「ダメージ」さざ波が立たないほど静かな家庭に起きた悲劇の映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ダメージ」(1992)です。

f:id:wedplain:20211028160017j:plain

監督がヌーヴェル・ヴァーグと言っていいのか大御所ルイ・マルなので、そりゃもうとても良く出来た愛欲映画になっています。こってりとした演出で愛欲シーンは濃厚、人にもよるでしょうが、私は、気取ったあのベルトリッチ監督「ラスト・タンゴ・イン・パリ」より通俗的ですが、こちらの作品の方が好きです。だって、こってり味で趣味が良いものですから。内容も厳しく、でも身から出た錆なので、と言うか遊び慣れていないと言うか…

映画は、英国保健相の事務次官スティーブン(ジェレミー・アイアンズ 好演)が息子マーティンのフィアンセ、アンナ(ジュリエット・ビノッシュ とても美しい)に会い、理性で押さえられない力が働き、彼女と不倫関係を続けるが、やがてそれはその家庭を引き裂くほどの悲劇を招く…

妻イングリッド(ミランダ・リチャードソン 物凄い好演)は、息子に紹介されたアンナを一目見て、危険な女だと気付くのですが、貴族階級出身なので息子に厳しく説得するようなことはしない。スティーブンは多分中産階級出身なので、妻や義父エドワード(イアン・バネン)を疎ましく眺めているだけ。義父の邸宅も自分ではなく息子マーティンの物になるので面白くないのでしょう。

その昔、劇場で見た時はそういった家族関係が良く分かりませんでしたが、家庭を持ち人生も終わりに近づくとそういった風景がはっきりしてきて、それがこの不倫劇の隠し味になっていることが理解できます。

そういう意味ではスティーブンは不運だがもっと上手く立ち回らないと、だから本当に残念な結末になって…

ルイ・マル監督はこのような通俗愛欲劇もとても上手く、うーん素晴らしいと唸ってしまいます。ラスト、スティーブンはかっては医師だったというセリフもありますから、せめて国境名なき医師団で活躍するぐらいにして欲しかったと思いますが。

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。     八点鍾

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

 

f:id:wedplain:20211028160048j:plain

f:id:wedplain:20211028160109j:plain

f:id:wedplain:20211028160129j:plain

f:id:wedplain:20211028160145j:plain

f:id:wedplain:20211028160200j:plain

f:id:wedplain:20211028160220j:plain

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com