レタントンローヤル館

主に映画のお話

「オールド・ボーイ」ハードボイルドタッチが冴えるパク・チャヌク監督の復讐映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「オールド・ボーイ」(2003)です。

 

f:id:wedplain:20210327145915j:plain

 

時々あるんですよね、映画を見ていて、ビックリするくらい面白い映画が。この作品なんかが当てはまるでしょう。ジョン・ブアマン監督「ポイント・ブランク」を更にハードボイルドタッチにした復讐映画。

 

面白いです、この復讐劇。原作は日本の漫画だとは知りませんでした。

オ・デスと言うどう見てもうだつの上がらない安サラリーマンっぽい男が、監禁され、妻は殺されて、娘は行方不明。何が何だか分からない。15年後その男が、突然監禁を解かれる。どうして監禁を解かれたのか、その理由を調べ始める。復讐の鬼となった男の物語です。

 

二度、三度見ると判りますが、お話が合わないところもありますが、それはそれ、監督パク・チャヌクの力技で乗り切ってしまいます。とても良いセンスしています。中々の力量を持った監督だと思います。

 

チェ・ミソシク扮するオ・デスが笑えます。冒頭、酒に酔って交番で暴れる小心なサラリーマンが、監禁中に体を鍛え、逃げようと部屋に穴をあけます。逃げ出そうとするのですが、その前に監禁を解かれるのです。

 

オ・デスは、日本料理店で知り合った女性と同棲し、監禁されていた場所調べ始めます。監禁中に食べさせられた餃子の味から店を調べ、民間監禁会社の建物を探し出します。トンカチ一つ持って。彼はもうおちゃらけの安サラリーマンでなく、情け容赦ない復讐者だった。

 

責任者を捕まえ、トンカチを使って抜歯を行い、色々と聞き出します。仲間が襲い掛かり、トンカチ一つで大立ち回り、横移動のワンテイクで見せてくれます。この辺りのハードボイルドタッチがとても素晴らしいと思います。そして、彼は昔のある出来事を思い出すのですが・・・

 

本当に良いセンスをした監督だと思います。カットバックを巧みに使用し、時間軸をずらしながら、うまく観客を引っ張っていく。

この作品は復讐三部作の第二作目だと。第一作「復讐者に憐れみを」は見ていませんが、第三作「親切なクムジャさん」はグロいシーンが多く、この作品で見せたセンスの良さが消えてしまい、残念な一作でした。

 

次作「渇き」は吸血鬼ホラー映画で、ハリウッドデビュー作「イノセントガーデン」は余り冴えたところがなく、もうこの監督駄目なんだと思っていた処、次作「お嬢さん」がエロチックなサスペンススリラーで、いいセンスを再び見せてくれました。そして次作がTVシリーズ、ル・カレ原作「リトル・ドラマー・ガール」なんです。うーん、美しいです。

 

パク・チャヌクは、今一番期待できる韓国の映画監督だと思います。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。     八点鍾

 

追記

なお、この作品は第57回カンヌ映画祭審査員特別グランプリを受賞しています。

 

f:id:wedplain:20210327150319j:plain

f:id:wedplain:20210327150343j:plain

f:id:wedplain:20210327150412j:plain

f:id:wedplain:20210327150436j:plain

f:id:wedplain:20210327150454j:plain

f:id:wedplain:20210327150516j:plain

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

wedplain15.hatenablog.com

www.youtube.com