番外編「アラン・ドロン生誕86年記念祭」シネマ・ライブに参加して

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日は「アラン・ドロン生誕86年記念祭」についてご報告いたします。

f:id:wedplain:20211109092156j:plain

昨年に引き続き参加いたしました。この記念祭は、基本的に大スターアラン・ドロンさんの映像とその作品の映画音楽を楽しむものですが、今回は9月に亡くなられた大スタージャン・ポール・ベルモンドさんの追悼もかねて、彼の作品から数曲演奏されました。「黙って抱いて」「ボルサリーノ」「ラ・スクムーン」「華麗なる大泥棒」「ハーフ・ア・チャンス」等が演奏されました。

特に、今回はレアなスコア、例えば「ラ・スクムーン」「ル・ジタン」があり、個人的には大変楽しい時間を過ごすことが出来ました。

その昔、映画音楽ってクラシックでもないポピュラーでもない、ままっこのような扱いでした。でも90年半ばあたりから米国でモリコーネコンサートが成功したというニュースが流れて、ジョン・ウィリアムが来日したり、ミシェル・ルグラン、バート・バカラック、ジェリー・ゴールドスミス、フィリップ・グラス、勿論モリコーネ先生も。

このシネマライブ、チェイサーさんが主催、運営、司会を行い、大物作曲家コンサート負けないぐらいの魅力的なコンサートになっていると思います。うーん、素晴らしいです。来年も参加したいと思います。             八点鍾

 

追記 

昨年と同様にブログ友達(fpdさん、ジーナさん、べべさん、たっふいーさん)にお会いできて大変感激しました。

今回、お土産でベルモンド作品のサントラCDを頂きました。これは「薔薇のスタビスキー」「相続人」「エースの中のエース」「大頭脳」「ラ・スクムーン」「警部」「パリ警視J」「ムッシュとマドモアゼル」「追悼のメロディ」「危険を買う男」等の素晴しいサントラ集でした。うーん、美しいです。

 

www.youtube.com

 レアな曲です このスタイルで演奏されたのでとても嬉しかった

www.youtube.com

  こちらもジャンゴ・ラインハルトの名曲をアダプトした曲で…

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com