レタントンローヤル館

主に映画のお話

「ハンターキラー 潜航せよ」米海軍バーニジア級潜水艦の活躍を描いた映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ハンターキラー 潜航せよ」(2018)です。

f:id:wedplain:20211229110401j:plain

米海軍バーニジア級潜水艦アーカンソーが活躍する潜水艦映画です。潜水艦映画って、結構良い作品があります。「眼下の敵」「深く静かに潜航せよ」「レッドオクトーバーを追え」このブログでは傑作「Uボート」を紹介しています。

映画は、ロシア、コラ半島近くのバレンツ海でアクラ級原潜を追尾していた米海軍原潜タンパベイが消息を絶つ。米海軍は直ぐにジョー・グラス艦長(ジェラルド・バトラー)が指揮を執る、救難艇を装備したバーニジア級攻撃原潜USSアーカンソーを派遣する。

アーカンソーが現場に到着し、沈没したタンパベイを調査していると魚雷に狙われるがアーカンソーは上手くかわして、反対に魚雷を発射したアクラ級原潜を攻撃する。それとは別に沈没したアクラ級原潜からアンドロポフ艦長を救出する。

ムルマンスク近くのポリャヌイ基地では、ロシア大統領がドゥーロフ国防相にクーデターで拘束されており、それを察知した米海軍フィスク少将は、Navy Sealチームをポリャヌイに派遣するのだった…

ノンビリと鑑賞する分には、まあ良く出来た潜水艦映画ですが、何というNavy Sealチームと潜水艦側との話の合わせ方がギクシャクして、何か今一つのように感じます。何か荒唐無稽で…でも、久々の潜水艦映画なので、顔がほころんだのは事実ですが。

特に、ムルマンスク・フィヨルド、機雷、音響装置、音響機雷等が仕掛けられた水路を原潜アーカンソーが潜り抜けてポリャヌイ基地に辿り着くシーンは俊逸です。うーん、美しいです。

ジェラルド・バトラーは、この手のアクション映画には欠かせない俳優になっていると思います。この作品でも頼もしい艦長を演じています。監督はドノヴァン・マーシュ、前述したようにもう少しホンが良いとさらに良かったと思います。

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。      八点鍾

f:id:wedplain:20211229110432j:plain

f:id:wedplain:20211229110451j:plain

f:id:wedplain:20211229110508j:plain

f:id:wedplain:20211229110526j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com