「セレンディピティ」幸せな偶然とは・・・ところで"暴力脱獄"って好き?

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「セレンディピティ」(2001)です。

 

"ボーイ・ミーツ・ガール"の定石通りの良く出来たラブロマンス物です。でも、それだけでは面白くありません。そのスパイスが"セレンディピティ"なのです。セレンディピティとは映画の中では、"幸せな偶然"と訳していましたがその通りです。

 

クリスマス前のNY、ブルーミングデールズで男(ジョン・キューザック)と英国女性(ケイト・ベッキンセイル)は残り一個の黒い手袋をめぐり知り合い、セレンディピティ3というカフェでお茶をしながら互いに惹かれていく。その会話の中で、女は聞く。

「好きな映画は?」

「暴力脱獄(Cool Hand Luke)」と男は答える。

「なにそれ?」

「ポール・ニューマンが出ている。傑作だぜ」

それからしばらくあって、男が名前を尋ねると、女は持っていた「コレラの時代の愛」の本に名前と電話番号を書いて古本屋に売り、男も持っていた5ドル札に名前と電話番号を書き、それらが自分に戻ってきたら本当の運命ねと言いつつ、二人は別れる。

数年後、男はジョナサンと言い記録映画監督になっていた。英国女性はサラで、西海岸でカウンセラーをしており、二人とも結婚がまじかに迫っていたが、あの時が忘れられなく、ジョナサンは彼女のレシートから彼女の名前と電話番号を、サラも雨宿りしている時に見た「暴力脱獄」のポスターを見て、神の啓示と思い、彼を捜し始める・・・

 

結構、笑えます。まず、あの「暴力脱獄」が笑えますよね。そして、マルケスの「コレラの時代の愛」というのも笑えますよね。

ということでとても良く出来たNYを舞台にしたラブロマンスになっています。ケイトは今でも美しいですが、この時は若い分だけよりチャーミングに見えます。

 

クリスマスには一番の映画でしょう。又、何回見ても楽しい映画だと思います。でも、「暴力脱獄」がキーになっているなんて。楽しいです。

「暴力脱獄」は好きですか?

もちろん、でもこの映画を見る前に、やはり「暴力脱獄」を見て欲しいと思います。ゴツゴツとした映画ですが、良く出来ていますので。マゾっけのある人には最適かも。

監督はピーター・チェルソム、脚本はマーク・クライン。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。    八点鍾

 

f:id:wedplain:20200527104650j:plain

IMDb

f:id:wedplain:20200527104742j:plain

f:id:wedplain:20200527104844j:plain

f:id:wedplain:20200527104946j:plain

f:id:wedplain:20200527105020p:plain

f:id:wedplain:20200527105056j:plain

f:id:wedplain:20200527105124j:plain

f:id:wedplain:20200527105152j:plain

f:id:wedplain:20200527105242j:plain

f:id:wedplain:20200527105318j:plain

f:id:wedplain:20200527110158j:plain

こちらは暴力脱獄から

onthesetofnewyork.com

上はNY 映画ローケーションのサイトです。興味のある方はアクセスしてください。

 

 

 

 

「ナイトマネジャー」ル・カレ原作のサスペンススリラー、とても良く出来たTVミニシリーズ、リンペット作戦とは・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する作品は「ナイトマネジャー」(2016)です。

 

ジョン・ル・カレ原作のこの作品「ナイトマネジャー」は、彼の作品の中では異質の作品だと思います。それは、大富豪の武器商人対英国情報部員がストーリの骨格になっているからです。

他の作品では、ソ連情報機関、パレスチナゲリラ、ロシアマフィアなどが主人公に敵対するわけですが、この作品は違います。大富豪の武器商人が主人公に敵対するわけです。彼はスペインのマヨルカ島に広大を敷地を持ち、メルセデスSクラス、レンジローバー、ビジネスジェット、ヘリコプター、スピードボートを所有し、美貌の妻、有能な部下、ボディーガードに囲まれて、政界に顔が利くばかりか、英国情報部にもコネがある。

