ホラー

「サスペリア」新鋭ルカ・グァダニーノ監督のホラーサスペンス映画力作ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「サスペリア」(2019)です。 IMDb 映画は、西ドイツ、土砂降りのベルリンにあるマルコス舞踊団にアメリカからスージー(ダコタ・ジョンソン)が入団するためにやって来る。見…

「マクベス」スプラッター風味のポランスキー版シェークスピア映画ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「マクベス」(1971)です。 IMDb ロマン・ポランスキー監督作品ですが、彼のキャリアの中では特に異色の作品です。理由は、あのシャロン・テート事件の後に製作した作品なの…

「赤い影」冬の魔都、ヴェネツィアの迷宮ミステリーホラーですが・・・そしてオマケの予告編。

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「赤い影」(1973)です。 このブログでも、ご紹介したことがある傑作「ジェラシー」ニコラス・ローグ監督作品です。ローグ監督は元々撮影監督で、あの「アラビアのロレンス」…

「世にも怪奇な物語」ヴァデム、マル、フェリーニ名匠3名によるホラーオムニバス映画ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「世にも怪奇な物語」(1969)です。 ロジェ・ヴァデム、ルイ・マル、フェデリコ・フェリーニ監督による作家エドガー・アラン・ポー作品による怪奇オムニバス映画です。各篇約…

「帝都物語」バブル期の日本映画、珍しいSF大パノラマ伝奇浪漫映画ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「帝都物語」(1988)です。 時は、1985年9月22日米国の対日赤字減少の為、円安誘導の協調介入を行うことが合意された。これがプラザ合意で、1$245円だったものが1日で20円高…

「ショートピース」オムニバスのアニメ作品ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ショートピース」(2013)です。 IMDb このブログでは、少ないですがアニメ作品も紹介しています。この作品は、短編4編のアニメ作品です。日本製アニメは海外では有名ですが…

「死霊館」ジェームズ・ワン監督 独特のホラースタイル・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「死霊館」(2013)です。 IMDb 監督は「Saw」で名を上げたジェームズ・ワン、ホラーが得意な監督ですが、「ワイルドスビード7」「アクアマン」のような作品もあり、とてもセ…

「エイリアン 3」完全版 デビッド・フィンチャー監督第一作 フィンチャーファンは必見かも・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「エイリアン3」(2004)完全版です。 IMDb 1992年に公開された「エイリアン3」ですが、デビッド・フィンチャー監督作品でありながら、評価が良くありません。劇場で鑑賞した…

「ドラキュラ」多分最もセクシーなドラキュラと思いますが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ドラキュラ」(1979)です。 IMDb ハマープロ製作の吸血鬼映画は、余り鑑賞していません。原作となるブラム・ストーカーとあまりにも乖離が甚だしいのですが、この作品は、…

「死霊館のシスター」死霊館シリーズのスピンオフ作品ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「死霊館のシスター」(2018)です。 IMDb 梅雨が明け、ようやく夏らしさが戻ってきましたので、暫くの間、ホラー映画も少しづつご紹介したいと思います。 ルーマニアの修道院…

「サイコ」ヒチコック監督の名作リブート 見所はジュリアン・ムーアの足蹴りでしょうか・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「サイコ」(1998)です。 IMDb ガス・ヴァン・サント監督作品であるこの映画の特徴は、まず、カラー作品であること、バーナード・ハーマンの音楽を使用していること、ショッ…

「ヘルハウス」リチャード・マシスン原作のホラー映画ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「へルハウス」(1973)です。「激突!」「アイ・アム・レジェンド」のリチャード・マシスンの同名小説の映画化です。当時「エクソシスト」が大ヒットし、その余勢をかって公開…

「ハンニバル・ライジング」ジャポニカ風B級映画の芳香とグロ味のノワールスリラー・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ハンニバル・ライジング」(2007)です。 この映画はトマス・ハリス氏によるハンニバル・レクターシリーズ第四作「ハンニバル・ライジング」の映画化作品です。監督はあの「…

「ドクター・スリープ(ディレクターズカット)」更に始まるレドラムの悪夢、より面白くなったかな・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ドクター・スリープ(ディレクターズカット)」です。 最近、購入したBD版にはディレクターズカットが付いており、上映時間が180分となっています。時々、ディレクターズカ…

「ロスト・バケーション」と言うより地獄のシャロウズ(浅瀬)・・・

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ロスト・バケーション」(2016)です。この映画ベトナムでも公開されましたが、キワモノっぽい映画だなということで鑑賞しませんでした。 ところがよくよく調べてみると、監督があの…

「Lake of Death」ノルウェイ製ホラー映画です。ノルウェイ映画は初めてですが・・・

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。本日ご紹介する映画は「Lake of Death」です。ノルウェイ製ホラー映画です。 ベトナムでは、このブログでも紹介していますがロシア製、スペイン製スリラー等時々上映されます。又、興味深いことに監督が…

「THE ROOM」オルガ・キュリレンコ主演最新作 新しいホラータイプ作品

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。本日ご紹介する映画は「The Room」です。 この作品は、「007 慰めの報酬」「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」で有名なオルガ・キュリレンコ主演のサスペンス映画です。 お話はケイト(オルガ・キュリレ…

番外編「白い肌の異常な夜」B級映画の巨匠ドン・シーゲル監督の異色作

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「白い肌の異常な夜」(1971)です。 何やら往年のユニバーサル怪奇映画みたいな題名ですが、映画そのもの雰囲気をまあ醸し出していますので、私はそんなに抵抗はありません。 ドン・…

「ドクタースリープ」再び始まるレドラムの悪夢?

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。本日ご紹介する映画は「ドクタースリープ」です。あの名作「シャイニング」の続編です。 「シャイニング」について説明する必要はないと思います。ホラー映画の名作です。特にステディカムによる撮影が素…

番外編「クリムゾン・ピーク」あのジェシカ・チャステインのホラ-演技が楽しめます。

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介するのは「クリムゾン・ピーク」(2015)です。 アジアの熱い国の人々は、何故かホラー映画が好きなのです。どうしてか考えたことがありませんが。ですから、この映画、ホラー物だからベトナムで…

「It 2/イット2」27年後の「スタンド・バイ・ミー」ノスタルジックな映画ではなく超自然怪奇映画…

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。本日ご紹介するのは「It 2/イット2」です。 映画を見に行く前に上映時間を確認したら169分、なんだか嫌な予感がしたら、少しばかり当たりました。申し訳ありませんが、全体に長すぎます。映画は短く、さ…

番外編「エクソシスト2」真夏のホラー 生まれながらにして評価の低い作品があります。

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「エクソシスト2」です。 生まれながらにして評価の低い作品があります。残念なことですが。この映画、日本で上映された時、確か上映時間が95分程度だったと思います。この映画を正…

番外編「ポランスキーの吸血鬼」ではなく「恐れを知らぬ吸血鬼殺し 又は失礼、貴方の牙が首元に」女優シャロン・テートについて

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「恐れを知らぬ吸血鬼殺し 又は失礼、貴方の牙が首元に」における女優シャロン・テートについてです。 もうしばらくすると、タランティーノ監督「ワンス・ア・ポンナ・タイム・イン…

「アナベル 3 」日本では「アナベル 死霊博物館」として公開予定

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。本日ご紹介するのは「アナベル3 」です。 この映画は、死霊館シリーズのスピンオフ作品「アナベル」シリーズの第3作目になります。映画はウォーレン夫妻が不在時に自宅に残された娘ジュディ、いとこのメ…