レタントンローヤル館

主に映画のお話

「アルパーサの決闘」あのエド・ハリス製作・監督・脚本・主演の正統派西部劇の力作ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「アルパーサの決闘」(2008)です。エド・ハリス製作・監督・脚本・主演のこの作品は、日本未公開でビデオスルーとして公開されています。

前述したようにエド・ハリス製作・監督・脚本・主演の西部劇です。彼は「ライトスタッフ」「アビス」「ザ・ロック」「スターリングラード」等男臭い役柄が得意な男優で今回の凄腕ガンマンの役などは得意中の得意と言う感じでおまけに監督迄やってのけています。

この作品は監督第二作目で、一作目「ポラック 二人だけのアトリエ」は見ていませんが、この作品ではなかなかの腕前を見せています。

映画は、アルパーサの町で保安官が悪徳牧場主ブラッグ(ジェレミー・アイアンズ)に殺されて、アパルーサの実力者達は困り果てて雇われ保安官としてコール(エド・ハリス)とエヴァレット(ヴィゴ・モーテンセン)の2人を迎い入れた。

百戦錬磨の二人は、敵を倒しつつブラッグを逮捕して裁判にかける。が、ブラッグの部下達によってコールの婚約者アリソン(レネー・ゼルフィガー)を人質に取り逃走する。コールとエヴァレットは追跡を開始するのだが…

このリアルな正統派西部劇、キャストも良く結構見せてくれます。エド・ハリスも良いのですが、もっと素晴らしいのはヴィゴ・モーテンセンで、"8ゲージ"と呼ばれるダブルバレルショットガンをぶっ放して相手を倒すシーンがとてもリアルで、うーん美しいです。そんなパワーのある銃なので、彼のジャケットの右肩には、その衝撃を緩和する為革あてが縫い付けられており、そういう細かなところがこの映画をより楽しくさせています。良く出来た西部劇なので、興味のある方は是非ご覧下さい。

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。       八点鍾

 

追記 味わいとして西部劇「悪党に粛正を」に似ていると思います。この手の作品が好みであれば是非。

 

wedplain15.hatenablog.com

www.youtube.com

www.youtube.com