レタントンローヤル館

主に映画のお話

ホラー

「渇き」パク・チャヌク監督のヴァンパイヤホラー映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「渇き」(2009)です。 映画は、病院で患者の懺悔を聞く神父サンヒョン(ソン・ガンホ)は、いつも無力感を感じておりある患者が亡くなった時アフリカのある研究所へエマニュエ…

「プレデター」光学迷彩を利用する捕食生物が登場する映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「プレデター」(1987)です。 この作品は、多くの人がご覧になっているので詳しくは語りませんが、この怪物プレデターと対決するのは、反政府ゲリラに拘束された政府要人を救…

「MEN 同じ顔の男たち」このホラーサスペンス映画、どうも私にとっては舌触りの悪い作品で…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「MEN 同じ顔の男たち」(2022)です。 「エクス・マキナ」「アナイアレイション -全滅領域-」のアレックス・ガーランド監督の新作です。 映画は、夫の飛び降り自殺の現場を見…

新作2本の映画「ザ・シェフ」「ザリガニの鳴くところ」のご紹介…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ザ・シェフ」「ザリガニの鳴くところ」2本を簡単ですが、ご紹介いたします。 まず「ザリガニの鳴くところ」、この作品、私はディーリア・オーウェンズの有名な小説とは知…

「デモニック」ニーム・ブロムカンプ監督最新作ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「デモニック」(2022)です。 この作品は「第九地区」「エリジウム」で有名なニーム・ブロムカンプ監督の最新作です。今年の六月頃だったと思いますが、関東関西の一部の映画…

「遊星からの物体X ファーストコンタクト」ジョン・カーペンター監督のあの映画の前日談という映画ですが…

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「遊星からの物体X ファーストコンタクト」(2011)です。 始まりはリドリー・スコット監督の傑作SFホラー「エイリアン」(1979)だと思います。その後色々なコピー映画が続き、ジョン・…

「テナント/恐怖を借りた男」おっと、この作品はいけませんね…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「テナント/恐怖を借りた男」(1976)です。 映画は、ポーランド系フランス人トレルコフスキー(ロマン・ポランスキー)が部屋を借りにある古風なマンションの一室を訪れるとこ…

「怪談」小泉八雲原作をもとに小林正樹監督の異色作ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「怪談」(1965)です。暑い暑い日本の夏ですから、こういう作品も良いかなと思い取り上げてみました。 小林正樹監督作品で初のカラー作品です。彼の作品は「人間の条件 三部…

「ドラキュラ」コッポラ監督によるブラム・ストーカー原作の映画化作品ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ドラキュラ」(1992)です。 映画は、1462年ルーマニアに侵攻してきたトルコ軍を迎え撃つドラクル騎士団は、トルコ軍を殲滅し捕虜を捕らず串刺し刑するが、エリザベータ妃は…

「ナインスゲート」稀覯本を巡るオカルトホラー映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ナインスゲート」(1999)です。 ロマン・ポランスキー監督のオカルトホラー映画です。そりゃ「オフィサー・アンド・スパイ」の方が出来が良いですけど、彼の本流はこちらで…

「ネオン・デーモン」鮮血のファッションモデル業界というホラー映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ネオン・デーモン」(2016)です。 ジェシー(エル・ファニング)は、女学生だが年齢を偽ってファッションモデルの仕事をしている。彼女はソファーで鮮血下垂らすファッション…

「キュア 禁断の隔離病棟」なかなか面白いホラー映画ですが、ラストの盛り上がりに欠け…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「キュア 禁断の隔離病棟」(2017)です。 映画は、ウォールストリートの大手金融会社で働くロックハート(デイン・デハーン)は、社長に呼ばれ営業成績を上げる為の不正を指摘…

「プロフェシー 恐怖の予言」ホラーモンスター映画、監督があのジョン・フランケンハイマーなのですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「プロフェシー 恐怖の予言」(1979)です。 監督が硬派なアクション物を得意とするあのジョン・フランケンハイマーなので、ひょっとしたら宇宙ゴシックホラー映画「エイリア…

「ナイトメア・アリー」デル・トロ監督のとても良く出来たノワール映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ナイトメア・アリー」(2021)です。 不況の米国。スタン(ブラッドリー・クーパー)はある街に流れ着く。そこの見世物小屋で働き、仲良くなったピートから"読心術"を学び、モ…

「レジェンド/光と闇の伝説(ディレクターズカット版)」やはりスコット監督はSF映画か西洋剣劇映画ですね…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「レジェンド/光と闇の伝説(ディレクターズカット版)」(1985)です。 リドリー・スコット監督のキャリアの中では、あまり話題にならない作品で少し前にディレクターズカット…

「バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」あの「バイオハザード」のリブート作品ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「バイオハザード ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」(2021)です。 映画は、あの「バイオハザード」とほぼ同一で、コクーンシティの孤児院から逃げだしたクレア(カヤ・スコ…

「ゴーン・ガール」何とも言えない世界を描き出した戦慄を覚える映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ゴーン・ガール」(2014)です。 映画は、結婚五年目の朝、ニック(ベン・アフレック)はいつものように所有する酒場「 ザ・バー」に顔を出し、自宅に戻ると何者か争った様な…

「ラストナイト・イン・ソーホー」エドガー・ライト監督新作、ダイアナ・リグ遺作…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ラストナイト・イン・ソーホー」(2021)です。 エロイーズ(トーマシン・マッケンジー)は、60年代ファッションが大好きな女性で勉強するためにロンドンへ。が、彼女は特殊な…

「マリグナント 狂暴な悪夢」 ジェームズ・ワン監督最新作ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「マリグナント 狂暴な悪夢」(2021)です。 この作品、奇形腫を扱った映画で少し前に紹介したオゾン監督「二重螺旋の恋人」とちょっとだけ雰囲気が似ていますが、こちらは思…

「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」独特の世界観を持つヴァンパイア映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」(1994)です。 映画は、サンフランシスコのある建物の一室で、ダニエル(クリスチャン・スレーター)がルイ(ブラッド・ピット)と名乗る…

「キャリー」 プロム大惨劇を描いたブライアン・デ・パルマ作品のリブートですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「キャリー」(2013)です。スティーヴン・キングの同名の小説を原作としています。 デ・パルマ作品はかなりヒットしたようで、以後彼はスター監督の道を歩んでいきます。最近…

「死霊館 悪魔のせいなら無罪」このシリーズも大体演出スタイルが確立しましたが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「死霊館 悪魔のせいなら無罪」(2021)です。 映画は、1980年米国、ウォーレン夫妻は11歳のデビッド・グランツェルの悪魔祓いに参加するところから始まります。悪魔のよって…

「ワールド・ウォー Z」ゾンビ大戦を描いた大作映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ワールド・ウオー Z」(2013)です。 いやはや大変な時代になったと思います。この作品、主演ブラッド・ピット、製作費200億円の大作ゾンビ映画なのですから。 元々この手の…

「死霊館 エンフィールド事件」ウォーレン夫妻のポルダーガイスト事件簿、今度は英国エンフィールドで…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「死霊館 エンフィールド事件」(2016)です。 今回も新作公開応援ブログです。映画は、米国アミティビル事件原因調査の為、心霊研究家ロレイン(ヴェラ・ファミーガ)が霊視を…

「ケープ・フィアー」あの「恐怖の岬」をマーティン・スコセッシがリブートした映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ケープ・フィアー」(1991)です。 「ナバロンの要塞」で大成功したJ・リー・トンプソン監督の次作が「恐怖の岬」、この作品をマーティン・スコセッシがリブートした映画が…

「狼男アメリカン」見所は狼男への変身シーンですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「狼男アメリカン」(1981)です。 満月の夜、二人の米国人が英国をヒッチハイク旅行し荒野を歩いている。が、大きな獣に襲われて、ジャックは死亡する。ディビッドは重傷を負…

「キャットピープル」"キャットピープル"(猫獣人)と人間の悲恋を描いた異色作…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「キャットピープル」(1982)です。 養父母に育てられたイレーナ(ナスターシャ・キンスキー)は、ニューオーリンズに到着し、実兄ポール(マルコム・マクダウェル)に会う。イレ…

番外編 「ライトハウス」、「クワイェトプレイス2」以後続々公開予定の作品…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日は今月の入って映画館で映画を鑑賞した折に感じたことを報告したいと思います。 昨年のコロナ禍を引きづって、今年も新作映画は見ることが出来ないかなと思っていましたが、4月頃からワクチ…

「陰獣」レアなフランス映画、ブノワ・マジメル主演、原作は江戸川乱歩、だからフランス映画は侮れません…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「陰獣」(2008)です。 時々、フランスって凄いなと思う時があります。こういう作品を見つけた時、特にそう思います。フランスには江戸川乱歩を知っている方がいるのですね。…

「P2」レイチェル・ニコルズ主演のスプラッターホラー映画ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「P2」(2007)です。 私の苦手なスプラッター映画です。「G.I.ジョー」(2009)でなかなかシャープなところを見せてくれたレイチェル・ニコルズ主演のホラー映画なので鑑賞しま…