「墓石と決闘」狡猾なワイアット・アープとドック・ホリディの友情…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「墓石と決闘」(1967)です。

f:id:wedplain:20210424101429j:plain

ジョン・スタージェス監督作品です。彼のフィルモグラフィーには、「日本人の勲章」「OK牧場の決闘」「荒野の七人」「大脱走」「サタンバグ」「北極の基地/潜航大作戦」「鷲は舞いおりた」等アクション映画一筋の巨匠です。

 

この作品「墓石と決闘」は、あのOK牧場の決闘の後日譚を描いており、彼の「OK牧場・・・」少しトーンが違っています。枯れた渋いタッチでワイアット・アープ(ジェームス・ガーナー)とアイク・クラントン{ロバート・ライアン)の対決を描いており、映画の冒頭が有名なOK牧場の決闘で、始めてご覧になる方は驚かれるのではないかと思います。

 

戦いに敗れたクラントンは手下と逃げる。アープ達は殺人罪で裁判にかけられるが、無罪となる。なおもクラントン達はアープへの復讐戦を挑み、兄ヴァージルを足を撃たれ、弟モーガンは殺される。

 

トゥームストーンの有力者達の力添えを得て、ドク・ホリディ(ジェイソン・ロバーツ)と昔の仲間を得て、ワープ達はクラントン達を一人、また一人と法を後ろ盾にして狙い撃ちしていくのだが…

 

映画は大変良く出来ており、ワープとドクの友情がとても良く描かれている。法を後ろだけにして情け容赦なく復讐するワープを非難するドク。でも、クラントンがメキシコにいると聞くと一緒にメキシコまで行く。

ジェームズ・ガーナーも素晴らしいが、ジェイソン・ロバーツも素晴らしい。私はこの役と「ジュリア」でダシール・ハメットを演じた彼を忘れることが出来ないし、この作品がジョン・スタージェス監督で一番好きな作品だ。ジェリー・ゴールドスミスのスコアも素晴らしい。

 

ラスト、肺結核で療養所にいるドクを見舞うワープ尋ねる。

「トゥームストーンに戻るのか?」

ワープにクラントンを撃ち殺すときに預かったシェリフのバッジを渡して、

「もう、帰ってくれ」

部屋を出ると、彼は付き人に、

「トゥームストーンには戻らない」と。

狡猾に法律を盾に復讐戦に疲れた男の独白。こういう西部劇って、中々お目にかかれません。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。       八点鍾

 

追記 同様な題材の作品に、「ワイアット・アープ」(1994)ケビン・コスナー主演がありますが、こちらはどうも…

 

f:id:wedplain:20210424101506j:plain

f:id:wedplain:20210424101529j:plain

f:id:wedplain:20210424101547j:plain

f:id:wedplain:20210424101610j:plain

f:id:wedplain:20210424101629j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

wedplain15.hatenablog.com

 

 

wedplain15.hatenablog.com