「マイアミ・バイス」やはりマイケル・マンと言えばこの作品ですよね? でも、…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「マイアミ・バイス」(2006)です。

f:id:wedplain:20210403152614j:plain

映画は、クロケット(コリン・ファレル)とタブス(ジェイミー・フォックス)が売春である大物を上げようとした時、情報屋アロンゾから電話が入る。家族が人質に取られたと。同時にアロンゾが仲介したFBI潜入捜査官チームが白人至上ギャング団に射殺される。

捜査情報が漏洩に気付いた合衆国司法機関はクロケットとタブスを密売組織に潜入させるため、ボスのイエロのヤクを強奪し、奴に近づきブツを運ぶ。

ブツを回収した時強奪されそうになり、奴らのアジトに踏み込んだら、、イエロのブツがあったと嘘をつき、それを無償で分けると事でイエロの信用を得て、さらに深く潜入する。が、クロケットは黒幕エントーヤの情婦イザベラ(コン・リー)と深い仲になり・・・

 

1984年から1989年で爆発的な人気を誇ったTVシリーズ「マイアミ・バイス」の映画化作品です。日本では、米国ほど人気はありませんでしたが、主人公ソニー・クロケット(ドン・ジョンソン)が麻薬潜入捜査官を演じて、黒のフェラーリ・デイトナ・スパイダー、フェラーリ・テスタロッサを乗り廻して、MTV風演出がなかなか決まったイカしたシリーズでした。

又、ゲストスターも豪華で、ブルース・ウィリス、リーアム・ニーソン、ベニチオ・デル・トロ、シーナ・イーストン、ジュリア・ロバーツ、メラニー・グリフイス等とても豪華でした。

 

対して、この作品はビックバジェットで、スケールも大きく、TVでは出来ないような実録タッチでなかなか良いのですが、すこしTV版とは趣きも違い、スケールの大きなTV版を期待すると肩透かしを食らいます。

ですが、ほぼ全編デジタル撮影で特に夜間のシーンが素晴らしいし、クロケットはフェラーリF430スパイダーを乗り廻して、敵の白人至上ギャング団はバレットM82という強力なスナイパーライフルを持っている等なかなか見せてくれるのは結構だと思います。

 

個人的には、クロケットとタブスはもう少し遊び人風な演出が欲しいと思いますし、クロケットとイザベラの関係がね、この世界で逞しく生きている男女だからこんなに深入りすることはないだろうし、ラストももう少しハードなタッチが欲しいと思います。

 

例えば、「マルタの鷹」のボガート(スペード)とメアリー・アスター(オショーネシー)のような関係にして欲しいと思います。ボガートは、相棒を殺したアスターを警察に引き渡す。理由は、この稼業では甘いと舐められると。

脇にもう少し名前の通った役者が欲しいし、最後の銃撃戦等少し短くしてもいいかと思います。そして、最後にもっと早く映画化した方が良かったのではと思います。TVシリーズが終了して約25年後じゃ、何か証文の出し遅れの様で。

 

又、Wikiを読むと製作中に色々と問題が起こり、思ったように制作できなかったようです。例えば、ハリケーン・カトリーナが製作中にセットを壊して、製作費が大きく膨れ上がったこと、撮影中に発砲事件が起こり、トラブルを避けるためサント・ドミンゴから撤収した事、その結果ラストを変更した事、ジェイミー・フォックスのアカデミー主演男優賞受賞でギャラの問題等々。マイケル・マン監督は大変だったことでしょう。映画は悪くありませんが、そんな感じがスクリーンから伺えるような感じです。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。      八点鍾

f:id:wedplain:20210403152717j:plain

f:id:wedplain:20210403152738j:plain

f:id:wedplain:20210403152757j:plain

f:id:wedplain:20210403152817j:plain

f:id:wedplain:20210403152834j:plain

f:id:wedplain:20210403152852j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com       カットされたクレジットシーン

 

www.youtube.com    テレビ版タイトルロール