レタントンローヤル館

主にサスペンス映画のお話

史劇 歴史物

「私がやりました」フランソワ・オゾン監督のノワールコメディですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「私がやりました」(2023)です。 駆け出し女優マドレーヌ(ナディア・テレスキウィッツ)と新人弁護士ポーリーヌ(レベッカ・マルデール)は貧しく二人で部屋をシェアして生活し…

「オッペンハイマー」"原爆の父"と言われたオッペンハイマー博士の栄光と悲劇を描いた力作

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「オッペンハイマー」(2023)です。 1926年、物理実験の苦手な若い学生オッペンハイマー(キリアン・マーフイ)が描かれ、色々と英国、欧州に飛ばされ量子力学を学びカルフォル…

「デューン 砂の惑星 Part2」前作よりより面白くなったSF伝奇風時代劇ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は 「デューン 砂の惑星 Part2」(2024)です。 皇帝シャッダム4世の陥穽に嵌り、アトレイデ侯爵家は息子ポール(ティモシー・シャラメ)と母ジェシカを残して皆殺しとなった。二…

「涙するまで、生きる」カミュ著「客」を映画化した作品ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「涙するまで、生きる」(2014)です。 1954年冬。アルジェリアがきな臭く成った頃、数年前に妻を亡くしたダリュ(ヴィゴ・モーンセン)は山間部の小学校で教師をしていた。そこ…

「マルケータ・ラザロヴァー」1967年のチェコ製歴史大作映画ですが、とっつき難いので…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「マルケータ・ラザロヴァー」(1967)です。 13世紀のボヘミア王国。領主コズリークの息子ミラコーシュは、ムラダー・ボレスラフへ向かう伯爵一行を襲う。伯爵の息子クリステ…

「シャドー・メーカーズ」グローヴス将軍から見たマンハッタン計画を描いた映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「シャードー・メーカーズ」(1989)です。 映画は、42年9月最前線に出て戦功を上げたかったグローヴス大佐(ポール・ニユーマン)は、ルーズベルト大統領直属の極秘計画「マン…

「ジェヴォーダンの獣」邪教絡みのフランス製ホラー味の歴史活劇映画、この手の映画好きだな…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ジェヴォーダンの獣」(2001)です。 1760年代のフランス、ジェヴォーダン地方に謎の獣が出没し領民を襲っている為、ルイ15世は調査の為、王室博物学者フロンサック(サミュ…

「ブリッジ・オブ・スパイ」U-2事件を描いたスピルバーグ監督作品ですが…

レタントンローヤル館(八点鐘)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ブリッジ・オブ・スパイ」(2015)です。 1957年米国で非合法活動、特に原子力関係の秘密情報を入手していたソ連スパイ、アベルがFBIに拘束、逮捕された。その裁判を引き受…

「ナポレオン」R・スコット監督の西洋剣劇映画集大成と思える作品ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ナポレオン」(2023)です。 王妃マリー・アントワネットの処刑を見たナポレオン(ホアキン・フェニックス)は、派遺議員バラスに呼ばれて、反革命勢力の英国海軍に占領された…

「終電車」独軍占領下でのパリ、女優マリオンは夫に替り支配人兼演出家として切盛りをするのだが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「終電車」(1980)です。 1942年独軍占領下巴里、女優マリオン(カトリーヌ・ドヌーヴ)はユダヤ人の夫で支配人兼舞台演出家の代りにモンマルトル劇場を切り盛りしていた。夫ル…

「リンカーン/ 秘密の書」おバカ映画の代表格というような作品ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「リンカーン / 秘密の書」(2012)です。 映画は、19世紀米国農家の息子エイブラハム・リンカーンは、ある夜ヴァンパイヤが母ナンシーを襲いその後絶命するのを目撃し、その…

「肉体の悪魔」ケン・ラッセル監督の弾け過ぎた重量級歴史大作映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「肉体の悪魔」(1971)です。 この映画は、1634年フランスのルーダンで行われた魔女裁判を映画化したもので、これはルーダンにあった修道院の修道女が悪魔の訪問を受け取り憑…

「1492 コロンブス」映像派R・スコット監督のコロンブス新大陸発見を描いた歴史大作映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「1492 コロンブス」(1992)です。 映画は、中世スペイン、セビリアに身を寄せていたコロンブス(ジュラール・ドパルデュー)が大西洋西回り航路でアジアを目指す計画をスペイ…

「ヒンターラント」多分に実験的、ドイツ表現主義を思い起こさせるクライムサスペンス映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ヒンターラント」(2021)です。 映画は1920年、オーストリア・ハンガリー帝国将校として参戦そして敗北し、ソ連の捕虜としてシケた機帆船に乗って黒海からドナウ川を下って…

