レタントンローヤル館

主に映画のお話

「スイミング・プール」南仏、貫ける様な蒼空、乾いた風、洒落たコテージにあるスイミングプールに絡むサスペンスミステリーですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「スイミング・プール」(2003)です。

f:id:wedplain:20210408161745j:plain

 

「まぼろし」「8人の女たち」のフランソワ・オゾン監督のサスペンスミステリー映画です。大作「8人の女たち」と比べると小品ですが、なかなか面白い作品です。主演はシャーロット・ランプリングとリュディヴィーヌ・サニエ。

 

倫敦は鬱陶しい雨。

推理作家サラ(シャーロット・ランプリング)はスランプ気味。出版社の社長から少しヴァカンスを取ったらとのアドバイスで、南仏にある社長のコテージにやって来た。コテージはプール付きの洒落た造りだ。青空と乾いた風に癒されるサラだったが、いいことは長く続かなかった。

 

ジュリー(リュデイヴィーヌ・サリエ)が突然訪れて、サラの気ままな生活が崩れ始めるのだった。毎晩、男と遊び惚けセックスをする。ジュリーは社長の愛人だったフランス女性の娘で、母はニースにいると言う。

ある時、夜遅くジュリーは近くの町のカフェのウェイター、フランクを連れてきて、裸でプールに入って遊び惚けていた。

翌朝、サラはプールの近くで血のようなものを発見して、ジュリーに問い詰めるのだが…

 

良く出来ていますが、仏製のサスペンススリラーなのでどちらかと言えばムードが優先となり、又監督の性格でしょうか、真実と虚構が組み合わさり、サスペンスはほどほどの作品になっています。だから、物足りないと思われる方もいるかもしれません。

 

特に、女性の肌を官能的に描いた作品の様にも思います。舐める様なショットも出てきます。ラストもなかなか小粋で、こういうタイプのラストも洒落ていると思います。すべては、シャーロット・ランプリングのキャスティングが効いた映画だと思います。お年を召してから益々輝く女優で、うーん、本当に美しいと思います。

 

彼女に比すれば、サニエ嬢はまさにチンピラ女優、役の上でもチンピラ女ですが。でも、彼女も悪くありませんが。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。        八点鍾

f:id:wedplain:20210408161900p:plain

f:id:wedplain:20210408161924j:plain

f:id:wedplain:20210408161943j:plain

f:id:wedplain:20210408162001j:plain

f:id:wedplain:20210408162021j:plain

f:id:wedplain:20210408162036j:plain

f:id:wedplain:20210408163528j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com