「マラソンマン」アベベ選手を尊敬する学生ベーブ(マラソンマン)に立ちはだかる男 「安全かね?」・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「マラソンマン」(1976)です。

 

f:id:wedplain:20200806150359j:plain

IMDb

原作ウィリアム・ゴールドマン、監督ジョン・シュレシンジャーのこの映画、大変素晴らしいノワールスリラーだと思います。こちらは、ナチ戦犯は出てきますが、マンハントスリラーではなく、この映画の美点は、ディテールだと思っています。

 

ベトナム戦争で勝利を得られなかった米国、国家として人としてのモラルも荒廃し、当時NY市は財政破綻、だから街は汚く荒れ、年老いたドイツ人は貸金庫から何やら怪しげなものを別の人に渡す、そのドイツ人とユダヤ人のあおり運転、殺伐とした人間達、二人ともタンク車に激突し焼死。TVでは、ドイツ人は戦犯ゼルの兄とか。

 

コロンビア大学の学生ベーブ(ダスティ・ホフマン)はアベベ選手を尊敬している、兄(ロイ・シャイダー)は実業家して活躍しているが、パリでは謎の東洋人にワイヤーロープで殺されそうになる。が、東洋人を反対に殺害する。ベープは、図書館でエルザ(マルト・ケラー)と知り合い、愛し合うようになる。

 

ウルグアイに幽閉されていた戦犯ゼル(ローレンス・オリビエ)は、洗濯女に化けて米国に渡る。兄はニューヨークでゼルと会うが、ゼルの仕込みナイフで殺されてしまう。

兄の友人が、犯人を捕まえるため、組織が君に接触するので囮として協力してくれないかと言われ、ベーブは協力することに・・・

 

映画には、前述した以外にレッドパージ、公害デモ、空港荷物スト、健康増進のマラソン、ニューヨーク治安悪化等至る所に描かれており 、こういうディテールが映画のプロットを、それそのものはそんなに凝ったものではないですが、分厚くしています。

 

もう一つ、ローレンス・オリビエによる悪役ゼルの存在が不気味です。映画に出て来るオリビエってあまり感心することありませんでしたが、この作品のこの悪役ゼルは本当に素晴らしい。元歯科医なのでホフマンの歯をドリルを使用して拷問するシーン、ダイヤモンドストリートと呼ばれるマンハッタン四十七丁目を歩き回るシーン等とても存在感があります。

 

最後、ホフマンとセントラルパーク排水処理場で対決するシーン、

「ダイヤを呑み込め」と言われ、呑み込む時の古典的な演技、本当に驚きます。

撮影はコンラッド・ホール、印象的な音楽をマイケル・スモールが担当しています。

 ゴールドマンは、この作品の続編を執筆しています。「ブラザーズ」と言い、死んだはずの兄が死んではいなくて、又活躍するストーリーだったと思います。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。      八点鍾

 

f:id:wedplain:20200806150458j:plain

f:id:wedplain:20200806150555j:plain

f:id:wedplain:20200806150654j:plain

f:id:wedplain:20200806150742j:plain

f:id:wedplain:20200806150832j:plain

f:id:wedplain:20200806150936j:plain

f:id:wedplain:20200806151009j:plain

f:id:wedplain:20200806151041j:plain

f:id:wedplain:20200806151109j:plain









 

 

 

 

「死霊館のシスター」死霊館シリーズのスピンオフ作品ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「死霊館のシスター」(2018)です。

f:id:wedplain:20200805102757j:plain

IMDb

梅雨が明け、ようやく夏らしさが戻ってきましたので、暫くの間、ホラー映画も少しづつご紹介したいと思います。

 

ルーマニアの修道院での映画になります。ルーマニアと言えば、その昔マイケル・マン監督の異色ホラー映画「キープ」(1983)がありました。吸血鬼を題材にした映画ですが、それは又別の機会にして、今回は死霊館シリーズで。

 

映画は、ルーマニアの聖カルタ修道院で尼僧が自殺するところから始まります。フレンチという現地の若者がその死体を発見し、報告を上げたことからバチカンに伝わり、二人の聖職者が現地に派遣され、調査することになります。ちょっと、私の好きな「エクソシスト2」と同じようなストーリーなので嬉しくなります。

 

修道女アイリーン(タイッサ・ファミーガ)とバーク神父(デミアン・ビチル)は、ルーマニアでフレンチと会い、修道院に向かい、亡くなった尼僧を埋葬し、修道院に宿泊し、調査を監視する。オアナ尼僧から大戦中の爆撃で地獄の扉が破損して、ヴァクラが復活したことを聞く。二人の使命はヴァクラの再封印なのだが・・・

