「ネクスト」勇ましいジュリアン・ムーアと2分先が見える男ニコラス・ケイジのサスペンススリラー映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ネクスト」(2007)です。

f:id:wedplain:20210711094955j:plain

ご覧になった方は、余りいないのではないかと思います。私も最近BDを購入し、鑑賞したばかりです。100分弱の作品なので、いま一歩なのかなと思い、鑑賞すると意外に良いんです。監督はリー・タマホリ、「007 ダイ・アナザ・デイ」「トリプルX ネクスト・レベル」が有名です。

 

映画は、核兵器共にLAに潜伏したテロリストを逮捕するために、FBIのフェリス捜査官(ジュリアン・ムーア)は、ラスベガスでケチなマジックで生計を立てているクリス(ニコラス・ケイジ)がある時、強盗殺人事件を未然防いだことに目を付け、彼が予知能力、二分先の未来を見ることが出来る、を持っていると確信して、捜査に協力させる。だが、テログループはクリスの恋人を拉致して、捜査を妨害し始めるのだが…

 

原作はフィリップ・K・ディックの「ゴールデン・マン」ですが、全く別物になっています。どちらかと言えば、ラリー・コリンズとドミニク・ラピエール共著「第五の騎手」からアイデアを頂いている様な感じさえします。

 

でも、「ハンニバル」で味をしめたのか勇ましいジュリアン・ムーアのバードボイル演技はなかなかイケます。結構死体の山を作ってくれます。又、ニコラス・ケイジも後半どっしり構えてとても良く、予知能力を最大限に活用し、テログループの仕掛けたトラップを外して追いつめていくところは見せてくれます。

 

ラストは意見が分かれるところです。このラストも悪くありませんが、やはり興行を考えるとストレートなラストの方が良いかと思いますが、量子物理学には、観測者効果と言う現象があり、観測者が観測することで未来に影響を及ぼすとか。うーん、難しすぎます。だから、こういうラストもあるのだと…

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。  八点鍾

f:id:wedplain:20210711095034j:plain

f:id:wedplain:20210711095107j:plain

f:id:wedplain:20210711095129j:plain

f:id:wedplain:20210711095147j:plain

f:id:wedplain:20210711095210j:plain

f:id:wedplain:20210711095229j:plain

f:id:wedplain:20210711095246j:plain

f:id:wedplain:20210711095308j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com