レタントンローヤル館

主に映画のお話

「アメリカン・ジゴロ」リチャード・ギアがセクシー、ポール・シュレーダー脚本・監督の作品ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「アメリカン・ジゴロ」(1980)です。

f:id:wedplain:20210109162032j:plain

IMDb

この映画は、ハリウッド映画としてはかなり味わいの違う作品です。監督がポール・シュレーダーで、脚本家出身です。脚本家としてはあの高倉健主演の「ザ・ヤクザ」「タクシードライバー」「愛のメモリー」このブログでも紹介した「ローリング・サンダー」「レイジング・ブル」「キャット・ピープル」そして私は未見ですが、三島由紀夫の生涯を描いた異色作「ミシマ」(1985)があります。

 

この作品は、LAの歓楽街に息づく男性エスコートサービスの生態をサスペンスタッチで描いた作品です。

 

冒頭、甘いマスクのジュリアン・ケイ(リチャード・ギア)がアルマーニのスーツに身を包み、漆黒のメルセデス450SLを乗り回し、バックにデボラ・ハリーの歌「コール・ミー」が被さるシーンはとてもセクシー。身体を鍛え、ファションセンスは抜群、女性を楽しませるユーモアもあり、5~6ヶ国の言語を話す。

 

ホテルで待ち合わせをしていると、一人の若い女性と目が合い、親しげに声を掛けるジュリアン、彼女は上院議員夫人ミシェル(ローレン・ハットン)、夫と上手くいっていなく、ジュリアンとねんごろになってしまう。

 

ジュリアンはエスコートサービスのアンの指示で、仕事をするのだが、ある時友人リオンの頼みで、ある婦人の過激なサービスを依頼され、気が進まなかったが引き受ける。

 

暫くすると、その婦人が遺体で発見され、当日別の婦人とのサービスを行っていたジュリアンは、その婦人がアリバイを証明してくれなく、窮地に立たされる。そして、ジュリアンはLA警察に拘束され・・・

 

映画のタッチはハリウッドスタイルではなく、フランスタッチでサスペンススリラーと言うよりMTVスタイル、ジュリアンのライフスタイル描写を中心に話が進んでいきます。登場する人物の部屋のインテリア、配色、そのオブジェ等なかなか興味深い。

加えて、音楽がジョルジオ・モロダーでディスコ・ポップ風でとても懐かしい。

 

作品の質も「ザ・ヤクザ」「タクシードライバー」「レイジング・ブル」と比較すると若干軽い作品になっています。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。      八点鍾

 

f:id:wedplain:20210109162115j:plain

f:id:wedplain:20210109162134j:plain

f:id:wedplain:20210109162213j:plain

f:id:wedplain:20210109162238p:plain

f:id:wedplain:20210109162301j:plain

f:id:wedplain:20210109162322j:plain

f:id:wedplain:20210109162345j:plain

 

www.youtube.com

 

wedplain15.hatenablog.com