 

監督はコリン・ハーディと言う新鋭ですが、演出スタイルはジェームズ・ワンそのもの。彼のスタイルを上手く自分のものにしています。まずまずの仕上がりで、興行成績もよかったので続編が作られることでしょう。

 

個人的には、もう少しルーマニアの歴史、風景、山脈、古い修道院、古城、森林、村落と重みのある脇役が欲しかったように思いますが、例えばスコット・グレン辺り参画していたら思う次第。更にもう少しアグレッシブな音楽もあればさらに良かったと思います。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。         八点鍾

 

f:id:wedplain:20200805102856j:plain

f:id:wedplain:20200805102921j:plain

f:id:wedplain:20200805102954j:plain

f:id:wedplain:20200805103020j:plain

f:id:wedplain:20200805103050j:plain

f:id:wedplain:20200805103119j:plain

f:id:wedplain:20200805103145j:plain

キープ(1983)

 

「オデッサファイル」フォーサイス原作 ナチ戦犯・マンハントスリラー・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「オデッサファイル」(1974)です。

 

f:id:wedplain:20200804083745j:plain

IMDb

「ジャッカルの日」で名を上げたフレデリック・フォーサイスの次作が、この作品になります。「ジャッカルの日」は、OASに雇われた殺し屋ジャッカルによるド・ゴール大統領暗殺をパリ警視庁ルベル警視がいかに防ぐかという一本調子のストーリですが、大変面白い小説でした。

 

対して、この「オデッサファイル」は、エジプトの対イスラエルミサイル兵器開発、イスラエル諜報機関、ユダヤ人収容所から生き残ったユダヤ人問題、ナチ戦犯支援組織(オデッサ)、サイモン・ウィーゼンタール、主人公ピーターの戦死した父親、これにケネディ大統領暗殺が絡み、なかなか重層なプロットに仕上がっています。

 

個人的には、色々な要素が絡み合ったプロットが好きなんです。だから、久しぶりに鑑賞したら、大変楽しめました。そりゃ、巨匠フレッド・ジンネマンの前作には及びませんが、丁寧に作られたこの作品、公開当時も余り高い評価を得ることはありませんでしたが、「ポセイドンアドベンチャー」をヒットさせたロナルド・ニーム監督、正統派サスペンスタッチでなかなかの腕前を見せてくれます。

 

この作品、ユダヤ人問題ではなく私怨なのです。物語の鍵は、ロシュマン(マクシミリアン・シェル)がリガの港で射殺する国防軍大尉、柏葉付騎士鉄十字章者、このエピソードが後になって効いてくるのです。

 

原作好きな人は、どうしてピーター・ミラー(ジョン・ボォイト)がジャガーXK150Sでなく、メルセデス220Sカブリオレを乗り回すんだという方もいるかもしれませんが。そんなに大きな問題ではないと思います。なかなか良いチョイスだと思います。

 

原作のラストのみ改変することで(ピーターがイスラエル情報部に拘束されるまでが長いこと、ラスト原作ではロシュマンはピーターに殺されることなく逃亡するが)、うまく纏めていると思います。

 

次作「戦争の犬たち」は、原作を大きく改変したので、特に前半、戦争準備のプロセスを省略したので、フォーサイスファンは落胆したことでしょう。日本未公開「第四の核」を除いて以後、彼の小説は映画化されることはありませんでした。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。    八点鍾

 

f:id:wedplain:20200804083946j:plain

f:id:wedplain:20200804084050j:plain

f:id:wedplain:20200804084119j:plain

f:id:wedplain:20200804084207j:plain

f:id:wedplain:20200804084242j:plain

f:id:wedplain:20200804084320j:plain

f:id:wedplain:20200804084351j:plain

f:id:wedplain:20200804084427j:plain

f:id:wedplain:20200804084451j:plain

本当はこの車種になりますが・・・









 

「刑事キャレラ 10+1の追撃」ニース、キャレラ刑事、S&Wミリタリー、フレンチハードボイルド・・・

 レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「刑事キャレラ 10+1の追撃」(1971)です。

 

f:id:wedplain:20200803092932j:plain

IMDb

この作品は、エド・マクベイン「87分署シリーズ  10+1」をフランス、ニースに置き換えて映画化されたものです。キャレラ刑事をジャン・L・トランティニアンが演じます。監督は新鋭フィリップ・ラブロ。

