レタントンローヤル館

主に映画のお話

「地球の静止する日」ロバート・ワイズ監督同名の古典SF映画のリブートですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「地球の静止する日」(2008)です。 映画は、地球外生物学者ヘレン博士(ジェニファー・コネリー)のもとに政府のエージェントが現れ、ヘレンはある軍施設に招聘される。そこに…

「渇きと偽り」エリック・バナがなかなか渋いサスペンススリラー…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「渇きと偽り」(2020)です。 オーストラリアの新鋭監督ロバート・コリノーによるサスペンススリラーです。主演は「ブラックホーク・ダウン」「ハルク」「きみがぼくを見つけ…

「ダーク・ブルー」ナチスに併合されたチェコを脱出したパイロットが義勇兵としてRAFで活躍する映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ダーク・ブルー」(2001)です。珍しいチェコ映画です。 この映画はスタジオジブリ初の海外提供作品です。理由は、スピットファイアー戦闘機Mk.Ⅰ,MkⅤが登場するからでしょう…

「フランス軍中尉の女」カレル・ライス監督入魂の力作でしょうか…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「フランス軍中尉の女」(1981)です。 映画は、1980年英国ドーセット州ライム・レジスで米女優アンナ(メリル・ストリーブ)と英男優マイク(ジェレミー・アイロンズ)が新作映画…

「トロン レガシー」前作「トロン」の28年ぶりの続編ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「トロン レガシー」(2010)です。 1982年に製作された「トロン」は世界で初めてGCを導入した映画でした。そんなに驚きはしませんでしたが、そういう時代になったんだと当時…

「ファイブ・イージー・ピーセス」ジャック・ニコルソン主演の隠れたニューシネマ映画の佳作ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ファイブ・イージー・ピーセス」(1970)です。 日本ではあまり有名ではありませんが、ボブ・ラフェルソン監督今年7月23日に亡くなっていました。不覚にも亡くなっていたこ…

「グランド・マスター」カンフーは横か、縦か(相手は必ず倒せ)という映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「グランド・マスター」(2013)です。 映画は、1930年代中国南部佛山の武術家葉問(イップ・マン:トニー・レオン)の生涯を描いた作品で、彼が40歳頃東北地区の重鎮ゴン・パオ…

「赤い航路」この作品はポランスキー監督得意のSMチックな愛憎映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「赤い航路」(1992)です。 映画は、ナイジェル(ヒュー・グラント)とフィオナ(クリスティン・スコット・トーマス)は結婚7周年と言うことで地中海クルーズに。そこで出会った…

番外編 年末年始に公開される作品について

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日は秋口から年始に公開される作品、特に古い作品についてご紹介したいと思います。 色々な作品が公開されますが、結構古い作品が多いので驚きます。これもコロナ禍の影響でしょうか? 2020,21…

「アメリカの夜」映画作りってある意味こんな風なんですね…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「アメリカの夜」(1973)です。 「パメラを紹介します」という映画、息子が連れてきた恋人と息子の父が深い仲になる映画の様で、あのルイ・マル監督「ダメージ」のような映画…

「テナント/恐怖を借りた男」おっと、この作品はいけませんね…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「テナント/恐怖を借りた男」(1976)です。 映画は、ポーランド系フランス人トレルコフスキー(ロマン・ポランスキー)が部屋を借りにある古風なマンションの一室を訪れるとこ…

「プレステージ」ノーラン監督作としては評価の別れる作品でしょう…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「プレステージ」(2006)です。 監督はあのクリストファー・ノーラン、面白い題材の映画です。こういうタイプの映画、奇術師が主人公の映画は初めてなのでは。 映画は、19世…

「シャーロック・ホームズの素敵な挑戦」シャーロッキアンがほくそ笑む映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「シャーロック・ホームズの素敵な挑戦」(1976)です。 シャーロッキアンとはシャーロック・ホームズの熱狂的なファンのことで、例えば、小説家島田荘司さんはシャーロッキア…

「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」あの武闘派ホームズ映画第二弾…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」(2011)です。あの武闘派ホームズ映画第二弾です。 ようやく戻ってこれました。伝記映画よりこちらのサスペンス映画の方が、当ブ…

番外編 ヌーヴェルヴァーグの旗手ジャン=リュック・ゴダールさん追悼

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。ジャン=リュック・ゴダールさんが亡くなりました。謹んで追悼したいと思います。 いや、長生きされた方ですね。私はどちらかと言えば苦手な監督で、彼の作品あまり見ておりません。「勝手にしや…

