レタントンローヤル館

主に映画のお話

「インフィニット 無限の記憶」アントワン・フークア監督版「ハイランダー 悪魔の戦士」ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「インフィニット 無限の記憶」(2021)です。

映画は、前世の記憶を持ち続ける特殊な人々"インフィニット"は、二つの勢力に分かれていた。人類の為にその能力を使用するビリーバーとそうでは無いニヒリストと。エヴァン(マーク・ウォールバーグ)は悪夢に悩まされていた。職にも就かずにぶらぶらしていたが、日本刀を鍛え上げる能力を持ちそれで鎮痛薬を得ていたが、ある時警察の違法薬物取引容疑で逮捕される。取調室でニヒリストのバサーストの攻撃を受けるが、ビリーバーのノーラに助けられる。二人はビリーバーの隠れ家に逃げ込み、エヴァンは自分がビリーバーで、エッグと呼ばれる装置で人類を滅亡させるニヒリスト達と戦う運命にあることを悟るのだった…

あの「ザ・シューター/極大射程」のアクション派フークア監督によるSFファンタジー映画です。だから、結構面白い作品になっています。

でもね、これって私の大好きなB級SFアクション「ハイランダー 悪魔の戦士」と設定が良く似ているのでとても嬉しくなってしまいます。勿論、こちらの方がビッグバジェットで、アクションもテンコ盛りで。特にC-17輸送機の内外で日本刀で大立ち回りするのには驚きますが。まあ、お馬鹿映画と言ってしまえばそれまでですが。

後、この作品で驚くのは、特殊バギーCAN-AM マーベリックX3マックスターボがチラリと登場するのが良いですね。他にフェラーリ・テスタロッサ、アストンマーテインDBSですね。車好きの方は楽しいかもしれません。

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。      八点鍾

 

追記 私はこの作品より「ハイランダー 悪魔の戦士」の方が好ましいと思います。だってB級ティストたっぷりですから。

 

wedplain15.hatenablog.com

www.youtube.com

www.youtube.com