「遥かなる勝利へ」今度はジャン=ピェール・ジュネスタイルで東部戦線をですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「遥かなる勝利へ」(2011)です。

 

f:id:wedplain:20210515135733j:plain

この作品では、ミハルコフ監督はもう余裕で遊んでいます。冒頭、ワーグナーのニュールンベルグのマイスタージンガーをバックにやぶ蚊が誕生し、その蚊がドイツ軍が構築した丘の上の大要塞に対峙するソ連軍の塹壕に居る兵士達に絡み回るシーンで、ジュネスタイルをまねて余裕を感じさせます。

 

コトフは懲罰部隊の一兵卒となり、幹部たちはスターリンに尻を叩かれ、攻撃を決定し、お馴染み督戦隊(逃げる兵士を監視、射殺する部隊)も用意され、攻撃は開始される。デミートリ大佐は、偶然コトフを発見して、攻撃に参加するが、攻撃は失敗する。

生還したコトフとデミートリ、デミートリからコトフの名誉は回復されたこと、妻のこと色々と聞く。

ナージャ中尉は、この地で看護士として活躍していた。車で負傷兵を運んでいたナージャも、執拗なシュツゥーカの攻撃をかわして生還した。

コトフは、デミートリともにスターリンに会い、そして妻マルーシャと会う。あの1936年に戻ることはもう出来ない。そして、デミートリは政治犯として裁かれることに。

 翌日彼女達は、別の場所へ向かうべくダーチャを後にした。

 

コトフは、約一万五千人の政治犯達を集めて、再びあの大要塞攻撃を指揮するのだが…

 

映画ではコトフとスターリンの会談シーンが素晴らしい。スターリンは、コトフが革命時、多くの虐殺を行ったことを淡々と話す。革命の英雄すなわち、反革命分子をとことん処刑して来た。宗教指導者、農業指導者を容赦なく処刑して来た。

そして、スターリンは言う。革命に対して日和見的なグループがいる。こういう人達が問題なのだ。立場を明確にしてくれないと。彼らを使ってあの大要塞を攻撃して欲しいと。世界中が我々に注目している。やり遂げないと、我々の決意を世界中に披露しないと。

 

これですよね、これを待っていました。こういうロジックで世界は動いていると考えると、例えば、あのジェンダーギャップ指数なんて鼻くそみたいなもので、そんなもので国の方向を考えることの滑稽さを通り越して悲しさ、無意味さ、馬鹿らしさ。国家運営は非情なものだと言う事。そして、こういう映画に出会えたことの幸福感。

ミハルコフ監督は、プーチン大統領ととても懇意と聞いています。多分、彼の周りに本当のスターリンの実像を知っている方がいるのでしょう。こういう追体験が出来る映画って、本当に素晴らしいと思います。

 

私もこの作品、日本で公開された時ノーマークの映画でしたが、今回鑑賞して映画の裏に隠れている思想性に驚愕しました。うっかりしていると、数年後、我々もコトフ達の様に奈落の底に落ちることになるでしょう。出来れば、このシリーズ多くの人に見てもらいたいと。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。       八点鍾

 

f:id:wedplain:20210515135806j:plain

f:id:wedplain:20210515135833j:plain

f:id:wedplain:20210515135853j:plain

f:id:wedplain:20210515135913j:plain

f:id:wedplain:20210515135931j:plain

www.youtube.com

 



 

 

 

 

「戦火のナージャ」あのやたら長いだけの「ヨーロッパの解放」より遥かに面白い東部戦線映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「戦火のナージャ」(2012)です。

 

f:id:wedplain:20210515054213j:plain

あのバルバロッサ作戦が発動され、怒涛のような進撃を開始するドイツ国防軍、敗走に敗走を重ねるソ連陸軍。うーん、美しいです。

バトル・オブ・ブリテンでは、バタバタ落とされたシュトゥーカ急降下爆撃機が大活躍するんですね、この作品。但し、CGと実物大のモックアップですが。

 

