「8人の女たち」ゴージャスな女達のミュージカル仕立ての密室推理ドラマですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「8人の女たち」(2002)です。

 

f:id:wedplain:20210429100742j:plain

 

映画は1950年代のフランス。雪が深々と降る郊外の邸宅で、クリスマスの為に集まる家族の中で、主人マルセルが死体で発見される。

その場に居合わせた7人の女たちと遅れて加わる一人の女… 何れも動機があり、謎は謎を呼び、事件は思わぬ方向へ。原作は、ロベール・トマの戯曲。

登場人物は以下の通り。

ギャビー      マルセルの妻、 カトリーヌ・ドヌーブ

オーギュスティーヌ ギャビーの妹  イザベル・ユペール

ルイーズ      メイド     エマニュエル・ベアール

ピエレット     マルセルの妹  ファニー・アルダン

シュゾン      マルセルの長女 ヴィルジニー・ルドワイヤン

マミー       ギャビーの母  ダニエル・ダリュー

カトリーヌ     マルセルの次女 リュディヴィーヌ・サニエ

シャネル      賄い婦     フィルミィーヌ・リシャール

 

フランソワ・オゾン監督作品で、出演者が8名全て女性で密室殺人を扱った推理劇で、おまけにミュージカル仕立てというフランス映画です。前述したように女優陣が凄い、ダニエル・ダリューからリュデイヴィーヌ・サニエまでとてもゴージャスなキャスティングになっています。

 

ちょっと実験映画のようですがそんなことはありません。とても良く出来た女性ドラマになっています。それぞれの女優に見せ場をつくっており、そういう意味でとても良く出来たホンと言って良いでしょう。加えて、歌と踊りを。うーん、美しい映画になっています。演技で言えば、ドヌーブが意外と振るわないかな。でも、そんなことは大したことではありません。美しい彼女達のご尊顔に拝謁できれば、世の中の嫌なことも全て忘れ去ることも可能でしょう。

 

加えて、もっとミステリー仕立てかなと思いきや、女性についての考察映画になっており、それはそれで面白いのですが、すこしね…方向性が違い残念ですが。でも、何度見ても楽しい映画にはなっています。

 

こういう映画を見せられると、やはり男性は女性にはかないません。男の方が偉いんだと吠えてみても所詮、女性の掌の上で転がされているようにもの。

ホント、怖いですね。ブルブル…

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。      八点鍾

 

f:id:wedplain:20210429100822j:plain

f:id:wedplain:20210429100841j:plain

f:id:wedplain:20210429100908j:plain

f:id:wedplain:20210429100931j:plain

f:id:wedplain:20210429100953j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com