レタントンローヤル館

主に映画のお話

番外編 ヴォーカリスト シビル・シェパードってご存知ですか?

レタントンローヤル館にお出で頂き有難うございます。今日は70年代のクール・ビユーティー シビル・シェパードについてお話したいと思います。

f:id:wedplain:20220113091759j:plain

映画監督ピーター・ボクダノビッチさんが亡くなりました。ご冥福をお祈りします。

70年代初頭コッポラ、フリードキン監督達と並んでボクダノビッチ監督が紹介されました。但し、彼の作風はコッポラ、フリードキン監督のような力強い作風でなくこじんまりとした作風で、日本では「ペーパームーン」が評価されましたが興行成績は良くなかったのでしょう。彼の映画はずっーとそっぽ向かれたままで、そのうちあのプレイメイトのトラブルに巻き込まれて…

彼の訃報を聞いて、思い出したのはBS放送で見た「殺人者はライフルを持っている!」、個人的にはこの路線で彼は進むべきだっと思います、そして、初期の彼の作品によく主演していたシビル・シェパードのことだった。

70年代ハリウッドのクール・ビューティー 言えばシビル・シェパードでしょう。70年代と言えば、アイリーン・ブレナンとかクロリス・リーチマン、カレン・ブラック達が闊歩していた時代なのですから。

シビルは美しすぎて伸びなくて、まあ演技もそこそこなので、やがて活躍の場をTVに移し、そしてジャズヴォーカリストに。

いまでも、映画、TVで活躍しているようですが、私はこちらで名を上げて欲しかった…どちらかと言えば歌の巧さで魅せるシンガーではありませんが、ムードで魅せるシンガーならかなり行けたのではと今でも思っています。アルバムはかなりあるようですが。

                             八点鍾            

f:id:wedplain:20220113091844j:plain

f:id:wedplain:20220113091901j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

web.archive.org