番外編 新作映画予告編の紹介ですが・・・

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日は新作映画予告編をご紹介します。

 

www.youtube.com 

リドリー・スコット監督の新作 ハウス・オブ・グッチ 

www.youtube.com

デューン 新予告編 リンチ版より面白そう

www.youtube.com

リドリー・スコット監督の新作 ラスト・デュエル

www.youtube.com

バットマン

www.youtube.com

アイムレジェンド 2

 

www.youtube.com

ボンド 新予告編

www.youtube.com

www.youtube.com

キングスマン

www.youtube.com

ナイル殺人事件

www.youtube.com

トップガン2

 

こんな感じで後半は目白押しです。映画を楽しみましょう。 八点鍾

 

 

 

「フレンチ・コネクション2」ジーン・ハックマン、ベルナール・フレッソンそしてフイリップ・レオタール…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「フレンチ・コネクション2」(1975)です。 

f:id:wedplain:20210731131824j:plain

ウィリアム・フリードキン監督「フレンチ・コネクション」でブレークしたジーン・ハックマンがコッポラ監督の問題作「カンバセーション…盗聴…」の次に主演した映画です。監督がJ・フランケンハイマー、問題作、力作の多いフランケンハイマー監督ですが、この作品は娯楽作に徹しています。

 

映画は、前作で逃がしたドイル刑事(ジーン・ハックマン)はシャルニエ(フェルナンド・レイ)を追ってフランス、マルセイユへ。マルセイユ市警バルテルミー警部(ベルナール・フレッソン)と捜査にあたるのだが、ドイルはシャルニエ一味に拉致されて、麻薬投与されて麻薬中毒にされてしまう。バルテルミーはドイルをハードなコールドターキー方法で麻薬を抜くことに成功する。ドイルは拉致された時の記憶を辿り、監禁されたホテルを見つけ、殴り込みをかけるのだが…

 

最近、お目にかかりませんジーン・ハックマンですが、この作品は、彼の作品中でも飛び切り面白いのではないでしょうか?

コールドターキー時ベルナール・フレッソンとの掛け合いと言うか涙の看病シーン、ドックでの銃撃戦、アラブ地区のシャルニエアジト急襲とマルセイユの街を駆け抜けて港までの大追跡、最後のヨットハーバー内のハーハーゼーゼーの苦しい追跡、本当に嬉しくなる映画です。

 

そして、前作「フレンチ・コネクション」では、敵の殺し屋をマルセル・ボズフィが演じました。この作品では、あの「私のように美しい娘」「ジャッカルの日」のフィリップ・レオタールが演じます。ドックの銃撃戦、アジト急襲シーンではMAT-49機関銃を乱射してくれます。うーん、決まっています。

 

もちろん、最後はドイル刑事の怒りのS&W モデル36の一撃で。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。       八点鍾

 

追記 ジーン・ハックマンは元気なのでしょうか? 心配だな。たまには、チラリでいいから映画に出て欲しいと思います。

 

f:id:wedplain:20210731132002j:plain

f:id:wedplain:20210731132101j:plain

f:id:wedplain:20210731132122j:plain

f:id:wedplain:20210731132143j:plain

f:id:wedplain:20210731132222j:plain

f:id:wedplain:20210731132243j:plain

f:id:wedplain:20210731132936j:plain

             フィリップ・レオタール

f:id:wedplain:20210731133036j:plain

私のように美しい娘

f:id:wedplain:20210731133111j:plain

ジャッカルの日

www.youtube.com

www.youtube.com









 

 

 

 

 

 

 

 

「太平洋奇跡の作戦 キスカ」日本の戦争映画で好きなのはこの作品ぐらいですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「太平洋奇跡の作戦 キスカ」(1965)です。

 

f:id:wedplain:20210729182054p:plain

 

いつも思うことですが、日本の戦争映画は見るのがつらいです。画面に出て来る兵士たちは悲壮な表情で、その殆どが戦死してしまう。見ている方が辛い。

でもこの作品は違います。何か何度見ても楽しいんです、勇気づけられます。何とかキスカ島に残された兵士を助けようと頑張る。ラスト、帝国海軍の軽巡、駆逐艦に乗り込むことが出来た兵士の屈託のない笑顔を見るたびにこちらも微笑んでしまいます。良かったと、本当に良かった。

 

この映画は、1943年7月29日に行われた第五艦隊第一水雷戦隊によるキスカ撤退作戦を描いた作品です。監督は丸山誠治。

先のブログ「ナバロンの要塞」はフィクションで、ケロス島に封じ込められた英軍兵士2000名を救出するために6名の特殊戦兵士が大活躍するストーリですが、この映画は実話を元にしています。

