「狼の挽歌」チャールズ・ブロンソンのファムファタール映画ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「狼の挽歌」(1970)です。

f:id:wedplain:20210126100132j:plain

「さらば友よ」(1968)でブレークしてその余勢をかって製作された作品で、監督は「血斗のジャンゴ」等で有名なセルジオ・ソリーマ、共演が妻のジル・アイアランド、テリー・サバラス(女王陛下の007)、ミシェル・コンスタンタン(穴、ギャング)、ウンベルト・オルシーニ(続エマニエル夫人)、そして音楽がエンニオ・モリコーネなのでかなり気合の入ったフィルムノワールになっています。

 

殺し屋ジェフ(チャールズ・ブロンソン)は、バージン諸島で休暇中、ヴァネッサと言う女性と仲良くなる。が、謎の車に追跡される。追跡をかわして逃げ込んだところに前の仕事の依頼人クーガンがおり、ジェフを殺そうとして、ヴァネッサと共に逃げてしまう。ジェフは、追ってきた殺し屋を射殺し、警察に収監されるが、正当防衛で釈放される。

 

ジェフはニューオーリンズに向かい、旧友キレインの助けを借り、レース中にクーガンが操縦するレースカーのタイヤを撃ち抜き、焼死させる。ジェフはバァネッサを探し出して、高飛びしようとするが、クーガンを狙撃した時の写真でゆすられ、犯罪組織のボス、ウェーバー(テリー・サバラス)に会い、組織に入るよう持ち掛けられる。

 

が、ジェフは断る。そこでジェフはヴァネッサがウェーバーの妻になっていることを知る。ウェーバーの弁護士スティーブはヴァネッサは危険な女だという。ヴァネッサのコテージに入る時、ジェフはキレインに襲われ、撃ち殺す。ウェーバーを始末すると、ヴァネッサは写真をスティーブに渡して、ジェフはニューオーリンズ警察から追われるようになる。

 

ヴァネッサは、スティーブと共にウェーバーが所有していた大企業に乗り込むのだが、そこにジェフの憤怒の弾丸が・・・

 

この作品で一番の見所は、気前良く脱ぎまくるジル・アイアランド、ラストのガラス張りエレベータ狙撃シーンそしてモリコーネのコッテリした音楽でしょう。

 

良く出来た映画ですが、セルジオ・ソリーマ監督の腕前がもう少し良ければ・・・

但しなかなか良い構図はあります。

脱ぐのは結構だけど、アイアランドの演技がもう少し深みがあれば・・・

残念ですが、とても綺麗ですが、悪女(ファムファタール)にはちょっと。

 

このブログ作成にDVD英語版を鑑賞しています。     八点鍾

 

f:id:wedplain:20210126100232j:plain

f:id:wedplain:20210126100302j:plain

f:id:wedplain:20210126100327j:plain

f:id:wedplain:20210126100350j:plain

f:id:wedplain:20210126100421j:plain

f:id:wedplain:20210126100442j:plain

f:id:wedplain:20210126100504j:plain

 

 

その他として

ゴジラ対コングの予告編が解禁になりました。お楽しみください。

 

 

こちらは、007ノー・タイム・トゥ・ダイの主題歌

www.youtube.com