レタントンローヤル館

主に映画のお話

「トロン レガシー」前作「トロン」の28年ぶりの続編ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「トロン レガシー」(2010)です。

1982年に製作された「トロン」は世界で初めてGCを導入した映画でした。そんなに驚きはしませんでしたが、そういう時代になったんだと当時感じました。どちらかと言えばCGで作られた恐竜、「ジェラシックパーク」には驚きましたが。

この「トロン レガシー」は、プロットそのものはあまり変わり映えしませんが、そのCGが、前作と比較すると物凄い進化を感じることが出来ます。本当に凄いと思います。オリジナルを越えた続編と言っていいと思います、但しCGだけですが。

映画は、エンコム社CEOケヴィン・フリン(ジェフ・ジリェジス)が失踪してから約20年、息子サムはその行方を捜していた。父の友人アランが父からポケベルにメールを受け取ったと言い、そのゲームセンターに向かう。そこで、彼は偶然にもコンピュータ内の仮想空間グリッドに取り込まられてしまう。そのグリッドには父フリンが生存しており、父の力を借りてサムは、そのグリッドから抜け出そうとするのだが…

前作のCGは主にライトサイクルというオートバイでのゲームシーンだけでしたが、この作品では、まずグリッドの描写が大掛りでもの凄くて、勿論ライトサイクルのシーンも素晴らしく、おまけにCGシーンの多くはIMAXになっており、迫力が全く違います。ライトジェット、ソーラー・セーラーも追加されて、CGシーンはかなり見応えはありますが、プロットそのものが変わり映えしないのが欠点と言えば欠点ですが、そのCGシーンの迫力に鑑賞中は気になりません。

監督はジョセフ・コシンスキー、あの「トップガン マーベリック」の監督なのでがっちりと纏め上げています。キャストはジェフ・ブリッジス、オリビア・ワイルドが光っています。

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。          八点鍾

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com