サスペンススリラー

「アサルト13 要塞警察」ジョン・カーペンター「要塞警察」リブート作品ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「アサルト13 要塞警察」(2005)です。 この作品は、あのジョン・カーペンター「要塞警察」(1976)のリブートです。「要塞委警察」は地上波で鑑賞した事がありますが、内容は…

「プロフェッショナル」60年代ハリウッド製西部劇は全体に重く、その中で結構イケてるウェスタンですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「プロフェッショナル」(1966)です。 監督は文芸派のリチャード・ブルックス、ほら、この監督のキャリアは「雨の朝巴里に死す」「カラマゾフの兄弟」「熱いトタン屋根の猫」…

「ウォンテッド」プロットは大したことないけど一部のディテールはなかなか見せてくれる映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ウォンティド」(2008)です。 ロシア人の監督、ティムール・ベクマンベトフの作品です。このブログでは、以前日本ではビデオスルーされた「ベンハー」を紹介しています。 …

「ストーカー」予言の映画と言っていい作品ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ストーカー」(1979)です。 そうです、巨匠アンドレイ・タルコフスキー監督のSF映画です。彼は、寡作の映像作家でその独特のロングテイクで、素晴らしい映像美を特徴としま…

「エル ELLE」イザベル・ユペール魅力全開のブラックコメディですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「エル ELLE」(2016)です。 「ロボコップ」「トータル・リコール」のポール・バーホーベン監督作品です。うーん、苦手な監督ですが何か惹かれるんですね。特に今回は、米国…

「ヒンデンブルグ」ロバート・ワイズ監督のパニック大作映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ヒンデンブルグ」(1975)です。 懐かしい作品です。丁度この頃、日本映画界はパニック映画が中心で、この作品もパニック映画として公開されたことを覚えています。加えてあ…

「キャリー」 プロム大惨劇を描いたブライアン・デ・パルマ作品のリブートですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「キャリー」(2013)です。スティーヴン・キングの同名の小説を原作としています。 デ・パルマ作品はかなりヒットしたようで、以後彼はスター監督の道を歩んでいきます。最近…

「96時間リベンジ」最強親父ブライアン、イスタンブールに登場…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「96時間リベンジ」(2012)です。 映画は、前作でブライアンに撃ち殺されたアルバニアギャングの遺体がアルバニアに到着し、マフィアのボス、ムラドが復讐を誓い、イスタンブ…

「死霊館 悪魔のせいなら無罪」このシリーズも大体演出スタイルが確立しましたが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「死霊館 悪魔のせいなら無罪」(2021)です。 映画は、1980年米国、ウォーレン夫妻は11歳のデビッド・グランツェルの悪魔祓いに参加するところから始まります。悪魔のよって…

「ワールド・ウォー Z」ゾンビ大戦を描いた大作映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ワールド・ウオー Z」(2013)です。 いやはや大変な時代になったと思います。この作品、主演ブラッド・ピット、製作費200億円の大作ゾンビ映画なのですから。 元々この手の…

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」米海兵隊の次なる対戦相手はエイリアンですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(2011)です。 米海兵隊がロサンゼルスでエイリアンの組織的攻撃に対峙する映画です。勿論、白兵戦です。米軍は先の大戦で独軍、日本軍と戦い…

「トータル・リコール」21世紀にリブートされた新しい「トータル・リコール」…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「トータル・リコール」(2012)です。 あの「トータル・リコール」(1990)がリブートされていたんですね。今回は約10分程長いディレクターズカット版をご紹介します。監督は「…

「12モンキーズ」2035年から時空を超えてきた男のミッションは…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「12モンキーズ」(1995)です。 フランス製SF短編「ラ・ジュテ」を元にした作品です。監督は「未来世紀ブラジル」「バロン」のテリー・ギリアム、いつものハッタリの効いた映…

「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」クレイグボンド、最後の007映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「007/ ノー・タイム・トウ・ダイ」(2021)です。 コロナ禍で公開が遅れていたボンド映画です。映画は、前作の続きから始まります。ヴェスパーの墓参りと訪れたボンドとマド…

「死霊館 エンフィールド事件」ウォーレン夫妻のポルダーガイスト事件簿、今度は英国エンフィールドで…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「死霊館 エンフィールド事件」(2016)です。 今回も新作公開応援ブログです。映画は、米国アミティビル事件原因調査の為、心霊研究家ロレイン(ヴェラ・ファミーガ)が霊視を…

「007 スペクター」姿を現した国際謀略犯罪グループ"スペクター"と世界を救う英国諜報部員007号が対決する映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「007 スペクター」(2015)です。 10月1日に新作「ノー・タイム・トウ・ダイ」が公開されるので、新作をより良く楽しむためにご紹介したいと思います。 前作「スカイフォール…