だから、この作品が発表された時、ちょうどソ連が崩壊した直後だったからこういう作品になったと思いますが、心無い人はジェームズ・ボンドが出て来た方が良いのでないかと揶揄していました。

でも、ル・カレが創作すれば、荒唐無稽なアクション物ではなく、武器商人のえげつない世界と一部汚職にまみれた英国情報局をリアルなタッチで描くわけです。

 

原作では、湾岸戦争直後のストーリを"アラブの春"からシリア内戦に場所を変えて上手く舞台を変えて、再構築しています。

カイロのネフェルテイティホテルのナイトマネジャーをしていたジョナサン(トム・ヒドルストン)ある女性を保護しますが、武器密売の情報をリークしたため、武器商人ローパーに殺害される。英国情報局の部外局のアンジェラ(オリヴィア・コールマン)のリクルートを受け、ローパーの組織に侵入する。作戦名はリンペット、MI6にはローパーの内通者がおり、リンペット作戦を妨害し始めるのだが・・・

 

TVミニシリーズにしては大変良く出来ています。こういうウェルメイドのサスペンススリラーは大歓迎です。敵は難民キャンプに食料を運ぶ傍らその裏では非合法の武器売買を行う悪知恵にたけた最低の人間です。そいつをジョナサンが叩き潰すわけですから面白くないわけがありません。監督はスサンネ・ピア、女性です。

 

出演者は皆素晴らしく、特にアンジェラを演じたオリヴィア・コールマンが素晴らしいと思います。

機会があれば、ぜひ鑑賞して頂きたく思います。第8話迄と長いですが、あっという間に鑑賞出来てしまうと思います。                 八点鍾

 

f:id:wedplain:20200526112015j:plain

IMDb

f:id:wedplain:20200526112052j:plain

f:id:wedplain:20200526112116j:plain

f:id:wedplain:20200526112134j:plain

f:id:wedplain:20200526112223j:plain

f:id:wedplain:20200526112255j:plain

f:id:wedplain:20200526112329j:plain

f:id:wedplain:20200526112357j:plain

f:id:wedplain:20200526112426j:plain

f:id:wedplain:20200526112505j:plain








 

「国家が破綻する日」韓国デフォルトについて知っている2、3の事柄・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「国家が破綻する日」(2018)です。

嫌Kの人が大好きな、大好きなファクト。そうです、1997年アジア通貨危機時に発生した韓国デフォルト、正確に言えばIMFによる韓国救済をテーマにした映画です。監督はチェ・グクヒ。

 

映画は、外資金融機関が韓国から投資を引き上げるところから始まります。

韓国銀行(日本でいえば日本銀行)通貨対策チーム長が、現在の返済繰り延べ等からデフォルトまで7日しかないと予測し奔走し始めますが、経済対策次官はIMFによる救済を考えている人達。

金融機関を辞めて、投資コンサルタントをして投資家と共にこの機会に、更に集金能力を磨こうとしている人達。

中堅企業の社長で、頑張って働いて会社を更に大きくしていきたいと考えている人達。

 

そして、上記3人の市民の目から判り易く通貨危機を描いています。IMFの救済を受け入れることで韓国経済が変貌していく様を描いています。そして、20年後の彼らを描いて映画は終わります。

 

この映画を見る限り、金泳三大統領周りには優秀な経済対策者はいないようで、通貨対策チーム長も労働者側に立っているだけで五十歩百歩。ただ、突然こんな大きな経済危機に襲われれば仕方ないと思うが。企業、財閥の返済繰り延べから予測は出来たように思いますが。

個人的には、20年後エピソードが興味深かった。皆逞しくなり、国家、人を信用しなくなった。そして、民間に下った元通貨対策チーム長は、再び国家の欺瞞に立ち上がるのだった。

 