映画は1943年から始まります。前作でコトフを逮捕したデミートリ大佐がスターリンに呼ばれ、コトフは死んでいるのか?生きていれば、捜して引っ張って来いとスターリンに言われる。

この作品、冒頭から笑えるんです。政治犯収容所で鍛えられるコトフ大佐、スターリン憎しの夢のシーンが笑えるんです。映画は1941年と1943年と交互に描かれるので少し分かりにくいかもしれません。

シュトゥーカ急降下爆撃機の攻撃で、コトフの収容所は破壊されるが、流石に歴戦の強者、さっと退避する。残った者は、全てドイツ軍の餌食に。コトフは仲間共に流木にしがみつき、戦線から遠ざかる。

近くでは、ドイツ軍から逃げる為、退却用橋に多数の人間が押し寄せもうメチャクチャ。シュトゥーカが攻撃してきて、ソ連軍は間違えて橋を爆破、多数の人が吹き飛ばされる。

 

ナージャも小さな病院船で対岸に渡るべく退避中に、一人の馬鹿がシュトゥーカに信号弾を上げ、それが偵察員に当り死亡したことから、攻撃を食らい撃沈されてしまう。漂っていた機雷に抱き着いて何とか逃げることができた。

コトフは懲罰部隊に入れられ、最前線に。陣地を構築してドイツ軍機甲部隊を待ち構えるが、なんとドイツ軍は後ろからやって来て、兵士は履帯に轢かれて、懲罰部隊は壊滅…

 

ナージャもロシアの原野をさまよい、ある集落に。そこにドイツ機甲部隊が、遅れた兵士がジプシーを撃ち殺し、隠れていた若い女性がドイツ軍兵士を殺したことから、部隊が戻って来て、あの「炎 628」のような虐殺が…

 

この第二部には、第一部に出てきた午睡のような柔らかな優しい風景、情景が時々インサートされます。それ以外に、出て来るのは無残な死、Ⅳ号戦車に轢かれた挽肉のような死、本当に狂っているとしか思えないスターリン、ドイツ軍兵士しか登場しませんが、すこしユーモアが加味されているので、結構滑稽なのです。

游兵と化したコトフとナージャですが、第三部では要塞攻略戦に参戦するらしいのですが…

 

映画はとても面白く、こんなロシア映画は初めてです。スターリン批判が半端で無いし、もうソ連軍崩壊寸前なのですが、本当に戦争末期の日本軍より酷いぐらい、このドロドロ状態をとことん描くミハルコフ監督の腕前も冴えています。

 

こんな絶望的な状態で、自国民を沢山殺して、ドイツ軍も殺して、最終的に勝利したソビエトって凄い国だと思います。日本にはとても出来ない戦い方だと思います。

この時期、私がソ連に生まれていたら、多分Ⅳ号戦車に轢かれて挽肉になって死んだことでしょう。ワハハハッ、それも人生。

 

とても面白い映画ですが、何か怖い映画です。でも笑える、というこれも又ユニークな映画。監督、主演は前作と同じニキータ・ミハルコフ。

では、第三部「遥かなる勝利へ」をお待ちください。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。     八点鍾

f:id:wedplain:20210515054241j:plain

f:id:wedplain:20210515054306j:plain

f:id:wedplain:20210515054323j:plain

f:id:wedplain:20210515054344j:plain

f:id:wedplain:20210515054406j:plain

f:id:wedplain:20210515054422j:plain

 

www.youtube.com

www.youtube.com





 

 

 

 

 

 

 

 

 

「二重螺旋の恋人」双生児の弟ポールを愛したクロエ、ニューロチィックなサスペンススリラーですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「二重螺旋の恋人」(2017)です。

f:id:wedplain:20210513163605j:plain

ざっくりと説明しますと、一卵性双生児がストーリーの軸となる映画ですが、主人公が女性なので受胎が絡み、あの有名なポランスキー監督「ローズマリーの赤ちゃん」(1968)のような雰囲気に包まれますが、どちらかと言えば、ディヴィッド・クローネンバーグ監督「戦慄の絆」(1988)により近似性を持った作品だと思います。

