レタントンローヤル館

主に映画のお話

「Xファイル 真実を求めて」Xファイル劇場版第二弾ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「Xファイル 真実を求めて」(2008)です。

f:id:wedplain:20211122154432j:plain

まず、最初に私はXファイルの熱狂的なファンではありません。この作品は、前作に比較してXファイルらしくありません。でも、私はそのスタイルがなかなか良いと思います。Xファイルらしくない映画で、でもモルダーとスカリーが登場して難事件、猟奇殺人事件じみていますが、前作の様に未知の細菌、エイリアン、UFOなど登場しない、地に足が着いた推理サスペンスなのが良いと思います。反対にコアなファンの人はそれが気に入らないと思いますが。

映画は、FBI捜査官が失踪。が、小児性愛者で透視能力者のジョー神父が協力を申し出た。FBIホイットニー支局長は退職していたモルダーとスカリーに協力を求めるのだった。モルダーは田舎で隠遁生活をしており、スカリーは医師として活躍していた。モルダーは、失踪者の状況証拠から臓器売買事件と確信を持つがその裏には…

コアなファンにはダメでしょう、このプロットラインでは。でも、普通の猟奇連続殺人事件として見れば、そんなに悪い映画ではありません。結構見せてくれます。

モルダー、スカリーを演じるデビッド・ドゥカブニー、ジリアン・アンダーソンは安心して見ていられます。ホイットニー支局長を演じるアマンダ・ピートが少し良いかな。

監督はクリス・カーター、前述したように手堅く纏めています。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。     八点鍾

f:id:wedplain:20211122154504j:plain

f:id:wedplain:20211122154722j:plain

f:id:wedplain:20211122154739j:plain

f:id:wedplain:20211122154755j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com