韓国経済がIMF救済を受け入れた遠因は、外貨準備高の低さと与信の甘さと映画は説明していますが、それ以外にも、米軍の機密情報を中国側にリークしており、それに怒った米国が、外資を引き上げてIMF救済を受け入れさせた。且つ、日本側の援助も米国からの依頼で延期されたと日本のある韓国ウォッチャーは言っています。

 

映画では、デフォルト前当時1ドル800ウォン、外貨準備高108億ドル。現在は、1ドル1240ウォン、外貨準備高4000億ドル。少し前からじりじりとウォン安になっています。海外ウォッチャーによれば、韓国の外貨準備高はその経済規模にしては少なく、また正確ではないということ。つまり水増ししていると説明していますし、加えて、映画でも言っていますが、個人負債が多すぎると。

 

日本との関係は、ご存知のように良くないので通貨スワップは望めません。文政権には経済通は全くと言っていません。加えて、韓国の経済規模がかなり大きいのでもうIMFは介入できない。それ故、嫌Kの人達は楽しみに楽しみにしている訳です。

多分、落ち着くところに落ち着くと思います。多分、赤飯炊いて喜ぶのではと思いますが゛・・・

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。    八点鍾

 

追記 IMF専務理事にヴァンサン・カッセルが出ています。

 

f:id:wedplain:20200524111250j:plain

f:id:wedplain:20200524111342j:plain

通貨対策チーム長

f:id:wedplain:20200524111431j:plain

金融コンサルタント

f:id:wedplain:20200524111535j:plain

IMF専務理事 ヴァンサン・カッセル

f:id:wedplain:20200524111712j:plain

中堅企業の社長






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「トランセンデンス」人工知能に人間の意識をアップロードすると・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「トランセンデンス」(2014)です。

 

新しいタイプのSF映画と言っても良いでしょう。なかなか面白い映画になっています。監督はウォーリー・フィスター、撮影監督から初めて映画監督に挑戦、これが第一作になります。撮影監督の作品は、クリストファー・ノーラン監督作品、例えば「インソムニア」「バットマン・ビギニング」「インセプション」等があります。

 

AI計画PINN用の量子コンピュータを開発しているウィル(ジョニー・ディプ)は反テクノロジーを唱える過激組織RIFTに暗殺される。軽傷ですんだと思ったのも束の間、使用された弾丸にポロニウムが使用されており、ウィルは1か月余りでこの世を去る。

が、妻エヴリン(レベッカ・ホール)は、彼の意識をPINNにアップロードし成功する。

2年後、ウィルとエヴリンは荒野の小さな町に大きなAI用地下施設を建設し、ナノマシンを作り始める。

当局は、この組織の危険性を察知し、対応を考えるのだが・・・

 

コンピュータの反乱というテーマは、今までにありました。有名なところでは「2001年宇宙の旅」「地球爆破作戦」「マトリックス」「ターミネーター」があります。「2001…」を除いて荒唐無稽なアクションドラマですが、この作品は面白いところを描いています。監督が撮影監督出身なので凝りに凝った映像、AI用地下施設もとてもリアリティがあります。AIコンピュータと人間の恋愛ドラマの趣きもありますが、アクションの方に舵を切るのはハリウッド製だからだと思います。でも、抑制気味のアクションなので映画全体のバランスまで崩れてはいないと思います。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。           八点鍾

 

f:id:wedplain:20200523155012j:plain

IMDb

f:id:wedplain:20200523155049j:plain

f:id:wedplain:20200523155117j:plain

f:id:wedplain:20200523155142j:plain

f:id:wedplain:20200523155209j:plain

f:id:wedplain:20200523155230j:plain

f:id:wedplain:20200523155249j:plain

 

「裏切りの闇で眠れ」本格フィルムノワールと言いたいところですが、何かが違う・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「裏切りの暗闇で眠れ」(2007)です。

原題Truands、ギャングと言う意味なので期待しましたが、私達が想像している様な映画ではありませんでした。監督は「スパイ・バウンド」のフレデリック・シェンデルフェールです。内容は実録ギャング物と言う感じです。

