レタントンローヤル館

主に映画のお話

「ディパーティド」香港映画のリブートですが、とてもリアルなノワールスリラー…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ディパーティド」(2006)です。

ボストン南部のマフィアのボス、コステロ(ジャック・ニコルソン)は目をかけていた同じアイルランド系ビリー(マット・デイモン)を警察学校に送り犯罪情報を得ようと企んでいた。ボストン警察も又コステロマフィアを壊滅させるためにビリー(レオナルド・ディカプリオ)を送り込み、コステロ一味を一網打尽にすべく罠をめぐらすのだが…

監督は、巨匠マーティン・スコセッシ、SF映画以外どんなジャンルでも巧みにこなす米映画界の至宝と言っても過言ではないでしょう。

この映画は、香港映画「インファナル・アフェア」のリブート作品、私はオリジナルを見ていませんが、多分設定を借りているだけではないでしょうか? 

こちらは米国ボストン南部に場所を移して、ボストン警察内部、人物描写、犯罪描写等をリアルに描き込んでいるので、とても見応えのあるノワールスリラーになっています。特にスコセッシ監督得意のジャンルなので、サスペンスたっぷりに出来ています。

主役二人、マット・デイモン、レオナルド・ディカプリオは勿論のですが、脇役のジャック・ニコルソン、マーティン・シーンもとても良く、加えてマーク・ウォールバーグとヴェラ・ファーミガが素晴らしい。

この映画、最初に見た時ラストに驚きましたが、今回はこういう風にしないとやはりマズいよねと納得した次第。

でも、この作品を見ていて思ったことは、あの「トラフィック」を鑑賞した時に感じた気持ち、米国ではもう潜入捜査を行わないと、組織暴力と戦えないということ。とてもディスペレート(絶望的)な世界、まるで世紀末のようで…

日本で生まれてよかったなと。

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。          八点鐘

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com