監督は「8人の女」「スイミングプール」のフランソワ・オゾン、フランス製の良く出来たニューロチィックなサスペンススリラーです。とても良く出来ています。

 

ボーイッシュでクールな美女クロエ(マレーヌ・ヴァクト)は、最近腹部が傷む。内科医に見てもらうが異常はなく、そこで精神分析医ポールを紹介してもらう。

ポールは、美しい彼女を見るなり好意を持ち、又クロエも彼を気に入り、同棲することになる。クロエは美術館の監視員の職を得て、腹痛も収まり、幸せの日々が続く。

 

ある日、バスで帰宅する時、街で偶然にポールを見かける。夕食時に、彼に話すと人違いだと言う。意を決してポールを見かけた場所に行くと、ポールとうり二つの男ルイが、同じように精神分析医を開業していて、ポールを弟だと言う。

ルイは、ポールと比較して精力的で逞しく自信家だ。ルイは僕たちはミラーツインだと言う。ポールは猫嫌いだが、ルイは三毛猫の雄を買っている。三毛猫の雄は、胎児の時に胎児の雌に吸収されてしまうから少ないんだと彼は言う。人も同様なことが起こると。

 

ルイと関係を続けるうちに、妊娠していることが判るクロエ。どちらの子か分からなくなり、ルイに告げるとポールの昔の出来事を調べるように教えられる。ポールの昔の恋人サンドラを調べるうちに…

 

クロエの幻想と現実が交差して判らなくなりますが、そういう風にモンタージュしているのですね。よく見ないと判らなくなります。美術館の現代アートのアブストラクトも映画の雰囲気によく合い、この映画のいいムード作りに貢献しています。

ちょっとエロチックなシーン、といよりジェンダーフリーのセックスとはこういうものですというオゾン監督の描くシーンも悪くありませんね。皆さん、気を付けて下さい。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。       八点鍾

 

追記 でも、ポランスキー監督ならもっともっとグロく怖かったかも。

 

f:id:wedplain:20210513163636j:plain

f:id:wedplain:20210513163654j:plain

f:id:wedplain:20210513163714j:plain

f:id:wedplain:20210513163734j:plain

f:id:wedplain:20210513163753j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

「ローグ」女優と言うかグラビアアイドル、ミーガン・フォックス主演の傭兵映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ローグ」(2020)です。

f:id:wedplain:20210512181857j:plain

たまたま時間が空いたので鑑賞しました。予告編では、もっとドギツくゲテモノ色をPRしており、ミーガン・フォックスが主演しているので、ひょっとしたらと期待半分で鑑賞しました。鑑賞してゲテモノ色は殆どなく、結構真摯に作られた作品で、こじんまりと纏まっています。ミーガン嬢もぐっと抑えた演技でいい感じですが、この辺りが限界でしょうか。もっともっと頑張って欲しいと思います。

 

このタイプのアフリカ戦争アクションは、あの「戦争プロフェショナル」からだと思いますが、その後「ワイルド・ギース」とか「戦争の犬たち」「ブラッド・ダイヤモンド」「ブラック・ホーク・ダウン」「13時間」等色々あります。ル・カレ原作の映画「ナイロビの蜂」もこのジャンルに加えても良いでしょう。野生動物の密猟施設が舞台になっているのがこの作品のキーポイント。

 

従来であれば、リチャード・バートン、レオナルド・ディカプリオ、クリストファー・ウォーケン等が主演を務めるところ、ジェンダーフリーの現在では、ミーガン・フォックスのような女性が傭兵部隊のリーダーを務めます。ザラムと言う武装グループに拉致された知事の娘を救出のため、特殊部隊チームが派遣され、彼女を助け出しますが、RPGで救出に来たヘリを撃墜され、崖の上から河に向かって飛び込み、何とか古びた施設に逃げ込みますが、そこは野生動物の密猟施設、そこには施設の檻から逃げ出した雌ライオンが彼らを待ち受けているのだが…

