レタントンローヤル館

主に映画のお話

「アンナ・オズ」迷宮の都ヴェネチアはミステリー、ホラーが良く似合う…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「アンナ・オズ」(1997)です。

f:id:wedplain:20211222094011j:plain

監督がエリック・ロシャン、前作「哀しみのスパイ」、イスラエル情報機関モサドを描いた作品で中々面白かったので、次作を期待して見たわけですが、解かり辛い作品でした。映像はなかなか美しく、シャルロット・ゲンズブールもとても良いのですが。

映画は、アンナ(シャルロット・ゲンズブール)はパリのアパートで寝ているのだが、そこはヴェネチア、運河の前の美術館で一人の男が絵画を盗む夢を見る。目が覚めると恋人マルクがいる。妙に生々しい夢だった。

再び夢の続きを見るアンナ、盗んだ男はアンナに黙っているように脅迫する。彼女のアパートに警察がやって来て、盗難時に何を見たのか話す様に言ってくる。彼女はパリにいたのに防犯カメラにはアンナの映像があると。何が何だかわからなくなるアンナは、やがて別の夢を見始めて…

判り辛い作品ですが、私は3回見てようやく理解出来ましたが、タルコフスキー作品とは違う難解さで、意外に面白い映画だと思いました。悪くはありませんが、やはり前作の「哀しみのスパイ」とか、ヴェネチアを舞台にした作品であれば「赤い影」の方が良かったように思います。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。    八点鍾

f:id:wedplain:20211222094155j:plain

f:id:wedplain:20211222094210j:plain

f:id:wedplain:20211222094228j:plain

f:id:wedplain:20211222094242j:plain

f:id:wedplain:20211222094304j:plain

哀しみのスパイ

 

wedplain15.hatenablog.com

www.youtube.com