 

ニースで連続狙撃事件が発生する。22口径消音付きライフル銃で女優サンドラ(ドミニク・サンダ)の継父フォレストが狙撃される。続いてホテルのプールで男が眉間を撃ち抜かれる。

 

翌日、星占師クラインベルグ(エリック・シーガル)が狙撃され絶命する。クラインベルグはスイス人で、殺された二人の男の投資サービスをしていた。キャレラは、殺されたフォレストのカバンから、手帳を発見し、その手帳に書かれた電話番号に少し前、一緒に休暇を楽しんだ恋人ロッカ(カルラ・グラビナ)を見つける。

 

彼女を自宅に呼び、色々尋ねると殺された男達は大学の同窓だという。が、彼女がキャレラの部屋を出ると、狙撃され絶命する。キャレラはライフルスコープの反射を確認するや否や、狙撃犯目掛けて2発発射するが、犯人に逃げられてしまう。

やがて、サンドラがから意外な事実を知るキャレラだったが・・・

 

「男と女」でブレークしたトランティニアンの活躍が凄かった。「殺しが静かにやって来る」「女性上位時代」「Z」「暗殺の森」「流れ者」「狼の天使の匂い」「離愁」「フリックストーリー」等主演作が目白押しでした。

 

この作品はとても良く出来ていましたが、小品だった為あまり知られていません。

レイモンド・チャンドラーに心酔しているラブロ監督のタッチもよろしく、

冒頭、レイモンド・チャンドラーからの引用で、

"我々は真実を追求する男の物語を書いている。主人公は冒険を避けることが・・・"

これだけでこの作品を期待してしまいます。

S&Wミリタリーを右手に持ち、ピーンと伸ばして、左手の親指をズボンに入れてバランスを取る射撃スタイルもハリウッド製ポリスアクションに比較して、何となく優雅でカッコ良く、加えて、恋人ロッカに、私に用があればこの笛吹いてと「脱出」のローレン・バコールの様な演技をさせるのも興味深い。

音楽は、先ほど亡くなられたマエストロ エンニオ・モリコーネ。そうそう、イタリアの女優、ラウラ・アントネッリも結構重要な役で出ています。

 

今でも時々鑑賞するお気に入り映画です。このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。

                              八点鍾

 

www.youtube.com

 

f:id:wedplain:20200803093026j:plain

f:id:wedplain:20200803093059j:plain

f:id:wedplain:20200803093140p:plain

f:id:wedplain:20200803093217j:plain

f:id:wedplain:20200803093239p:plain

f:id:wedplain:20200803093313j:plain

f:id:wedplain:20200803093341j:plain

f:id:wedplain:20200803093412j:plain








 

 

番外編 コロナ感染が映画業界に及ぼす影響・・・

 レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日はコロナの影響について私なりの意見を少しばかりお話したいと思います。

 

今週の金曜日、私用で名古屋駅前に出掛け、時間が出来たので「透明人間」を鑑賞しました。自宅で見る映画も良いですが、週に一度くらいは映画館に行きたいので、やはり禁断状態になるので、6月初めぐらいからポツポツと映画館に行っています。「アドリフト」「アンチグラビィティ」「教授のおかしな妄想殺人」等など。

 

今までですと、大体普通の日であれば、収容人数の半分ぐらいだったと記憶していますが、今回は3人でした。現在、三密を避けるために敢て人が少ない回を狙って行っていますが、3人とは・・・

 

この状態だと、ホント映画館は無くなってしまいますね。まあ、自宅で鑑賞できるから無くなってもいいやと考えたこともありますが、やはり、7~8分の入りで観客の皆さんとみる映画が懐かしく思うのは私だけでないと思います。

 

9月の中頃、ノーラン監督「テネット」が公開されます。ノーラン監督は監督名で観客を呼び込める方なので、この時は、ウィークエンドに鑑賞して、色々と確認したいと考えています。

ノーラン監督の新作で入りが駄目な場合、残念ですが、映画館の存続は難しいのでは。自宅のホームシアター、大したものではありませんが、の設備のさらなる充実を財務大臣に陳情するしかないのかな・・・

うーん、難しいな・・・

 

「透明人間」ベトナムで見て、再見しましたが、とても良い映画です。BD発売されたら、私のライブラリーに思ったのと、もう一つ、自宅で鑑賞する時モニターはかなり明るく鑑賞できますが、今回、スクリーンの照度がかなり暗いことに気付きました。目が衰えてきたのでしょうか? ベトナムではもう少し明るかったように記憶していましたが・・・