 

前述したようにもっとゲテモノ色は薄く、又ミーガン嬢のエロチック色も薄く、サム(ミーガン・フォックス)は自動小銃を構えて、冷酷に武装グループの男達を殺していく。特に密漁施設で、敵からからAK47を奪い、身体を低く腰を落としたスタイルで淡々とトリガーを絞り、一人また一人とあの世に送っていく彼女、なかなか見せるんです。うーん、美しいです。

 

まあ、ケイト・ウィンスレット、ジェシカ・チャスティン、メリル・ストリーブ様な演技派女優を目指すのではなく、そろそろ五十に手が届きそうなミラ・ジョヴォヴィッチに変わるべくミーガン嬢もアクション派として、ここらで開眼して欲しいと思います。

 

まだまだ三十代前半のミーガン嬢なので、たまにはポロリと・・・

 

あまり期待して見に行くととがっかりするかも、でも良く出来ています。監督はM・J・バセット、共演のフィリップ・ウィンチェスターがなかなかイイ。   八点鍾

 

wedplain15.hatenablog.com

 

f:id:wedplain:20210512181936j:plain

f:id:wedplain:20210512182002j:plain

f:id:wedplain:20210512182026j:plain

f:id:wedplain:20210512182046j:plain

f:id:wedplain:20210512182110j:plain

f:id:wedplain:20210512182559j:plain

www.youtube.com

f:id:wedplain:20210512183745j:plain

 

「ゴッドファーザー: 最終章」コッポラ監督の再編集版ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ゴツドファーザー: 最終章」(2020)です。

f:id:wedplain:20210510175931j:plain

この作品は、1990年に公開された「ゴッドファーザー PARTⅢ」の再編集版です。日本では劇場公開されずにBD版が発売されています。

 

今度は、もう斬った張ったの世界ではなく、バチカン銀行を舞台にマネーロンダリング、国際金融における頭脳戦見せてくれるのかなと思っていましたが、やはりいつものマフィア稼業で…

 

当時、リアルタイムでこの作品を見ましたが、あまりにもメロドラマぽっくて感銘を受けませんでした。どちらかと言えば、映画の質としては劣りますがマリオ・プーゾ原作、マイケル・チミノ監督「シシリアン」(1987)の方がマフィア物らしくて好きですが。

今回、新たに鑑賞してとても良く出来たマフィアを舞台にしたメロドラマだと思いますが、やはり「ゴッドファーザー」「ゴッドファーザー PARTⅡ」には及ばないと思います。劇場公開版より少し短くなってテンポが良くなったように感じます。

 

バチカン銀行の汚職がらみのマネーロンダリングの大きな罠に嵌まってしまうマイケル、ガードが甘いなと思う次第で、トム・ヘイゲン弁護士が出ていたら、もう少し違う展開になっていたと思います。私なんかこの作品を見ていて、ジョージ・ハミルトン演ずるハリソン弁護士が一番問題の様に思うのですが、お咎めなしとはね。

 

アル。パチーノのドンも糖尿病で、余り貫禄ないし、「スカーフェイス」のトニー・モンタナの方が迫力と言うか存在感があったと思います。ヴィンセント(アンディ・ガルシア)の恋人を演じるブリジット・フォンダも伸びませんでしたし、アンディも期待したほどではありませんでした。

 

劇場で鑑賞した時は、あまり感心しなかったオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」と同時進行するマイケル暗殺とヴィンセントが計画する敵対する首謀者暗殺計画の同時進行は、なかなかのサスペンスで面白いですが、昨年夏に鑑賞したイタリア映画「シチリアーノ 裏切りの美学」と比較すると地に足がついていないストーリーに思えますが。

 

色々書きましたが、良く出来た作品だと思います。興味を持たれた方は、ぜひ購入、又はレンタル、配信でご確認下さい。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。       八点鍾

 

