レタントンローヤル館

主に映画のお話

「エル ELLE」イザベル・ユペール魅力全開のブラックコメディですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「エル ELLE」(2016)です。

f:id:wedplain:20211019112712j:plain

「ロボコップ」「トータル・リコール」のポール・バーホーベン監督作品です。うーん、苦手な監督ですが何か惹かれるんですね。特に今回は、米国を離れてフランスでサスペンスミステリーとなれば、見ないわけにはいかないじゃないですか?

映画は、ミシェル(イザベル・ユペール)が自宅でいきなりレイプされるシーンから始まります。うーんバーホーベン監督、お年を召しても尖がった人で変わりませんね。

でも、彼女、淡々としており、友人達に打ち明けても警察に訴えることもない。それには理由があり、普段はゲーム会社CEOだが、彼女には暗い過去があった。でも、彼女は彼女なりに護身用ガジェトとか会社の部下から射撃の練習を始める。家庭では、母のセックスフレンドの問題、息子のフィアンセの出産、引っ越してきた隣人等色々なトラブルが彼女を襲うのだが…

この作品、サスペンスミステリーと思い込んでいましたが、違うのですね。ブラックユーモア風ラブロマンスなんですね、オフビート味がたっぷりなラブロマンスなんです。そう考えて頭を切り替えると、イザベル・ユペールの体当たり映画が素晴らしい、彼女の魅力全開なんです。お年を召していますがとても美しく、こういう女優、日本にはいないのでは。

だから、ゴールデングローブ、全米批評家、ニューヨーク批評家賞主演女優賞をすべて受賞しています。良く分かるな、だって魅力たっぷりだもの。

原作がフィリップ・ジャン、「ベティ・ブルー愛と激情の日々」の原作者です、だから展開が良く似ていて…

最後にもう一つ、この映画に登場する人たちの男女関係、結構興味深い、上手く書けませんが、男女関係って最終的にはこの映画の様になるのではと、私は思うのですが。そういう意味でフランスって侮れないと私は思います。人口統計学のエマニュエル・トッドのような凄い人も出て来るので。癖がありますがとても良い映画です。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。       八点鍾

f:id:wedplain:20211019112745j:plain

f:id:wedplain:20211019112808j:plain

f:id:wedplain:20211019112827j:plain

f:id:wedplain:20211019112843j:plain

f:id:wedplain:20211019112858j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com