「マンマ・ミーア!」エーゲ海の小島で行われる結婚式を巡るミュージカル映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「マンマ・ミーア!」(2008)です。

f:id:wedplain:20210725075955j:plain

映画は、ギリシャ、エーゲ海のある小島。小さなホテルのオーナーの娘ソフィ(アマンダ・サイフリッド)は、翌日に結婚式を控えている。

母ドナ(メリル・ストリーブ)はシングルマザーで、ソフィはずっと自分の父親が誰か知りたいと思っていた。彼女はある計画を企てていた。それは母の日記を密かに読み、自分の父親らしい男性が三人いた事を知り、母に内緒で彼らに招待状を出したことだ。

その結果、三人の男性がドナのホテルを訪れ、事態はあれよあれよという間に意外な方向へ…

 

この作品、笑えます。本当に笑えます。あの大女優メリル・ストリーブがABBA を歌い、踊りと大車輪の演技を見せてくれます。結構、見せてくれます。"マネー、マネー、マネー"、"ダンシング・クィーン"とか最後の"恋のウォータールー"等笑えます。

 

そして、すこしネタバレになりますが、ソフィの映画だと思っては駄目です。

この作品、ドナが主人公なのですから。勿論、いつもは詰まらないアマンダ・サイフリッドもこの作品はとても良く、だから、昔関係があった男達の配役も良いんです。ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルドと結構なキャスティングなんです。

 

見ていない人は、ぜひ鑑賞して下さい。笑い転げます。メリル・ストリーブってこんなことが出来るのですね。私知りませんでした。ホント、弾ける、弾ける、ぶっ飛んでいます。監督は舞台版手がけたフィリダ・ロイド。

 

この暑い夏の日、笑い転げてください。

 

ブログ作成にBD版を鑑賞しています。             八点鍾

 

f:id:wedplain:20210725080023j:plain

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com