ミドウェイ海戦時の陽動作戦としてアリューシャン攻略作戦があり、キスカ島に約6000名の兵士が上陸したが、やがて米軍の反攻により孤立。隣のアッツ島玉砕後は、空爆、敵艦隊の艦砲を激しく受ける有様。

そんな中、海軍士官学校をドンケツで卒業した大村少将(三船敏郎)が第五艦隊へ赴任、第一水雷戦隊を指揮して、キスカ島から約5200名を救い出そうとする。アッツ島では約3000名が玉砕し、キスカ島は悲劇にしないと皆が頑張る話。

駆逐艦が足りないので、五艦隊旗艦を聯合艦隊に差し出して駆逐艦を貰い、撤退が上手く行く為に連絡参謀を派遣、ようやく準備が出来た、今度は濃霧が発生しない。

キスカ島では艦隊が来るかと待ち、じりじりと日は過ぎ去っていく。一度はキスカ湾突入迄来たが、霧が晴れて引き返すことに…

 

本当に良く出来た地味な戦争映画です。五艦隊司令(山村聰)も、大村司令も、気象予報官も全力を尽くす。特に参謀をキスカ島までお送りしたイ7潜水艦は悲劇だった。キスカ湾に入り浮上した処に爆撃機から艦橋に直撃弾を食らい、艦長、副官とも戦死、砲術長が指揮を執り被弾した潜水艦をキスカ島に乗り上げようとする。唯一の勇ましい場面。キスカ島周回シーンの円谷特撮は素晴らしい。なお、作品はモノクローム映像です。

 

一兵残すことなく撤退できたことは本当に良かった。

 

このブログ作成にDVD版を鑑賞しています。      八点鍾

 

f:id:wedplain:20210729182118j:plain

f:id:wedplain:20210729182137j:plain

f:id:wedplain:20210729182155p:plain

f:id:wedplain:20210729182916j:plain
 

追記 この大村少将は、木村昌福少将をモデルにしており、後にレイテ挺身輸送「多号作戦」を2度も成功させた生粋の水雷屋です。詳細は下記を参照ください。

ja.wikipedia.org

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

 

「復讐者たち」原題を「PLAN A」という映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「復讐者たち」(2020)です。

f:id:wedplain:20210729132849j:plain

収容所から解放されたユダヤ人マックス(アウグスト・ディール)は、収容所で妻子が殺されていたことを知り、英国憲兵隊ユダヤ旅団に入隊する。ユダヤ旅団は非合法に隠れている親衛隊を探し出して処刑する任務を追っていたが、やがて、英国政府の知るところになり、旅団は解体へ。仲間はパレスチナ行くのだが、マックスの心は晴れず、過激な組織ナカムに入ることになる。ナカムではプランAと呼ばれる計画が実行に移されようとしていた。それは、シアン化合物らしい(映画の中では正確に語っていない)毒物をニュールンベルグの水道に投入し、ドイツ人に報復として大量殺戮する計画だ。

ユダヤ人たちは、パレスチナにイスラエル建国を画策しておりその秘密組織ハガナーはこの計画を潰そうとするのだが…

 

のっけから失礼ですが、この作品は良心作だと思いますが、どう見てもエンターメントになっていません。冒頭、ユダヤ旅団に入隊して親衛隊員をビシバシと処刑するところはなかなか面白くテンポも良いのですが、より過激なナカムに入団してからグーン重くなるのは良いとして、この組織の存在感が薄く、何か頭でこねくり回したような感じ。新しい戦後秘話が出て来るものととても期待していたのですが。

 

映画の冒頭、「あなたの家族が殺されたとしたら…」こんなナレーションが流れてきます。だいたい、あくまでも私の経験則ですが、こういうナレーションが流れて来た映画で面白い作品に会ったことはありません。

 

この作品を鑑賞しながら、家でやたら長い「栄光への脱出」はさておいて「オデッサファイル」「ミュンヘン」「ペイド・バック」、アニメですが「戦場でワルツを」等をもう一度鑑賞した方が良かったなと思った次第。

 

お願いだから、いい作品を製作して欲しいと思います。監督はドロン・パズ&ヨアヴ・パズ、おっと言うようなシーンはありませんでした。

次回作を期待しています。          八点鍾

 

wedplain15.hatenablog.com

wedplain15.hatenablog.com

 

f:id:wedplain:20210729133027j:plain

f:id:wedplain:20210729133045j:plain

 

fukushu0723.com

 



「ナバロンの要塞」こちらもエーゲ海を舞台にした作品ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ナバロンの要塞」(1961)です。

