レタントンローヤル館

主に映画のお話

「グッド・ナース」ジェシカ・チャステイン主演の医療サスペンス映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「グッド・ナース」(2022)です。

この映画は、Netflixで10月26日から放映されますが一部劇場で10月21日から公開されています。

映画は、心筋症を患いながら二人の子供を持つシングルマザーのエイミー(ジェシカ・チャステイン)は、患者からは評判の良い介護士だ。ある時新人のカレン(エディ・レッドメイン)が配属される。人のいい男なので直ぐに打ち解けたのだが、彼女が担当している患者が亡くなる事故が起きた。何かおかしいと感じるエイミー、やがて、彼女は別の病院の友人から彼の事を聞く。彼がいた時、病院の月間死亡者が多かったけれど、今は月一人いるかいないかと。やがて警察も内定を始めるのだが…

この作品、医療サスペンス映画、例えば古い作品ですがマイケル・クライトン監督「コーマ」(1978)の様なサスペンス映画ではなく事実に基づいたドラマ風な味わいで、サスペンスを期待すると拍子抜けします。全体にしっかりと纏まっていますが、もう一つ足りないと言う感じです。例えば、ラスト、取調室でのシーンも史実がこうだからではなく、もう少し何とかならないのかなと思います。ここがもっと盛り上がると素晴らしい作品なんですが。但し、劇場の大きな画面では物足りないのですが、TV画面で鑑賞すれば意外に好いのかもしれませんが。こういうことはたまにあります。

演技面では、ジェシカ・チャステインも良いのですが、それ以上に、犯人であるエディ・レッドメインの演技が何か不気味で素晴らしい。          八点鍾

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

www.youtube.com