「ガタカ」アンドリユー・ニコル監督の新しいタイプのSF映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ガタカ」(1997)です。

f:id:wedplain:20210722171424j:plain

近未来、遺伝子操作によってより優れた人類「適正者」が社会をコントロールしており、そうでないもの「不適正者」として一段落された地位に甘んじなければならない。

ヴィンセント(イーサン・ホーク)は、「不適正者」として生まれ「適正者」として生まれた弟にコンプレックスを抱き家を出た。社会で下層の仕事をしながら宇宙飛行士になる夢を抱いていた。ある時DNAブローカに出会い、事故によって下肢麻痺者ジェローム(ジュード・ロウ)の存在を知り、彼に成り代わって宇宙局ガタカの試験をパスする。

が、ガタカで殺人事件が起こり、所属局員の抜打ちDNA検査があり、上手く裏をかいてパスするのだが…

 

この作品、DVDはかなり前に購入済みだったのですが、なかなか鑑賞する機会がなく、延び延びになっていた作品です。ようやく鑑賞出来ました。デザインベービーが一般化している時代のSFなんですね。その着想に驚きました。低予算ながら上手く、色彩、構図に凝って作り上げた作品で、大変良く出来たスタイリッシュなSF映画です。共演者は他にウマ・サーマン、アラン・アーキン、アーネスト・ボーグナイン等。地味ながら上手い配役だと思います。

このニコル監督なかなかの腕前を見せてくれるのですが、もう少しアクションと言うのかメリハリが欲しいところです。だから、映像のセンスは良いのですが、この第一作から二十年以上経ちますが、この作品以上の作品がなく燻っている感じです。

 

映画って難しいと思います。コアなファンがいる監督が強いのでしょう。良い例ではありませんが、タランティーノ監督がその代表ではないかと思います。彼と比べれば、作品のテーマ、狙い、映像のセンス、音楽の使い方等ニコル監督は負けてはいないと思いますが、タランティーノ監督ははったりというかそのオタク度が物凄く強く、それに共鳴すると彼の個性に毒されてしまう。それぐらい強いと思います。

観客に媚びを売るのでなく、個性を見て貰う事、その辺りをもっと学ぶといいのだと思いますが、作品を鑑賞する限りでは、ニコル監督はそこまでして映画を撮りたくないと思うのかもしれません。

まあ、こういうスタンスですとやはり難しいのではと思います。これは永遠のテーマかもしれませんが。

 

このブログ作成に、DVD(スーパービット版)を鑑賞しています。因みにこのスーパービットの画質はとても良い。               八点鍾

 

f:id:wedplain:20210722171517j:plain

f:id:wedplain:20210722171534p:plain

f:id:wedplain:20210722171558p:plain

f:id:wedplain:20210722171638p:plain

f:id:wedplain:20210722171702j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com