 

うーん、齢はとりたくないですね。「ローマ」の登場人物の苦い辛い思い出はありませんが、こちらは進行形の小さな恐怖感が・・・           八点鍾

 

 

wedplain15.hatenablog.com

 

f:id:wedplain:20200802162219j:plain

f:id:wedplain:20200802162246j:plain

f:id:wedplain:20200802162339j:plain

 

追記

スチールは何れも「テネット 」からですが、最新のトレーラーですと、第三次世界大戦を防ぐとか、あらあらそんなにたいそうなことを言ってしまうと・・・でも、期待しています。

 

「マイル 22」マーク・ウォールバーグ+ピーター・バーグ監督の愛国チーム見参・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「マイル 22」です。

f:id:wedplain:20200802080916j:plain

IMDb

サイトでは、やはり芸術の芳香より硝煙の香りの方がずっとに合っていると思います。既定路線の通りマーク・ウォールバーグ+ピーター・バーグ監督のコンビで、米国の敵を血祭りにあげるアクション路線に進路を取りたいと思います。この作品では、マーク・ウォールバーグは、まるでジョン・ウェインかチャールズ・ブロンソンです。

 

映画は、冒頭、CIAの軍事外部局「グラウンド・ブランチ」が米国内にあるFSB(ロシア連邦保安庁)を急襲するところから始まります。作戦は上手くいったかに見えたが、隠し部屋にいたエージェントによって銃撃戦になり、FSBエージェントをすべて射殺する。

 

6ヶ月後、FSBアジトを急襲したシルバ(マーク・ウォールバーグ)は東南アジア、インドカー国でセシウムの回収作戦に従事していた上手くいっていなかった。

ある時、リー(イコ・ウワイス)と名乗る男が大使館に現れて、モバイルディスクにセシウムに関する秘密情報が入っている。俺を米国に亡命させてくれたら、モバイル情報のパスワードを教えると。但し、8時間経過するとその情報は自動消去される。

 

シルバとアリス(ローレン・コーハン)達は、22マイル離れた飛行場までチームを結成しリーを送り届けようとするが、インドカー国特殊部隊がリーを抹殺すべく襲ってくるのだが・・・

 

この作品、敵が白昼堂々と自動小銃で襲ってくるは、手榴弾は飛び交うはもう大変。

ピーター・バーグ監督だから中々迫力あって、乱射乱撃アクション一本槍ではちょっとね? と考えますが、でも退屈はしません。

 

リーを演じるイコ・ウワイスは、あの「レイド」のシラットの達人なので、バッタバッタと敵を倒し、ウォールバーグのHK416銃は唸り、同様にコーハンもDDM4 MK18銃のトリガーを引き続けます。

最近は、男性のみならず女性までも自動小銃を構えて、銃撃戦ですから大変です。これも少子化の影響でしょうか? バーグ監督「キングダム」のようにアパートでのアクションは今一つですが、全体に良く纏まったアクション映画になっています。

 

最後に、ちょっとしたどんでん返しがあり、この作品がまずまずの興行成績なので続編が出てきそう感じです。

 

ブログ作成にBD版を鑑賞しています。        八点鍾

 

f:id:wedplain:20200802081009j:plain

f:id:wedplain:20200802081041j:plain

f:id:wedplain:20200802081119j:plain

f:id:wedplain:20200802081151j:plain

f:id:wedplain:20200802081220j:plain

f:id:wedplain:20200802081245j:plain

f:id:wedplain:20200802081315j:plain









 

 

 

番外編 アラン・パーカー監督 追悼

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。アラン・パーカー監督が亡くなりました。謹んで追悼したいと思います。

 

「ダウンタウン物語」でデビュー、第二作「ミッドナイトエキスプレス」を鑑賞した時、物凄い監督が現れたと思いました。

80年代は「フェーム」「ピンク・フロイドのウォール」「エンゼル・ハート」「ミシシッピー・バーニング」と立て続けに問題作を世に出しました。本当に残念です。

                                八点鍾 

 

f:id:wedplain:20200801085600j:plain

ミッドナイトエキスプレス

f:id:wedplain:20200801085643j:plain

                 フェーム

f:id:wedplain:20200801085720j:plain

f:id:wedplain:20200801085815j:plain

エンゼルハート

f:id:wedplain:20200801085847j:plain

ミシシッピー・バーニング