「ワールド・オブ・ライズ」リドリー・スコット監督のエスピオナージスリラー・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ワールド・オブ・ライズ」(2008)です。

f:id:wedplain:20201111110039p:plain

リドリー・スコット監督と言えば、数少ない監督の名前で観客が入るスーパー監督の一人と言って良いでしょう。第一作「デュエリスト/決闘者(1977)」から最新作「ゲティ家の身代金」迄約四十年間、失敗作が殆どないのも彼の特色でしょう。

ハリウッドはとても厳しい処なので、スタジオと喧嘩して作品が台無しになったり、興行的に失敗すると干されたり大変なところです。

 

この作品「ワールド・オブ・ライズ」を劇場で鑑賞した時、ヨルダン情報部責任者ハ二を演じたマーク・ストロングがすこぶる良いが、全体的に地味なエスピオナージスリラーだと思いました。007シリーズ、ミッション・インポッシブルシリーズ等と比較して見劣りする作品だと。

正しく言えばジャンルが違います。

 

映画は、欧州で無差別テロが起こり、その首謀者アル・サリームをあぶり出す必要があり、CIAエージェント、フェリス(レオナルド・ディカプリオ)とホフマン(ラッセル・クロウ)が担当することになった。

なかなか尻尾を出さないアル・サリームを引きずり出す為、二人は架空のテロ組織を作り上げることにした。偽の死体を用意しトルコの米軍基地を偽装爆破して、架空のテロ攻撃を演出し、アル・サリームの動きを監視すると、架空のテロ組織にコンタクトし始めてきたが・・・

 

最近、この作品を鑑賞し見直しました。とてもテンポが良く、バランス良く出来ているのです。

当時、911テロで米国はアフガニスタン続いてイラクへ軍事介入し、その後アラブの春が起こり、色々な国が内戦状態に、そういう国際情勢の中、結構上手い立ち位置で今見てもおかしくない映画に仕上がっているのです。

あの「ゼロ・ダーク・サーティ」にはかないませんが。

 

映画は、アクションありのラブ・ロマンス仕立てにもなっていて、イラク人女性看護師アイシャ(ゴルシフテ・ファラハニ)の描き方が若干地味なのが惜しいと思うぐらいで、どちらかと言えば、もう少し派手気味に演出した方が、作品として良かったのではと思う位です。彼女、映画では地味ですが、ファションフォトではなかなかエキゾチックな美人なのに惜しい。

 

この映画が言いたいのは、こういうテロ対策には、イミント(画像情報)、シギント(通信信号情報)等より、ヒューミント(人間情報)が一番効果が良く、安上がりだということだと思います。やはり泥臭い諜報活動が一番なのですね。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。

f:id:wedplain:20201111110135j:plain

f:id:wedplain:20201111110159j:plain

f:id:wedplain:20201111110223j:plain

f:id:wedplain:20201111110245j:plain

マーク・ストロング

f:id:wedplain:20201111110329j:plain

f:id:wedplain:20201111110353j:plain

f:id:wedplain:20201111110418j:plain

f:id:wedplain:20201111110441j:plain

ゴルシフテ・ファラハニ