番外編「フォーリング・ダウン」ジュエル・シュマッカー監督追悼

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。「依頼人」「オペラ座の怪人」のジュエル・シュマッカー監督が亡くなりました。ここに謹んで追悼いたします。

 

前述したように「依頼人」「オペラ座の怪人」が有名ですが、ここではあまり有名でないかもしれませんがマイケル・ダグラス主演「フォーリング・ダウン」(1993)を紹介したいと思います。

 

彼のキャリアの中で最もキレたというか、エッジの利いた作品だと思います。通勤中の交通渋滞でプツンと切れてしまったディフェンスは、チンピラから機関銃、ショットガン、挙句の果てに使い捨て対戦車ミサイル迄手に入れ大暴走するというストーリーですが、意外にお話の方が弾けなかったのが残念ですが、痛烈な社会風刺映画でした。

ホント、もう少し弾けたらハリウッド版「ウィークエンド」になっていたでしょう。

 

ハリウッドで監督業についたなら一度はスタジオにたてついて、この監督のようにエッジ利いた作品を作って欲しいと思います。観客は必ず見ていますから。ご冥福をお祈りいたします。                     八点鍾

 

f:id:wedplain:20200624092118j:plain

f:id:wedplain:20200624092143j:plain

f:id:wedplain:20200624092223j:plain