「クーリエ: 最高機密の運び屋」キューバ危機のエスピオナージスリラーですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「クーリエ:最高機密の運び屋」(2020)です。 映画は、ソ連側から新しい情報提供者オレグが現れ、米国、英国の諜報部は連絡員の選定をするのだが、ここは一つ普通の民間人を…

「スターシップ・トゥルーパーズ」ポール・バーホーベン監督の対昆虫型宇宙生物殲滅戦を描いた映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「スターシップ・トゥルーパーズ」(1997)です。 のっけからこんなこと書くのは申し訳ありませんが、私、この監督苦手なんです。エログロなので、なかなか映画を見れないんで…

「ワイルドギース」あぶない男達が指揮する傭兵中隊がアフリカで大暴れする映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ワイルドギース」(1978)です。 アフリカを舞台にした傭兵物です。このブログでも紹介した「戦争プロフェショナル」、フレデリツク・フォーサイス原作映画化した「戦争の犬…

「将軍たちの夜」戦時下で起こった猟奇殺人事件、アナトール・リトヴァク監督の異色作…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「将軍たちの夜」(1967)です。 「史上最大の作戦」(1962)が大ヒットしたので、60年代に多くの欧州戦争映画が生まれました。例えば「バルジ大作戦」「脱走特急」「ナバロンの…

「裏切りのサーカス」誰も信用するな、特にサーカスの主流にいる奴を、という映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「裏切りのサーカス」(2011)です。ジョン・ル・カレがキム・フィルビー事件に題材を取った小説「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」の映画化です。 映画は、ジム・…

「海軍特別年少兵」"聖戦完遂は我らの双肩にあり、堅忍不抜の海軍魂を磨け"と言う悲しい映画ですが…

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「海軍特別年少兵」(1972)です。東宝8.15シリーズ最後の作品です。今回はレアな作品でヒットしなかったと聞いています。 映画は、昭和18年、横須賀海兵団に14歳で入団して来た特年兵…

「沈黙の戦艦」スティーブン・セガールのダイハード映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「沈黙の戦艦」(1992)です。 近代化改修を終えた戦艦ミズーリは、湾岸戦争でイラクに艦砲射撃を行い多大な戦果を挙げた。そのミズーリが、元CIA部員たちに乗っ取られた。が…

「恐怖の岬」この映画が「ケープ・フィアー」のオリジナルですが、素晴らしいショッカー映画で…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「恐怖の岬」(1962)です。 映画は、1991年にマーティン・スコセッシ監督によりリブートされたオリジナルがこの作品です。グレゴリー・ペックとロバート・ミッチャムが共演し…

「華麗なる大泥棒」思うにこの作品からベルモンドの新境地が開けたのでは…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「華麗なる大泥棒」(1970)です。 ジャン・ポール=ベルモンド氏は今月6日に亡くなりました。ホントに残念です。マクロン大統領は彼のことを「ル・マニフィック(偉大な人)」と…

「モンタナの目撃者」モンタナの山岳での死闘を描いた映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「モンタナの目撃者」(2021)です。 映画は、森林火災でトラウマを負ったスモークジャンパー(森林火災初動部隊)に所属しているハンナ(アンジェリーナ・ジョリー)が、フロリダ…

「ヒッチコック」サスペンスの巨匠「サイコ」の製作過程時のもろもろを描いた映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ヒッチコック」(2012)です。 成功作となった「北北西に進路を取れ」を完成後、ヒチコック(アンソニー・ホプキンス)の次作は、いつものように洗練されたサスペンス映画では…

「コールガール」アラン・J・パクラ監督社会派サスペンス、J・フォンダはこの映画でアカデミー主演女優賞を…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「コールガール」(1971)です。 映画は、ペンシルベニアのグルーマン一家の団欒から始まります。次のショットでその主人グルーマンが失踪し、幼馴染の友人で刑事のクルート(…

「ケープ・フィアー」あの「恐怖の岬」をマーティン・スコセッシがリブートした映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ケープ・フィアー」(1991)です。 「ナバロンの要塞」で大成功したJ・リー・トンプソン監督の次作が「恐怖の岬」、この作品をマーティン・スコセッシがリブートした映画が…

「狼男アメリカン」見所は狼男への変身シーンですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「狼男アメリカン」(1981)です。 満月の夜、二人の米国人が英国をヒッチハイク旅行し荒野を歩いている。が、大きな獣に襲われて、ジャックは死亡する。ディビッドは重傷を負…