 

f:id:wedplain:20210727163122j:plain

この作品は英国冒険戦争映画の古典です。ですから、この手の作品を作りたいと思う方はこの映画をよく見てその演出スタイルを勉強するといいと思います。それくらい良く出来た作品です。監督は「北西戦線」「恐怖の砂」でサスペンスタッチでなかなかの腕前を見せてくれたJ・リー・トンプソン、この映画が彼の最優秀作でしょう。

この作品は、A・マクリーンの同名の小説を映画化したもので、ほぼ小説と同じで、違いはナバロン島レジスタンスを映画ではイレーネ・パパス、ジア・スカラが演じていますが、小説では男でルーキとパナイスとなっており、それくらいの違いです。ラストの砲弾昇降機を使った起爆方法も小説からのアイデアです。

 

映画は、1943年地中海にあるRAF基地にハリファックス爆撃機が激しく被弾した状態で強行着陸するところから始まります。爆撃機によるナバロン島強襲に失敗したバーンズビー攻撃隊長(リチャード・ハリス)は、ナバロンの巨砲は巨大な崖の中をくり抜いて設置してあるので水平爆撃で潰すことは出来ないとジェンセン准将に報告する。

同席していた登山家マロリー大尉(グレゴリー・ペック)は、ジェンセンと別室に移ると彼から次の様に依頼される。

「深夜、ナバロン島の120mの崖を攀じ登り、ナバロン要塞砲爆破チームを引っり上げてくれないか? このままだと対岸にあるケロス島守備隊2000名は、ドイツ軍の中立国トルコを枢軸国に引っ張り込む作戦の犠牲になってしまう」

マロリーは出来ないと言うが、2000名将兵の命の為にやもう得ず引き受ける。指揮官ロイ少佐、マロリー大尉、レジスタンス且つギリシャ軍将校スタブロス大佐、爆破のプロのミラー伍長、メカの専門家ブラウン、殺しの達人パパデイモス以上6名が朽ちた漁船に乗り込んでナバロン島を目指すのだが…

 

会議室で打ち合わせ時に耳を立てる現地人を拘束するや否や殺せと命じるマロリー達、朽ちた漁船船長に英語で話しかけるドイツ海軍哨戒艇船長、その哨戒艇爆破、深夜荒れた海からナバロン島に上陸し、風雨の中登攀するマロリー、崖の上に居るドイツ軍監視員、襲い掛かるスツーカ急降下爆撃機、マロリー達を追撃するドイツ山岳部隊、スタブロスが時間稼ぎに指揮官を狙撃するが信号弾でスタブロスの位置を示すや否や反撃する山岳部隊、拘束されるマロリー達があっという間に敵司令部から脱出してとこんな感じでテンコ盛りの冒険映画になっています。

勿論、チーム内に潜む敵スパイを燻り出し処分して、要塞砲部に侵入し、爆薬セット辛くも脱出、破壊、任務完了となっていますが。

 

当時、戦争のスポーツ化なんて批評もありましたが、でも戦後まだ15年程しかたっていない時代での戦争映画、よく見ると戦争の悲惨さを描いていました。それは敵スパイを射殺する場面に。

 

鑑賞したBDには特典映像が付いており、軍事評論家の人がレーダー制御の巨砲なんてもう意味がありません。この作品で一番の兵器はマロリー達の特殊部隊です。そう、そういう意味でもこの作品は、この手の映画の元祖のような作品です。     八点鍾

 

追記 第二次世界大戦には特殊部隊が実戦に参加しています。一番有名なのは武装親衛隊中佐スコルツェニーでしょう。グラン・サッソー襲撃でムッソリーニを救出した男です。英国はコマンド部隊を利用してロンメルを暗殺しようとしました。

わが帝国陸軍も空挺部隊をレイテ島敵飛行場、沖縄敵飛行場へ強襲させる作戦を幾度か実施しています。何れも悲劇的な結末で。

 

マクリーン原作の映画化で、良く出来ている割に余り知られていないのが「北海の墓場」を映画化した「オーロラ殺人事件」ぐらいでしょうか? DVD等手に入ったらアップしたいと思います。

f:id:wedplain:20210727163158j:plain

f:id:wedplain:20210727163217j:plain

f:id:wedplain:20210727163238j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

 他の A・マクリーン映画のブログ紹介

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

wedplain15.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マンマ・ミーア!」エーゲ海の小島で行われる結婚式を巡るミュージカル映画ですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「マンマ・ミーア!」(2008)です。

f:id:wedplain:20210725075955j:plain

映画は、ギリシャ、エーゲ海のある小島。小さなホテルのオーナーの娘ソフィ(アマンダ・サイフリッド)は、翌日に結婚式を控えている。

母ドナ(メリル・ストリーブ)はシングルマザーで、ソフィはずっと自分の父親が誰か知りたいと思っていた。彼女はある計画を企てていた。それは母の日記を密かに読み、自分の父親らしい男性が三人いた事を知り、母に内緒で彼らに招待状を出したことだ。