「ダイアナ」三人の結婚生活だった…という悲しく孤独な伝記映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ダイアナ」(2013)です。 TVでエリザベス女王が今月8日に逝去され、息子チャールズ皇太子が英国王になり、その後ろに控えたカミラ王妃を見た時、ああ、ダイアナ妃がいない…

「スティーブ・ジョブズ」伝記映画と思いきやこの映画の構成は…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「スティーブ・ジョブス」(2015)です。 殺伐として作品が続いたので、どちらかと言えば明るい雰囲気の作品としてこの映画を選びました。ジャンルで言えば伝記映画ですが、こ…

「人斬り」五社英雄監督第二作、こちらは抜群に面白い時代劇と三島由紀夫について…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「人斬り」(1969)です。 予告した通り、今回は五社英雄監督第二作「人斬り」をご紹介します。「御用金」は今一つ盛り上がりに欠けた作品でしたが、こちらの作品は大変面白く…

「御用金」TVシリーズ「三匹の侍」五社英雄監督劇場映画第一作ですが…

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「御用金」(1969)です。 ずっとこの作品がBD/DVD化されるのを待っていました。最近、DVD化されたので鑑賞しました。 今回はその印象をお話したいと思います。60年代中頃、フジテレビ…

「インフィニット 無限の記憶」アントワン・フークア監督版「ハイランダー 悪魔の戦士」ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「インフィニット 無限の記憶」(2021)です。 映画は、前世の記憶を持ち続ける特殊な人々"インフィニット"は、二つの勢力に分かれていた。人類の為にその能力を使用するビリ…

「デュプリシティ~スパイはスパイに噓をつく」産業スパイが主人公というサスペンススリラーですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「デュプリシティ」(2009)です。 楽しいサスペンススリラーです。理由は主人公の職業が産業スパイなのですから。産業スパイの映画って余りありません。私が知っている作品は…

「愛のメモリー」ヒチコック・サクセサー(後継者)デ・パルマ監督の記念すべきオマージュ映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「愛のメモリー」(1976)です。 いや、この映画、ヒチコック映画が好きな人には堪らない作品ですね、特にあの傑作「めまい」にオマージュを捧げた映画なのですから。勿論、ヒ…

「地下室のヘンな穴」おフランス製のヘンなコメディ映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「地下室のヘンな穴」(2021)です。 時間が空いたので鑑賞しました。12時間進んで3日間若返る、これはねじれた空間のウォームホールのお話かなと思いました。ほら、ロバート…

「怪奇と幻想の島 」ジョン・ファウルズの小説「魔術師」を映画化した作品ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「怪奇と幻想の島」(1968)です。日本では公開されていません。テレビで放映されたことがあるとは聞いていますが。 映画は、ニコラス(マイケル・ケイン)が同棲していたアン(…

「ブレット・トレイン」裏切り血の復讐をのせて戦慄の弾丸列車が京都に向かう映画…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ブレット・トレイン」(2022)です。 レディバグ(てんとう虫)と言うジョブネームの男(ブラッド・ピット)が引き受けた仕事、それは新幹線に乗ってブリーフケースを奪う簡単な…

「チャッピー」ニール・ブロムカンプ監督SF映画第三作ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「チャッピー」(2015)です。 近未来。南アフリカ、ヨハネスブルグ。高い犯罪発生率を減らす為、政府は治安維持ロボットの導入を決定し兵器メーカー テトラバール社から治安…

「サクリファイス」核戦争を描いたタルコフスキー監督の遺作ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「サクリファイス」(1986)です。 スウェーデン、ゴトランド島でひっそりと暮らしているアレクサンドル一家。美しい景観に囲まれた処で、その日はアレクサンドルの誕生日。彼…

「ザ・ディープ」映画よりドナ・サマーの妖艶なディスコミュージックが有名な作品ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ザ・ディープ」(1977)です。 もう夏も終わりなので夏らしい作品ということで、この作品を選んでみました。十何年ぶりに鑑賞しました。原作があの「ジョーズ」のピーター・…

番外編 昔々名古屋にこんな映画館がありました…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日はその昔名古屋に存在したある映画館のお話をしたいと思います。 ミリオン座 名古屋ってこんなことをよく言われます、文化の墓場だと。それは、まずまずの人口と働くところにはまあ恵まれて…

「ジェラシック・ワールド/新たなる支配者」シリーズ最終作ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ジェラシック・ワールド/新たなる支配者」(2022)です。 あの「ジェラシック・パーク」から6作目で、第二シリーズ「ジェラシック・ワールド」第三作目完結編です。 今回は…