レタントンローヤル館

主に映画のお話

「ナチス・バスターズ」小品ですがとても丁寧に製作された戦争アクション映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ナチス・バスターズ」(2020)です。

f:id:wedplain:20211215093941j:plain

ソ連映画というのかロシア映画は、タルコフスキー監督を除いてあまり好きではありません。何か宣伝映画ぼっくて。でも、ここ数年、少し変わって来たような気がします。例えば、このブログでも紹介した「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」等明らかに観客を楽しませようとする意図がはっきりしていて昔の作品と違う世代が出て来ています。この作品もそういう世代の監督だと思います。

映画は、1941年冬、独軍バルバロッサ作戦で壊滅したソ連軍防衛線、その敗残兵5名がある農家に到着します。その農家は独軍が仕掛けたブビートラップをかわす。妊婦の衛生兵を残して4名の兵士が別の農家に食料調達に出掛けた時、東部戦線で伝説になっている"赤い亡霊"と呼ばれる狙撃兵を殺害するために派遣された独軍偵察小隊20名余りが到着するのだつた…

こう書くと大体どうなるか理解できると思いますが、この新鋭アンドレイ・ボガティレフ監督、意外と上手くさばいていくんです。中々の力量だなと。味わいが、褒め過ぎかもしれませんがクウエンティン・タランティーノとよく似ています。そう「レザボア・ドッグス」あたりの。だから、こんな邦題を付けたと思いますが。そしてマカロニ・ウェスタンの味わいも…

冒頭のエピソードとラストのエピソードも効いています。脚本も監督自身が描いています。英語がそこそこ喋れれば、ハリウッドに行った方が良いかもしれません。そして、良い脚本に当れば大ブレークするかもしれません。

 

モシナガンM1891/30 3.5xスコープ付き狙撃銃が大活躍する映画が好きな貴方、この作品は、貴方を決して失望させないと思います。     八点鍾

 

f:id:wedplain:20211215094008j:plain

f:id:wedplain:20211215094026j:plain

f:id:wedplain:20211215094044j:plain

f:id:wedplain:20211215094151j:plain

こいつがなかなか良いんです

www.nazisbusters.com