追記 でも、ニーノ・ロータのあの音楽は本当に素晴らしいと思います。

f:id:wedplain:20210510180005j:plain

f:id:wedplain:20210510180041j:plain

f:id:wedplain:20210510180058j:plain

f:id:wedplain:20210510180119j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

 

wedplain15.hatenablog.com

 

「太陽に灼かれて」二つの大戦の狭間、モスクワ郊外、夏の避暑地でのドラマです…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「太陽に灼かれて」(1994)です。

 

f:id:wedplain:20210509082034j:plain

 

1936年8月、モスクワ郊外の"芸術村"官舎9号のサロン、というかダーチャで起こる一日の出来事を淡々と描写した映画で、フランス製香水、薬の話とか、革命英雄コトフ大佐による農地でのBT戦車の演習を止めさせるエピソード、突然のデミトリ訪問、川辺でデミトリとコトフの妻マルーシャのエピソード、コトフと娘ナージャの会話、続く防毒マスク演習、住所が分からない荷物を運ぶ運転手、少年団の訪問、そして黒塗りの車の訪問と続きます。そして最後に意味ありげなスターリンの垂れ幕を吊るした気球の登場で。

 

この作品とてもユニークな作品です。だらだと展開が遅いロシア映画ですが、見ていると避暑地を描いたフランス映画の様で、その雰囲気が何とも言えず微笑ましく、こういうピクニックスタイルの映画で、最初から終わりまでカメラが別の場所に殆ど移動しない作品はこの映画くらいでしょうか。まるで演劇のような作品で。

例えば、ジュリエット・ビノッシュ主演「ショコラ」(2000)なんか同様なよく似た作品ですが、ちょっと味わいが違いますし、淡々と時代風俗を描いた作品だとルイ・マル監督「プリティ・ベイビー」がありますが、この作品は思想性があり違う味わいです。

 

時代が1936年の初夏なんです。判る人はピーンときますね、そうなんです。題名からは想像できませんが、スターリン大粛清が隠し味になっているんです。キーパーソンはデミトリなのです。

東の果てでは、帝国陸軍と張鼓峰事件、ノモンハン事件が勃発しようとしていた時期のほんの少し前のたわいもない避暑地の出来事が延々と続き、それを丁寧に描写していきます。最初は少し面食らいますが、このリズムというか流れに波長が合うと、これが結構いいんです。うーん、美しいです。

 

そういう意味で良く出来た作品です。監督はニキータ・ミハルコフ、革命英雄コトフ大佐も演じています。娘ナージャは自分の娘ナージャ・ミハルコフ。

そして、最後に登場人物の顛末が映し出され、その後各人々が56年に名誉回復と映し出され、映画は終わります。

なお、94年カンヌ映画祭グランプリ、アカデミ外国語映画賞を受賞しています。

 

更に面白いのは、この作品続編「戦火のナージャ」、続々編「遥かなる勝利へ」があるのです。実は、この続編、続々編をアップしたいので鑑賞したのですが。パラパラと予告編を見るとドロドロハレハレの世界で、そりゃ東部戦線だから…

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。       八点鍾

f:id:wedplain:20210509082148j:plain

f:id:wedplain:20210509082208j:plain

f:id:wedplain:20210509082227j:plain

f:id:wedplain:20210509082244j:plain

f:id:wedplain:20210509082308j:plain

f:id:wedplain:20210509082331j:plain

f:id:wedplain:20210509082350j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

「セデック・バレ 第二部虹の橋」セデック族の蜂起は、帝国陸軍台湾守備隊鎌田支隊との壮絶な戦いに…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「セデック・バレ  第二部虹の橋」(2013)です。

 

f:id:wedplain:20210507154055j:plain

勇猛なセデック族は霧社を制圧すると、山の中に消えて討伐部隊を待った。意外にも霧社での殺戮は、逃げた生存者からの通報で直ぐに警察、陸軍部隊に知れ渡り、2日後には霧社を奪回した。

 