その結果、三人の男性がドナのホテルを訪れ、事態はあれよあれよという間に意外な方向へ…

 

この作品、笑えます。本当に笑えます。あの大女優メリル・ストリーブがABBA を歌い、踊りと大車輪の演技を見せてくれます。結構、見せてくれます。"マネー、マネー、マネー"、"ダンシング・クィーン"とか最後の"恋のウォータールー"等笑えます。

 

そして、すこしネタバレになりますが、ソフィの映画だと思っては駄目です。

この作品、ドナが主人公なのですから。勿論、いつもは詰まらないアマンダ・サイフリッドもこの作品はとても良く、だから、昔関係があった男達の配役も良いんです。ピアース・ブロスナン、コリン・ファース、ステラン・スカルスガルドと結構なキャスティングなんです。

 

見ていない人は、ぜひ鑑賞して下さい。笑い転げます。メリル・ストリーブってこんなことが出来るのですね。私知りませんでした。ホント、弾ける、弾ける、ぶっ飛んでいます。監督は舞台版手がけたフィリダ・ロイド。

 

この暑い夏の日、笑い転げてください。

 

ブログ作成にBD版を鑑賞しています。             八点鍾

 

f:id:wedplain:20210725080023j:plain

 

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

「ウェスタン」原案にベルナルド・ベルトリッチが参加している異色のマカロニウェスタンですが…

レタントンローヤル館(八重垣)にお出で頂き有難うございます。今日ご紹介する映画は「ウェスタン」(1968)です。

f:id:wedplain:20210723105120j:plain

アリゾナのある寂れた鉄道駅にダスターコートを羽織った3名の殺し屋がハーモニカ(チャールズ・ブロンソン)を待ち受けていたが、ハーモニカはいともたやすく3名を倒すと行方をくらました。

ハーモニカが狙っていたフランク(ヘンリー・フォンダ)は開拓者マクベイン一家を皆殺しにする。ニューオリンズからマクベインと結婚するためにやって来たジル(クラウディア・カルディナーレ)は途方にくれる。フランクの子分がジルを殺そうとした時、助てくれたのはハーモニカだった。二人は真相を暴くべく協力するのだが…

 

もはや伝説のマカロニウェスタンと言って良いでしょう。勿論テーマは復讐譚、最近では「悪党に粛正を」と言う作品がありましたが、良く出来た作品です。日本で最初に公開された時はそれほど高い評価を得ていません。当時の記録を見ていると上映時間が145分になっているので短縮版が公開されたようです。今回鑑賞したのは165分バージョンです。

 

私も、マカロニウェスタンの中では素晴らしい作品と思いますが、再度鑑賞して作品のバランスがやはり崩れていると思いますし、クラウディア・カルディナーレが主演している割には上手く使いこなしていないように思います。

ストーリーは前述したとおり、あの「暗殺の森」「1900」「ラスト・エンペラー」のベルナルド・ベルトリッチも参画しているようですが、それ程冴えたストーリーではありません。

それはこの作品の魅力ではなく、この映画は普通の西部劇とは違い、ムードという雰囲気でにのれるかのれないかで評価が分かれる作品だと思います。

それは、冒頭のシーン、ジャック・イーラム扮する殺し屋達が謎の男ハーモニカを待ち受ける鉄道駅の場面、始めて見る様な西部の鉄道駅のセット、蠅、天上から垂れる雫等ハリウッド映画なら15分強をかけて絶対描写することはないと思います。この何が起こるか全く分からないシーン、このムードというかこの雰囲気があってこそこの作品の価値が出ているのだと。

加えて、素晴らしいエンニオ・モリコーネの音楽、本場米国でのロケ、凝ったセット、オープンセット、モニュメントバレーでの叙情性たっぷりの素晴らしい撮影、ジェイソン・ロバーツ、ウディ・ストロード、ガブリゼル・フェルゼッティ、パオロ・ストッパ等の素晴しい共演者等々。

 

そう考えて思い起こすと、やはりこの映画は素晴らしい。暑い夏、涼しい部屋の中で鑑賞いただくと何がしか得ることのある映画だと思います。

 

このブログ作成にBD版を鑑賞しています。        八点鍾

f:id:wedplain:20210723105144j:plain

f:id:wedplain:20210723105210j:plain

f:id:wedplain:20210723105229j:plain

f:id:wedplain:20210723105307j:plain

f:id:wedplain:20210723105400j:plain

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com