レタントンローヤル館

主に映画のお話

「赤い航路」この作品はポランスキー監督得意のSMチックな愛憎映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「赤い航路」(1992)です。

映画は、ナイジェル(ヒュー・グラント)とフィオナ(クリスティン・スコット・トーマス)は結婚7周年と言うことで地中海クルーズに。そこで出会ったオスカー(ピーター・コヨーテ)とミミ(エマニュエル・セニエ)というカップルに出会い、互いに興味を持った。

オスカーは、ナイジェルにミミとのなり染めとその後の過激な性生活を話しだし、ナイジェルもミミに興味を持ち、その話に聞き入るのだった…

少し前ご紹介した「テナント/恐怖を借りた男」は余りいただけない作品でしたが、こちらは違います。強烈且つドロドロな愛憎劇で、若干観客を選ぶ作品ですが、好きな人には堪らない作品になっています。うーん、美しいです。

観客を選ぶ映画で、こういう言い方は失礼ですがある程度齢を重ねないと分からない作品でもあると思います。私も若い時に劇場で鑑賞しましたが、あまり理解できませんでした。でも今回は凄く面白かった。

こういう有りそうであり得ない男女関係、例えば「妖精たちの森」「ラストコーション」「ラストタンゴ・イン・パリ」「危険な情事」等と同じくらいに良く出来ていますが、今一つ話題性に欠けるのがこの作品でしょう。

ポランスキー監督の演出は正統派で良いのですが、「ラストタンゴ…」のようにもう少し過激性があれば、話題性も盛り上がりもっと良かったと思います。

「フランテック」では只のセクシー女優のエマニュエル・セニエがさらに大胆に、ピーター・コヨーテ、クリスティン・スコット・トーマスもなかなか良く、この手の映画好きには楽しめる作品になっています。

音楽が「ブレードランナー」のヴァンゲリス、それとは違うしっとりとしたスコアー書いています。

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。          八点鍾

 

追記 この作品、BDで鑑賞した時、映像も音響もとてもクリアで、劇場で鑑賞した時よりも印象が良い感じがしました。時々ありますね、こういう事。

www.imdb.com

www.youtube.com

 

悩ましいセニエさんのセクシーショット 映画とは無関係です



wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com