暫くすると台湾守備隊鎌田支隊が駆け付けた。当初は、山岳ゲリラ戦に戸惑った支隊であったが、航空機からの爆撃、火砲による攻撃で少しずつセデック族を圧倒し始めた。

特に、迫撃砲による攻撃が効果を上げた。が、それでもなかなか制圧できなく、仕方なくびらん性ガス兵器を使用する。迫撃砲弾も榴弾、催眠ガス弾を使用し始めた。

又、蜂起したセデック族と敵対する部族(味方蕃と呼ばれた)に報奨金を与えて、セデック狩りを行った。

 

セデック族の女達は、食料不足を見越して集団自決、セデック族出身の巡査2名は家族もろとも自殺をした。事態が長引くほど、山に立てこもったセデック族は不利になった。山には食料がなく、日本軍の攻撃は容赦なかった。

頭目ルダオはここ迄と思い、仲間に自決するなり、投降するなり各自で判断せよと言って山奥に入って行った。頭目ルダオの長男が12月初めに自決し、事件はようやく終息に…

 

第二部も第一部に劣らずとても良く出来ています。戦闘シーンも多く、日本軍の考証良く、但し弱く描き過ぎです。映画みたいでしたら、あっという間にセデック族にやられてしまうでしょう。子供と言ってもいいセデック族の少年が、口に予備弾倉を咥えて陸軍の軽機を乱射するシーンなど本当なのかなと思いますが。Wikiで調べても陸軍の戦死者は22名ですから。まあ、映画ですからどうでもいいことですが。

この鎌田司令官ですが、映画で描かれているような人物だと典型的な日本陸軍将校で、私が言うのも失礼な話ですが、突撃攻撃精神のみを拠り所する融通の利かない無能な司令官だと思います。これでは部下が可哀想です。

 

台湾政府の高圧的な統治だけを問題にするのなら、ここ迄戦かう必要はないと思いますし、もっと良いのは彼らの大義を伝達する人物を残しておく必要があるのでは?

この蜂起、思想性がないのが興味深いと思います。例えば、三・一事件、間島暴動事件、外国の例で言えば1916年、アイルランドのイースター蜂起事件(映画「マイケル・コリンズ」の冒頭シーン)は、何れも思想性が強いものですが、対して、この事件はそれが無いに等しいのです。実際、この蜂起に置いて中心的な役割を果たした人物は、すべて亡くなっています。セデック族にとってこういうやり方もよろしくないのではと思います。誰かに何をこうして欲しいという要求等を残して欲しいと思います。

 

この蜂起は、大日本帝国が統治した占領地、植民地の生起した蜂起(セデック族・日本軍その他を含め死者約1000人)では、一番大きいものではないかと思います。それに引き換えその原因なるものがはっきりしていない。映画では、結婚式の酒宴の席で頭目の長男を巡査が投打したことにしていますが、この投打事件が決め手になっている訳ではありません。

 

ただ、言えることは彼らの文化に対して理解を示していた社では、蜂起は起きなかったことです。裏返して言えば、巡査の人間性のばらつきが事件を生起させたのかもしれません。そうであれば、大変な残念なことだと思います。

このグローバル世界の中、今後日本人だけで何でもやってしまうことは出来ない時代、他の国の人の力を借りたりすることになると思います。その時、この失敗を思い出して、正しい対応するべきだと思います。

 

台湾でもあまり知られてないように思いますし、残念ですが、日本では、一部の研究家以外誰も知らない事件ではないかと思います。

 

作品を鑑賞しながら、上記のことを考えていました。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。又、霧社事件Wiki、BD版についていたライナーノーツを参照しています。           八点鍾

 

f:id:wedplain:20210507154128j:plain

f:id:wedplain:20210507154147j:plain

f:id:wedplain:20210507154217j:plain

f:id:wedplain:20210507154234j:plain

f:id:wedplain:20210507175320j:plain

 

f:id:wedplain:20210507175356j:plain

f:id:wedplain:20210507175605j:plain

 

www.youtube.com

www.youtube.com