「誰かに見られている」リドリー・スコット監督の映像と音楽に凝ったちょっと贅沢なサスペンスミステリー・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「誰かに見られている」(1987)です。

f:id:wedplain:20200823144125j:plain

IMDb

巨匠リドリー・スコット監督の小品ですが、映像と音楽に凝ったサスペンスミステリーです。「レジェンド」と「ブラック・レイン」の間に製作された作品で、時にはこういうシックで趣味の良い贅沢な映画を・・・

 

ストーリーは、友人がヴェンザに刺殺されたのを目撃したクレアを警護するNYPDのマイクは、クレアに惹かれはじめ、クレアも彼のことが気になるのだった。

ヴェンザは殺し屋を雇い、クレアを殺そうとするが、殺し屋は反対にマイクに殺される。仕方なく、ヴェンザはマイクの家族を拘束し、クレアをおびき出し殺そうとするのだが・・・

主演は「プラトーン」でブレークしたトム・ベレンジャーとミミ・ロジヤーズ。

 

ニューヨーク、クライスラービルの夜景を背景にスティング「サムオン・ツー・ウォッチ・オーバー・ミー」の歌がかぶさる素敵なプロローグ。

ミミ・ロジャーズ演じるクレアはまるで「ブレードランナー」のレイチェルのようにエレガント、その彼女が住んでいる超高級コンドミニアムもとてもリッチでゴージャス。

ヴェンザは時にエイリアンのようにも見え、サウンドトラック「ラ・ウリー」「メモリー・オブ・グリーン」「煙が目に沁みる」「ラクメ、フラワーデュエット」の使い方もとても上手い。

初期のスコット作品なので、画面には、特徴的なスモークと水面の反射光が多用されて懐かしい限り。

 

エンドクレジットに、ロバータ・フラック「サムオン・ツー・ウォッチ・オーバー・ミー」が流れてくる。エイリアンシリーズの様なビッグバジェットも良いが、こういう作品もとても上手い。あの「デュエリスト/決闘者」の様に。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。        八点鍾

 

f:id:wedplain:20200823144218j:plain

f:id:wedplain:20200823144300j:plain

f:id:wedplain:20200823144326j:plain

f:id:wedplain:20200823144356j:plain

f:id:wedplain:20200823144422j:plain

f:id:wedplain:20200823144449j:plain

f:id:wedplain:20200823144517j:plain

f:id:wedplain:20200823144537j:plain

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com