「フロム・ヘル」あのジャック・ザ・リッパー事件を基にした猟奇殺人映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「フロム・ヘル」(2001)です。 1888年のロンドン。ホワイトチャペルでニコル組の娼婦の一人がメッタ斬りの状態で発見された。ロンドン警察アバーライン警部(ジョニー・デッ…

「シルク」もうあの日から三年経つのですね…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「シルク」(2007)です。 19世紀仏国、兵役を終えてきた町に帰って来たエルヴェ(マイケル・ピット)は、教師をしている恋人エレーヌ(キーラ・ナイトレイ)と結婚する。その頃町…

「ブラザー・サン シスター・ムーン」フランコ・ゼフィレッリ監督の"アッシジのフランチェスコ"を描いた作品ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ブラザー・サン シスター・ムーン」(1972)です。 映画は、イタリア、アッシジの豪商の息子フランチェスコ(グレアム・フォークナー)はペルージャとの戦いに参加するが、戦…

「風とライオン」モロッコで起きたペルデカリス事件を扱ったアクションロマン映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「風とライオン」(1975)です。 1904年モロッコ、タンジールで部族長ライズリ(ショーン・コネリー)は、米国人女性イーデン(キャンディス・バーゲン)とその子供二人を誘拐(ペ…

「アラトリステ」傭兵隊長アラトリステを描いた久々に現れた西洋剣劇の力作…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「アラトリステ」(2006)です。 17世紀スペイン、傭兵隊長アラトリステ(ヴィゴ・モーテンセン)の半生を描いた作品で、ネーデルランドでの戦い、ブレタの包囲戦、オランダ私掠…

「楽園の瑕 終極版」ウォン・カーウァイ監督の武侠映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「楽園の瑕 終極版」(2008)です。 ウォン・カーウェイ監督初の武侠映画です。欧陽鋒の有名な武侠小説『射鵰英雄伝』『神鵰剣俠』を映画化したものです。 12世紀中国、西域の…

「遠すぎた橋」最後のオールスター戦争大作映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「遠すぎた橋」(1977)です。 「大列車作戦」を鑑賞して、何かもう一本戦争映画が見たくなったのでこの作品を選んでみました。鑑賞後この作品で良かったと思いました。理由は…

「崖上のスパイ」チャン・イーモウ監督のエスピオナージスリラー映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「崖上のスパイ」(2023)です。 1934年、中国共産党は満州国へ4名の間諜を送り込む。が、満州国側は特務機関の調査によって彼らが侵入することを知っていた。彼らは、ウート…

番外編 織田信長が熱田神宮で戦勝祈願をした時に起こったこと…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日は少し趣向を変えて、織田信長が桶狭間の戦いの戦勝祈願の為、熱田神宮で起こったことを少しご紹介したいと思います。 先週、木村拓哉さん達が「レジェンド&バタフライ」ヒット祈願の為、熱…

「ノースマン 導かれし復讐者」ロバート・エガース監督の伝奇剣劇映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ノースマン 導かれし復讐者」(2022)です。 映画は復讐物で、大鴉王(イーサン・ホーク)が外敵遠征で凱旋するが、叔父フィヨルニルの暗殺で命を落とす。息子アムレート(アレ…

「ナポレオン」アベル・ガンス監督の素晴らしい実験的無声映画巨編…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ナポレオン」(1927)です。 フランスのアベル・ガンス監督作品「ナポレオン」を1983年にフランシス・フォード・コッポラ監督が配給し日本で東京、大阪、名古屋等で公開した…

「デュエリスト/決闘者」リドリー・スコット監督の気合の入った劇場映画第一作ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「デュエリスト/決闘者」(1977)です。 この作品は、内容が渋いので日本では「エイリアン」後の82年に公開されており、見逃した方もいるのではないかと思います。ジョセフ・…

「ノベンバー」珍しいエストニアの映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ノベンバー」(2017)です。 初めてのエストニア映画ですが、軽く考えてまったく予備知識なしで鑑賞したのが間違いでした。中世の干乾びた寒村での話ですが、冒頭"使い魔ク…

「ヴィドック」19世紀フランス、探偵ヴィドックによる落雷殺人事件の映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ヴィドック」(2001)です。 この映画は、世界初の探偵と言われる19世紀初頭に暗躍したこのフランソワ・ヴィドックと言う男が、警視総監に依頼されて落雷殺人事件を解決する…

「グランド・マスター」カンフーは横か、縦か(相手は必ず倒せ)という映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「グランド・マスター」(2013)です。 映画は、1930年代中国南部佛山の武術家葉問(イップ・マン:トニー・レオン)の生涯を描いた作品で、彼が40歳頃東北地区の重鎮ゴン・パオ…

「オフィサー・アンド・スパイ」ドレフュス事件を扱った映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「オフィサー・アンド・スパイ」(2019)です。 御年88歳のポランスキー監督作品です。あのドレフュス事件を扱った映画です。気合が入った作品になっています。そうですね、彼…