「エージェント・マロリー」レアなエスピオナージスリラーですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「エージェント・マロリー」(2012)です。

f:id:wedplain:20210302100625j:plain

映画は、民間軍事会社に所属するマロリー(ジーナ・カラーノ)は、バルセロナので拘束されていたジャーナリストを救出し、サンディエゴの自宅に戻ると、上司ケネス(ユアン・マクレガー)が現れ、MI6の仕事をダブリンで行って欲しいといわれ、ポール(マイケル・ファスベンダー)と一緒にダブリンに行く。

 

目的の場所で、救出したジャーナリストが死体になっており、ポールもホテルに戻るとマロリーに襲い掛かって来た。ポールを殺し、ホテルを出るとアイルランド警察が執拗に追跡してきて、何とか追跡をかわして、米国にいる父の下に戻るのだが・・・

 

「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督の珍しいエスピオナージスリラーです。スパイ物としてあまり目新しくは有りませんが、ソダーバーグ監督作品らしくガッチリと作られています。脇を演じる男達は、前述以外にマイケル・ダグラス、アントニオ・バンデラス、ビル・パクストン、チャニング・テイタムと豪華です。だから、悪い映画ではありません。

 

が、マロリーを演じるジーナ・カラーノは格闘家出身なので、アクションは素晴らしいのですが、今一つ魅力に欠けるのがこの映画の欠点でしょう、キャスティングが。

何かセリフも少ないし、うーん、悪いけど、どう見ても主役を張るタイプではありません。

 

例えば、ダイアン・クルーガー、レイチェル・マクアダムスあたりが演じていたら、作品その物の評価も高くなり、興行的にもより成功していたと思いますが。個人的には、ノオミ・ラパス辺りが好きなんですけど。彼女ならもう完璧。たまりません。うーん、美しいです。

 

昔のチャールズ・ブロンソンの様に、ビシバシと世界平和の乱す、役立たずなワル達のド頭を9ミリ弾でぶち抜いてくれるでしょう。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。      八点鍾

f:id:wedplain:20210302100701j:plain

f:id:wedplain:20210302100723j:plain

f:id:wedplain:20210302100745j:plain

f:id:wedplain:20210302100811j:plain

f:id:wedplain:20210302100837j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com        少し前のラパス主演映画

 

www.youtube.com    こちらもラパスの主演映画