 

冒頭、無機質なメロディーが流れる中、コールガールと偽札犯がタクシーに乗り込むが、途中フランク(ブノワ・マジメル)が乗り込んで来て、偽札を奪うと情け容赦なく二人とも撃ち殺す。どちらかと言えば、描写がどぎつく、生々しい。目を覆いたくなる感じ。フランクとジャン=ギィはフリーランスの殺し屋で非情。考える前にトリガーを弾くというタイプ。今はクロードをボスとする暴力組織にわらじを脱いでいる。

 

クロードはスイス人から依頼でヤクの取引を行うが、嵌められそうになるが反対に返り討ちにして組織内の裏切り者を始末する。逃げたスイス人をフランク達が始末する。

こんな感じで、殺しシーンのオンパレード。やがてチクられてフランス警察特殊チームに逮捕され、懲役3年を食らう。

 

ボス、クロードがいない間にナンバー2リッキーを始末して、この組織を乗っ取っろうするシャラム達の誘いを受け、フランク達は仮出所で出て来たクロードを妻(ベアトリス・ダル)の前で射殺する。

が、イシャム達はフランクを抹殺すべく彼のアパートに向かうが、彼は一人でセネガルに高飛びする。ダカールで目覚めたフランクは、空に舞う猛禽の群れを見つけるのだが・・・

 

この映画のキャッチコピー、甘さなし、容赦なし、激辛ハードノワールがしっくりする実録物になっています。テンポよく、迫力はあり、音楽の使い方、例えばラスト、エンドロールに流れるマリアンヌ・フェイスフルの歌などとてもしっくりきますが、ペキンパーを超えるこのドロドロさ、この映画の殺しのシーンは陰湿、非情。ペキンパー映画のあのスローモーションが詩的な風情のような味わいだと思いなおす次第です。

 

個人的には、「スパイ・バウンド」よりこちらを買いますが、何度も見たい映画ではありません。ブノワ・マジメルは寡黙でとても良い感じ。多分、彼は、追手が来る前にパリに戻り、イシャム達と対決するでしょう。でも、それは別の監督でお願いしたいと思います。

 

シェンデルフェール監督は私達が考えているようなところではなく、別なところに行きたいと考えているのでしょう。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。        八点鍾

 

f:id:wedplain:20200522145228j:plain

f:id:wedplain:20200522145301j:plain

f:id:wedplain:20200522145330j:plain

f:id:wedplain:20200522145354j:plain

f:id:wedplain:20200522145431j:plain

f:id:wedplain:20200522145457j:plain

f:id:wedplain:20200522145628j:plain

f:id:wedplain:20200522145650j:plain






 

 

「家族の肖像」ヴィスコンティ監督、晩年の傑作。でも、この映画は色々な事を示唆してくれる・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「家族の肖像」(1974)です。

 

この作品は、どちらかと言えば、演劇的で彼の作品群の中では小品と言っても良いでしょう。全編セット撮影でカメラはセットから出ることはありません。ベランダから見えるローマの建物もセットです。

 

バート・ランカスター扮する教授が、蔵書と若干の彫刻、家族の肖像画と呼ばれる絵画に囲まれて壮大な年代物のアパルトマンに生活している。教授は、偏狭だが趣味の良い常識人。そこに、階上の部屋を貸して欲しいとビアンカと言う女性が彼の生活に侵入し、生活が少しづつ狂い始めるという物語である。

 

若い人には面白くない話かもしれないが、ある程度齢を重ねるとこれが結構面白い。その昔、この映画を劇場で鑑賞した時、はっきり言って辛かった。とても上質な映画だというのは理解できるが、面白くなかった。今回、鑑賞すると大変面白かったし、その趣味の良さに改めて感心した。

例えば、教授の書斎。素晴らしいセット、それらが黒光りしているほどすべての物が存在感を示している。ぞんざいに本が積み上げられて、好きな家族の肖像画に囲まれて生活していることがどんなに素晴らしいか画面から染み出してくるのが判る。

