「シャーロック・ホームズ」武闘派ホームズの冒険ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「シャーロック・ホームズ」(2009)です。

 

f:id:wedplain:20201029134149j:plain

 

映画は、黒魔術を信奉し五人の若い女性を生贄にしたブラックウッド卿(マーク・ストロング)を拘束し世たホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)とワトソン(ジュード・ロウ)だが、死刑を宣告されたブラックウッドは、私は復活し、世界はさらに混沌するだろうと言い残し絞首刑となった。

暫くすると、墓は暴かれ死体は消えていた。ホームズは、アイリーン・アドラー(レイチェル・マクアダムス)に頼まれ、失踪したある人物の捜査にあたるのだが・・・

 

この作品は、コナン・ドイル卿が想像したシャーロツク・ホームズ物語のパスティーシュ(作風の模倣のこと)です。少し前紹介した「ルパン」もパスティーシュになります。

シャーロック・ホームズのパスティーシュは、このブログでも紹介したビリー・ワイルダー監督「シャーロックホームズの冒険(1970)」、ハーバート・ロス監督「シャーロック・ホームズの素敵な挑戦(1976)」もパスティーシュになります。他にもホームズ物はありますが、シャーロキアンが認める映画作品は、これら作品だけでしょう。

 

もう一つ、このパスティーシュは、今までの作品と少し味わいが違います。この作品が公開された時に使われた言葉を借りますと、武闘派、アクション派の味付けになっています。もう凄いです、相手を倒すのに緻密ら計算して行動するという演出が監督ガイ・リッチーの新解釈です。面白いです。そういう意味で新しいホームズ像を観客に提供し、成功していると思います。とても良く出来ています。

元々、ホームズは日本を発祥とする武術バリツを体得している訳ですから、おかしくありません。映画の中では、空手の様な格闘技、棒術をふんだんに見せてくれます。

 

ヴィクトリア朝の雰囲気を出す為CGを多用していますが、人によっては安っぽいとか言うかもしれませんが、特に造船所のドック、ラストのロンドンブリッジでのアクションシーン等、私はとても良く出来ていると思います。

ハンス・ジマーの音楽もサスペンスフルで、映画を更に盛り上げることに成功していると思います。

 

この作品がヒットしたので、次作「シャーロック・ホームズ: シャドウ  ゲーム」(2011)が公開されています。ノオミ・ラパスが助演しているこの作品もいずれご紹介したいと思います。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。      八点鍾

 

wedplain15.hatenablog.com

 

 

f:id:wedplain:20201029134236j:plain

f:id:wedplain:20201029134255j:plain

f:id:wedplain:20201029134319j:plain

f:id:wedplain:20201029134339j:plain

f:id:wedplain:20201029134415j:plain

f:id:wedplain:20201029134446j:plain

f:id:wedplain:20201029134523j:plain

f:id:wedplain:20201029134543p:plain

f:id:wedplain:20201029134610j:plain

f:id:wedplain:20201029134631j:plain

 

www.youtube.com