レタントンローヤル館

主に映画のお話

番外編 2022年度アカデミー賞に思う…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日はアカデミー受賞結果について、その雑感を記したいと思います。

今年は期待の濱口監督「ドライブ・マイ・カー」がノミネートされ、私達にとってもアカデミー賞が身近に感じられるので取り上げてみました。

このブログではあまり取り上げません。よその国で行われる映画祭のその結果にヤンヤン言っても始まりませんし、米国アカデミー賞は会員の人気投票なので、意外な作品が受賞する場合があります。

例えば、皆さんは1969年作品賞監督賞を受賞したキャロル・リード監督「オリバー」という映画ご存知ですか? このように映画史の彼方に埋没している作品が多いのです。

今年は、「ドライブ・マイ・カー」が国際長編映画賞をとり大成功だったと思います。作品賞が取れなくて残念がっている人もいるかもしれませんが、町山智浩氏によれば韓国映画「パラサイト」は作品賞受賞するために色々と裏工作したことが判明しています。だって、よその国で作品賞を受賞するためには、あの手この手を使わないとネ。

今回、そんな時間も裏工作するような時間もなかったと思います。映画祭はお祭りだから、受賞した作品が偉い訳でもありませんしネ。

個人的には、ジェシカ・チャステインさんが主演女優賞を受賞した事がとても良かったと思っています。これからも色々な役を演じて欲しいと思います。    八点鍾

 

濱口竜介監督 アカデミー国際長編映画賞受賞おめでとうございます。

ジェシカ・チェステインさん アカデミー主演女優賞受賞おめでとうございます。

 

Ms.Jessica Chastain

Congratulations on winning the Academy Award for Best Actress !

I'm a movie fan in Japan. I really like the movie you star in. I am looking forward to the next movie "The Eyes of Tammy Faye".  Thank you.

                      うーん、とても美しいです

                                       ご存知ですか?  この映画