限り世界一強いように思います。この作品を劇場で見た時、身体が引き締まっていた頃のスティーブン・セガールと対決しても勝てるのではと思ったほどです。

 

リーアム・ニーソンはブアマン監督「エクスカリバー」辺りから注目されていましたが、ブレークしたのはスピルバーグ監督「シンドラーのリスト」からでしょう。

次の作品「マイケル・コリンズ」でヴェネツィア映画祭主演男優賞を得て、どちらかと言えば演技派男優だと思いますが、この作品では、アクション満載でかなり自分自身でこなしているのには驚きます。

 

映画はとてもテンポ良く、ブライアンがパリに着くとアッと言う間に空港にいた連絡係ピーターを追跡が車に跳ねられて死亡、パリ警察の友人からの情報で建築現場の売春宿でのアクション、そしてアルバニアマフィアのアジトで大暴れ、そして女性オークション場でのアクションとセーヌ河を航行する船上での銃撃戦とアクションのテンコ盛り。

特にラストの銃撃戦は、MP5K短機関銃で襲い掛かるボディガード達を敵から奪ったSIGザウエルP226拳銃で撃つは撃つはの銃撃戦で大乱戦。

 

そういう意味で、リーアム・ニーセンのキャスティングは大正解だと思います。

監督は「ライリー・ノース復讐の女神」のピエール・モレル。映画はあの「ニキータ」「トランスポーター」のリュク・ベッソンのヨーロッパ・コープ製作。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。       八点鍾

 

f:id:wedplain:20210209100024j:plain

f:id:wedplain:20210209100053j:plain

f:id:wedplain:20210209100119j:plain

f:id:wedplain:20210209100140j:plain

www.youtube.com


www.youtube.com