レタントンローヤル館

主に映画のお話

「シャーロック・ホームズの素敵な挑戦」シャーロッキアンがほくそ笑む映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「シャーロック・ホームズの素敵な挑戦」(1976)です。

シャーロッキアンとはシャーロック・ホームズの熱狂的なファンのことで、例えば、小説家島田荘司さんはシャーロッキアンですが、その中の一人ニコラス・メイヤーが執筆した小説を映画化した作品です。

ホームズ物は世界的にとても有名な作品なので、前回紹介した武闘派ホームズ映画もあれば、ビリー・ワイルダーが創作したホームズ映画もありますが、この作品は正統派ホームズ映画に近い味わいを持っています。

映画は、1891年倫敦から始まります。ホームズ(ニコール・ウイリアムスン)はコカイン中毒により幻視を見るようになりモリアーティ教授に付きまとうようになっていた。心配になったワトソン(ロバート・デュバル)と兄マイクロフトの協力を得て、欧州ウィーンでフロイト博士(アラン・アーキン)の治療を受けることになった。それは、フロイト博士得意な催眠術とコールドターキー法(禁断症状)を組み合わせた物であったが、ホームズは何とかコカイン中毒を脱し、フロイト博士の患者ローラ(ヴァネッサ・レッドグレーブ)の自殺未遂の原因を調べ始めるのだった…

演出はハーバート・ロス、古風なスタイルで若い方には馴染みにくいのかもしれませんが、原作には一番近いのではないと思います。美術ケン・アダム、音楽ジョン・アデソン、撮影オズワルド・モリスとスタッフの方々は実力派の方々がそろっており、好きな人には堪らない映画だと思います。

そういう訳ですが、やはりこの作品も女優の魅力が少し欠けており、チラリと登場するサマンサ・エッガーをローラの役柄に変更した方が良かったのではと思いますが。

でも、とても楽しいホームズ映画になっていることには間違いありませんが。

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。        八点鍾

www.youtube.com

www.youtube.com

www.tcm.com