 

こういう趣味の良い映画を見ていると、あの映画に出て来た部屋、例えば「或る貴婦人の肖像」に出て来たこれもまた趣味の良い部屋、「エイリアン・コヴェナント」の冒頭に出て来た広大な白い部屋、「探偵/スルース」に出て来たミステリー作家の人形一杯の部屋、「ブレードランナー」のデッカードのクールな部屋、「時計仕掛けのオレンジ」での作家のシンプルな部屋等と比較したくなる。でも、この映画が勝利するように思う。

 

又、この映画を見ていると、自分もこういう風に好きな物に囲まれて生活してみたいと考えてしまう。それぐらいこの映画の美術は迫力があり素晴らしい。そう思わせる映画はこの映画ぐらいだ、今まで何十年と色々な映画を見ているが。

 

時々、パーペチャルトラベラーとして海外を転々と移動して生活してみたいと思う時がある。但し、税金の安く治安の良い国に生活基盤を置いて、ちょっと田舎の処のアパートを借りて、好きな映画とミステリー本に囲まれて、キース・ジャレット、ビリー・ホリディーの音楽を聞きながら過ごしてみたいと・・・

そういう隠れた欲望をメラメラと燃え上がらせるだけの魅力はある。

 

ホント、個人的なこの映画の感想を言えば、右翼も左翼も、世代間の憎しみなんか関係ない。私はこの世俗の中の一番良い物を愛して人生をまっとうして逝きたいと思わせることだ。

 

やはり、ルキノ・ビィスコンティ監督は本当に素晴らしいと思います。 八点鍾

 

f:id:wedplain:20200521132543j:plain

f:id:wedplain:20200521132644j:plain

f:id:wedplain:20200521132835j:plain

f:id:wedplain:20200521132924j:plain

f:id:wedplain:20200521133004j:plain

f:id:wedplain:20200521133053j:plain

f:id:wedplain:20200521133127j:plain

f:id:wedplain:20200521133230j:plain

f:id:wedplain:20200521133255j:plain

f:id:wedplain:20200521133338j:plain

或る貴婦人の肖像より

f:id:wedplain:20200521133451j:plain

エイリアン コヴェナントより

f:id:wedplain:20200521133620j:plain

探偵/スルースより

f:id:wedplain:20200521133751j:plain

ブレードランナーより

f:id:wedplain:20200521133839j:plain

時計じかけのオレンジより













 

 

 

 

 

 

番外編「バンクジャック」リトル・リチャードさん追悼

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。少し遅れてしまいましたが、リトル・リチャードが亡くなりました。謹んで追悼いたします。

 

リチャードさんは余り映画には関係が深くないと思っていたら、「バンクジャック」(1971)で映画で使われた主題歌 "Momey is"を歌っていますので、この作品をご紹介したいと思います。

 

この映画は、ウォーレン・ベイティとゴールディ・ホーンが共演したサスペンススリラーです。ハンブルグの銀行の貸金庫が犯罪者が利用しているのに気付いた責任者ジョーが一案を講じて貸金庫の中身をゴッソリ頂くという映画です。

監督がリチャード・ブルックスなのでがっちりした仕上がりで安心して見ることが出来ます。音楽はクインシー・ジョーンズ、ビートの利いた曲を描いています。この主題歌もリトル・リチャードさんの迫力ある歌声が印象的です。

 

本当に偉大なシンガーだったと思います。    八点鍾

 

f:id:wedplain:20200520161132j:plain

f:id:wedplain:20200520161234j:plain

IMDb

f:id:wedplain:20200520161319j:plain

f:id:wedplain:20200520161343j:plain

f:id:wedplain:20200520161424j:plain

f:id:wedplain:20200520161445j:plain

f:id:wedplain:20200520161549j:plain

 

www.youtube.com

 サウンドトラック Money is