レタントンローヤル館

主に映画のお話

「犬ヶ島」ウェス・アンダーソン監督による日本を舞台にしたストップモーションアニメ作品ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「犬ヶ島」(2018)です。

f:id:wedplain:20220106160703j:plain

近未来の日本が舞台。ウニ県メガ崎市で犬の伝染病が発生し、小林市長は犬をゴミ島へ隔離する。犬達はゴミ島でゴミをあさりながら生き永らえている。ある時小林市長の養子の小林アタリが飼っていた犬スポッツを捜すために小型飛行機で島を訪れるのだが…

 

苦手なウェス・アンダーソン監督作品です。実を言うとロバート・アルトマンも苦手なんです。勿論「マッシュ」「ギャンブラー」「ロング・グッドバイ」「ゴスフォードパーク」等見ていますが、一番好きなのはミステリー色が強い「ゴスフォードパーク」かな。

ウェス・アンダーソン監督は、もっと苦手でこの作品しか見ていません。予告編見るだけで、勘弁して欲しいと感じてしまいます。でも、この作品、日本を舞台にしたストップモーションアニメなのでとても良かったと思います。ですがメリハリのない作風なんかあまりね…

じゃーなんで見るんだよ?と言われそうなんですが、実は、最近彼の新作「フレンチ・デイスパッチザ・リバティー」の予告編を見てなかなか良さそうなので、どうして購入したか良く分かりませんが、ライブラリーにこの「犬ヶ島」BD版があり、勉強の為にと鑑賞したら、なかなか良く日本文化が皮肉たっぷりに描けていたのでアップした次第です。

でも、声の出演者のお歴々を見ると、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ハーヴェイ・カイテル、スカーレット・ヨハンソン、ティルダ・ウィントン等凄い人達で私には分からないが、ハリウッドの人達には何がしかの魅力があるのでしょう。

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。   八点鍾

 

最後にもう一つ、私どちらかと言えばネコ派なので。ほら、レイモンド・チャンドラー、ヘミングウェイ、大佛次郎もネコ派ですよね…

 

f:id:wedplain:20220106160742j:plain

f:id:wedplain:20220106160759j:plain

f:id:wedplain:20220106160814j:plain

f:id:wedplain:20220106160833j:plain

 

www.youtube.com

www.youtube.com